独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

バーシャール、 アシュタール、他のスピリチュアル本も伝えているのは波動を上げる事

投稿日:

スピリチュアル関連の本は、結構、読んだと思います。一番、最初の最初は、斎藤一人さんの本を何となく読んだ程度だったと思います。
その後、船井幸雄さんの本を少し読んだぐらいだったでしょうか。

 

それから、数年が経った頃に、小林正観さんの「宇宙方程式の研究」と言う本を読んで直観で、今まで読んだ本とは、何かが違うと衝撃を受けました。

 

その後、宝来社や弘園社から出されている正観さんの書籍を色々、読んで、何度か、講演会にも参加させてもらいました。人生が、すべて決まっているとの一文。これには、随分、悩まされたりもしました。

 

しかし、当時は、ドハマリしていたのですが、いつしか、すっかり忘れていました。正観さんが言う所の実践と言うモノが、出来ていなかったのだと思います。

 

そんな頃、正観さんが亡くなったと知ります。生きている間に、もっと関わりに行けばよかったと思いました。だけど、正観さんが残してくれた本は、今でも読むことが出来ます。

 

ただ、私の個人的な意見ですが、宝来社の本は、表紙にお金をかけているせいもあると思いますが、本から出ている波動が高いように思いました。

 

それから、また時が経ち、今度は、バシャールと言う存在を知ります。結構、有名なので、知っている方も多いと思いますが、肉体を持たない宇宙人。ダリル・アンカさんと言う方が通訳をしています。元K-1選手の須藤元気さんも、バシャールと言う本を出されています。

 

バシャールの教えを一言で言えば、波動を上げる事であると思います。いや、バーシャールに限らず、アシュタールでも、他のスピリチュアルな本を出さている方も、共通して伝えている事は、波動を上げる事。この一言に尽きると思います。

 

波動とは、何か?って事ですが、波動とは、感情とリンクしている事が多いらしく、自分自身が、いい気分でいる事。好きな事をやる事。そんな事が波動を上げるコツであるそうです。今、流行りの引き寄せなんかでも、やっぱり、良い気分とか、波動が大事と伝えている人は、多いように思います。

 

ヘミシンクなんかにも興味を持った事は、ありますが、何せ、金額が高いので、私が手を出せる代物では、ありませんでした。それと同時に、ネット上などの意見では、ヘミシンクについては、賛否両論の意見があり、危険だと言うモノもあり、どちらが正しいのだろうか?と少し不安に思っている事もありました。

 

まぁ、どっちみち私には、お金がなかったので、縁のないモノとなり、月日は、流れました。今度は、ホ・オポノポノと言うモノが、スピリチュアルな世界では、流行りました。ヒューレン博士が、精神病患者の治療を、実体験を持って行った潜在意識のクリーニング。私も、一時は、やっていましたが、どうにも、モチベーションが続きませんでした。

 

と言うのは、私は、本来、イライラしやすい性格であり、中々、感謝とか、綺麗事とかに、真剣に向き合うと言う事が、どうも苦手なようで、一時は、やってみるのですが、また、元通りの自分に戻ってしまう。瞑想なども、昼寝にしかならない。

 

あれだけ、スピリチュアルな本を読み漁ったのに、何一つ、自分の身になっていない。だけど、人が生まれ変わる事を信じているし、魂の存在、守護霊の存在なども信じています。

 

信じてると言うか、何か危険な場面で、助けられてきたなぁと言う事は、何度もあるし、すごく楽しい時は、背中の後の霊体の存在を感じる実感もあったし、頭の先っちょから魂が抜け出るような体験をした事もありました。

 

そんな事もあったので、スピリチュアルな世界で言われている事の、すべてではないですが、信じざるを得ない事が、いっぱいあります。

 

そして、そんな経験をしてなければ、私の性格からして、スピリチュアルな事に興味を持つような事も、なかったと思います。だから、縁あって、仕向けてくれたと思っています。だから、いつか、それを何かの役に、立たせられたらいいなぁと思っています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.