独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

テスラ・モーターのテスラは交流モーターを発明したニコラ・テスラのテスラなのか?

投稿日:

テスラというと今はテスラ・モーターが有名です。自動運転が普通になればペーパードライバーの私だって肩身の狭い思いをしなくていいですね。イーロン・マスクさんにはぜひ頑張ってもらいたいですね。

 

多分、テスラ・モーターという会社名はニコラ・テスラという科学者の名前からとったのではないでしょうか。マッド・サイエンティストとも言われるニコラ・テスラは今ではほとんど忘れ去られていますが、かつてはエジソンと並ぶ発明者でもありました。

 

テスラはエジソンの会社で働いていましたが、意見が対立して会社を辞めることになりました。テスラは交流で送電する方式を主張したのですが、エジソンが直流の送電を譲らなかったからですね。テスラはチェコ大学で物理を学んでいたから交流電流が理解できたけれど、エジソンは小学校も中退していて独学では直流は理解できても交流電流が理解できなかったのでは、ということをいう人もあります。どうでしょうか。

 

エジソンの陰に隠れて名声に縁のなかったテスラですが、実際は大変な天才だったそうです。そのことはFBIもわかっていて、テスラの死亡が伝えられると捜査官がたくさんテスラの家にきて、勝手に金庫を開けて図面や書類を持って行ってしまったそうです。

 

どうやらそれらは大変威力のある兵器の設計図だったりしたのではないかと言われています。例えば昨今存在を囁かれている地震兵器などです。それにしてもテスラが交流電流を支持し、交流モーターを発明したことはあまり知られていませんね。

 

しかし、この交流モーターは現在に至る工業産業の基礎となっているし、発電所から家庭に送電されている電流は交流電流です。家電は洗濯機だって交流電流で動き、照明も交流電流で明るくついています。このパソコンだって交流電流で働いています。

 

電流の魔術師と言われるテスラさん、物理学や工学を勉強した人たち以外にも、もっとテスラさんは有名になってもいいのですが、なぜ、ニコラ・テスラさんは忘れ去られたのでしょう。

 

実はテスラさんは「世界システム」というエネルギーを考えていたのです。地球の振動そのものをエネルギーとして使うのです。無限のエネルギーであり、発電所もいりません。そんなエネルギーが使えるようになったら、火力発電所もいらないわけですから石油メジャーは困りますね。

 

世界の富を握っている石油メジャーに睨まれたら、死んだあとさえも歴史から抹殺されてしまうというわけです。それにしても、テスラ・モーターのテスラはニコラ・テスラのテスラなのでしょうか。それなら名付け親のイーロン・マスクさんもちょっと、睨まれることになるんじゃないでしょうか。心配しています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.