独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

いじめ

私は子供のころからいじめられっ子でした。

 

学校ではどういうわけか、クラスのリーダ格に目を付けられるのです。そのリーダー格の口車にまんまとのっかってしまっているクラスのみんなは私をいじめて当然の人間だとか、いじめられる方にも原因があるなどと思っていたのでしょう。

 

そのせいで、小学校の時から、胃の痛み、体の不調に悩まされておりました。

2人一組になって

体育の時間や何かの発表会で「仲の良い人同士で2人一組になって」と言われたら独りぼっちです。未だにトラウマです。

 

小学校の時、「班」として、クラス40人で6人くらいで固まる事がありましたが、みんなで班をつくって~、と担任は平気で言いますが、それを聞くと、私は気が重くなり、耳が痛くなり、耳鳴りがキーンとして、胸が苦しくなり失神しそうになります。

 

お笑い芸人が漫才やコントなどでネタにしている人もいますが、本物のいじめられっ子でトラウマを抱えている人にとってはかなりキツイ言葉です。

 

修学旅行でも独りぼっち

お楽しみ会、遠足、修学旅行も独りぼっちでした、誰も話しかけてくれる人はいません。

 

私と仲良くすると、クラスのリーダー格から同じように目を付けられていじめられてしまいますから。私の事が見えないふりをして、なかったことにすることで、自分の立場が守れるのです。

 

ですから、みんなも自分の身を守るために必死だったのでしょう。

 

いじめっ子に目を付けられるという事は、子供にとっては死活問題です。

それに、私を助けても何のメリットもないと思っていたのでしょう。修学旅行で京都に言ったり、スキー教室、山に遠足、遊園地に行く・・・どれもこれもまったくいい思い出はありません。

教師にみんなの前で暴行を受ける

中学生の時、いじめられて、独りぼっちの私は、ある日の昼休み、身体が重くなり、めまいを発症してしまいました。

 

その影響で、掃除時間に座り込んでいたのですが、いきなり体をつかまれて立たされて、むなぐらをつかまれました。「クラスの不良かな」と思っていたら、それは担任の教師でした。体育教師です。

 

そして、私はそのままクラスから引きずられながら廊下に投げ出され、私は、立ち上がると、顔面を拳で殴ってきました

 

私は「教師が何でこんなことできるんだ」「でも、2,3発で終わるだろうから、殴られてあとで謝ればいいだろう」と思っていましたが、2,3発どころか、掃除時間なので、他のクラスの生徒たちが廊下に出てきたりして人だかりができて、教師もテンションが上がってしまったのか、暴行がやむことがありません。

 

きっと、私を見せしめにして「うちのクラスで掃除をサボるとこんな目に合うんだ」「生活指導だ」という自分なりの正義だったのでしょう。

 

今思えば、彼も30代前半です。まだまだ精神的に未熟な部分があったのでしょう。子供相手にテンションが上がってしまい、自分の立場を忘れて、体育会系の常識をそのまま私にぶつけていたんですね。

 

私は、みんなの前で数分間ボコボコに殴られてしまいました。私は顔を防御しながら「すいません、すいません」と半泣きでした。

 

それが終わると、その体育会系の教師はスッキリしたのか、さすがにこれはマズいと我に返ったのか、次第に、拳がビンタになり「冗談だよ~ん」という風にヘラヘラと周りの生徒にアピールして、笑い始めました。

 

「松田~大丈夫か~」等と言い出して「さぁ~クラスに戻って掃除しよう!」等とさわやかアピールをし始めました。

 

そんなこんなで、チャイムが鳴り、いつも通りに授業が始まります。

そのことについて口に出す生徒はいませんし、担任の教師もなかったことかのようにふるまいます。

話しかけてくれた同級生

15歳、中学三年の時、たった一人だけ優しくしてくれた女の子がいました。

 

見た目は、正直いってかわいくなく、どちらかというと太っていて、メガネをかけていて世間的に言うと「ブス」と呼ばれる存在です。彼女は目立たないタイプで、いつも同じブサイクグループというかヲタク系グループの女の子です。

 

クラスのリア充がドラゴンボールだ、スラムダンクだと言っていましたが、ヲタク系の女の子のグループは、「らんま2分の1」とか「サザンアイズ」というかなりマニアックでヲタク向けの漫画が大好きでした。

 

今でいうところの「腐女子」「ボーイズラブ」のようなものが好きだったのかもしれません。よく、教室のすみっこで女の子が2,3人、そういうヲタク系のイラストを描いていたのです。その中の一人の女の子だで、私にやさしくしてくれていました。たまに話しかけてくれたりしたのです。

今思えば、私の事が好きだったのかもしれません。

 

その女の子は、家がキリスト教の信者で、彼女は幼児洗礼を受けていたようです。そういうのも影響していたのか、私にある意味、慈悲というか、慈愛というか、子供ながらに、そういう事を感じていたのかもしれません。

 

中学を卒業してからは会う事はなくなりましたが、今でも元気な事を祈っています

お笑い芸人のハリセンボンの太っている方によく似ていましたね。

痛みが分からない人が多い

今の子供は大変だと思います。私が今の時代に生きていたら、いじめられているところを動画に撮られてYouTubeにアップされていたのかもしれませんね。

 

LINEいじめなどもある今の子供は、家に帰っても、どこにいても何をしても「スクールカースト」から逃れることができませんから、本当に大変だと思います。

 

私の時代は、学校に行かなければ、いじめっ子はいませんし、家に帰ってドラクエをしていれば、つらいことも忘れられていたのですが、今はスマホでつながらなければなりませんからね。ママさんも大変だし、サラリーマンも大変でしょうね。

 

全ての苦しみは幸せへのヒント

私は、子供のころからいじめられっ子でした。負の波動を持った人から見ると、かなり気に入らない性格や雰囲気なんでしょうね。

 

どうやら「いじめたくなる人」というのに完全にあてはまるようです。

 

私は、一部ですが、学校の教師に暴行を受けたり(素晴らしい先生方もたくさんいらっしゃいました)不良に目を付けられていじめられたりしましたが、まったく恨んだりしていません。むしろ感謝をしています。

 

私は、今かなり幸せです。ネット配信を通じて、たくさんの方から応援や愛のメッセージが届きます。いじめを通じて、迫害のような事をされているからの苦しみが分かるようになりました。人を傷つける事の悲しさやむなしさが身をもって学ぶことができました。

 

自分で言うのもなんですが、優しくもなれたのだと思います。どんな時でも「愛されている」という事を忘れてはいけません。

 

パートナーからでもいいし親からでもいいです。あなたは愛されているのです。パートナーがいないとか、親もいないというのであれば、別に宗教にすがる事も悪いことではありません。

※追記
私は宗教活動はしていません。どこかの団体へ勧誘もしません。

 

愛の力があれば全ての苦しみを幸せに変換する事が出来ます。

愛が大事です。

「今、この瞬間に幸せを感じる」
「今に在る」

 

後で振り返ってみればあなたにもわかるはず

全ての出来事は
「今この瞬間がすべてである」という事を

 

「大いなる力」は
あなたに教えてくれているという事を。

愛をこめて
松田より

投稿日:2017年11月1日 更新日:

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.