独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

丹波哲郎は死後の世界が楽園だと言ったが、宜保愛子によると現世こそ一番幸せな世界とのこと

投稿日:

こんにちは、youtubeでの動画いつも拝見させて頂いています。ありがとうございます。スピリチュアル、霊、輪廻転生等の知っている事についてという事で、自分の知っている事を書こうと思います。もしかしたら、松田さんが知っている事だったら、すみません。

 

私が知っているのは輪廻転生についてです。人間は魂であり肉体は容れ物に過ぎない。そして魂は永遠に消える事なく存在していく。魂は成長していく為に何度も繰り返し肉体に宿る、実際に世界では全盛の記憶を持ったまま生まれてくる子供もいるらしいです。

 

何処かの場所をとても懐かしく感じたり、初対面の人に何か懐かしさを感じる事、何かの道具を使い方を知らないはずなのに使えたり。私は場所や人に何かを感じた事はありませんが、ステンドグラスやセロファンのグリーンやブルーの透明な輝く色、ロウソク等に何か不思議な懐かしさを感じる事があります。

 

何か意味があるかもしれませんが、自分の前世を知る事が出来るのならば知ってみたいです。辛い事や苦しい事は過去生のカルマが関係しているとの話も聞いたことがあるので、自分はきっと人にたくさん酷い事をしたから、現在の様な体験をしているんじゃないのかとよく思う事があります。

 

しかし、殆どの人は前世の記憶が2歳から3歳の間に忘れてしまう様です。今、2歳になる甥っ子がいるのですがまだ片言しか話す事が出来ないので、話せる様になったらお腹の中にいた時の事、そこから更に遡って前世の事を聞いてみたいと思っています。甥っ子が何か興味深い事を覚えていたら、松田さんにもお知らせしてみたいです。

 

自分は小学生の頃から人間関係に苦しむ事が多かったのですが、何度か死のうかと思った事もありました。クラスの目立つが人間が頂点に立ち、偉そうにしたり、つまらない笑いをとるために人を馬鹿にしたり、そんな事が周りでいつも起こっていて嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

小学生か中学生の頃か忘れてしまいましたが、当時、宜保愛子さんという霊能者が話題になっていて、宜保さんの書かれた本を読んだことがありました。当時は苦しかったので、死んだら楽になる事が出来るのか、死んだら一体どうなるのかという事に関心がありました。

 

彼女の知る霊の世界は、生まれ変わるまで続く道があり、現世で良い行いをしてきた人は、その道を楽に進む事が出来て早く生まれ変わる事が出来るという事でした。逆に悪い事をしてきた人は、生まれ変わるまでの道がとても長く、しかも険しく何処まで行っても生まれ変わる事が出来ない様な永い道になるという事です。

 

彼女が生きていた少し前に流行った丹波哲郎の死後の世界が楽園だという話がありましたが彼女のいう霊界は、決して楽しい世界ではなく、辛く感じていても実際には現世こそが一番幸せな世界という事です。

 

なのでどんなに苦しいことがあっても自殺したらいけないという話で、自ら命を絶っても決して楽になる事はない、しかも周りの人達を苦しめる事になるから自殺してはいけないという事が書かれていました。実際にその本を読んで、自分の考えの中から死ぬという選択肢はなくなりました。

 

私は霊魂、輪廻転生があると信じています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.