独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

守護霊は地上人が「因果の法則(カルマの法則)」により苦しむ時、親の心情で見守る

投稿日:

昔から祖父や祖父母に自分を守ってくれるという守護霊について嫌というほど聞かされていました。人間は受胎の瞬間から死を迎えるまで、地上人には必ず一人の「守護霊」が付き添います。

 

また死後においても、その関係が続くことがあります。地上人の中で、この守護霊のいない人間はいません。どのような人にも、必ず一人の守護霊が付いているそうです。

 

守護霊は、親が我が子を見守るように、深い愛情を持って献身的に私たち地上人を助け導いてくれるそうです。守護霊は、地上人の運命をあらかじめ知っています。守護霊は霊界において、上層の指導霊から地上人の守護霊になることを要請されます。

 

そして自分が担当する人間のカルマや人生行路を理解したうえで、守護霊としての任務を引き受けることになります。守護霊は、地上人の霊的成長のために可能なかぎりの指導と援助をします。そうした行為を通して、自らも霊的成長の道を歩むことになるのです。地上人を助けることによって自分のカルマ(前世でつくった悪い因縁)を切ったり、霊的成長の未熟な部分の埋め合わせをすることになります。

 

守護霊が地上人に寄せる思い・愛情は、地上のいかなる人間関係における愛よりも深くて純粋です。何の見返りも求めずに、ただひたすら地上人の霊的成長を願って最善の努力を続けます。地上世界にはめったにないような純粋な利他愛で、地上人を導いているようです。

 

自分たちは常に守護霊によって最高の愛で愛されています。地上世界で独りぼっちの人間はいません。誰からも愛されず、忘れ去られているという人間は存在しません。宇宙に遍在する神の愛は、この守護霊を通じて地上人に届けられるようになっています。守護霊は神の代理者として、地上人に「本当の愛(神の愛・利他愛)」を注いでくれているのかも、しれません。

 

守護霊は、地上人が道を外れないように常に最大限の援助と導きをします。インスピレーションを与えて地上人の心に善い思いを持たせたり、悪霊の妨害や侵入から守ったりします。また霊的エネルギーを注いで活力を与えたり、癒しをもたらしたりします。

 

その一方で、地上人が「因果の法則(カルマの法則)」によって苦しみを体験しなければならないときには、苦しむ我が子を前にした親の心情で見守ることになります。地上人生で霊的成長をなすためには、苦しみの体験を通してカルマを清算しなければなりません。

 

そうした場合は、いかに愛情があっても直接、手出しをすることは許されません。守護霊は、苦しむ本人よりも辛い思いを我慢して地上人の成長を見守ってくれているのでしょうね。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.