独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

戦時中に米国のB29が空襲に飛来し、爆弾を落とされて死ぬ夢を何度も見ている

投稿日:2018年2月16日 更新日:

今までに2回お化けを見た

1回目は1年程前に通り慣れた道を車で走っていると、左の歩道から、パグのような犬が吠えながら私に車に近づいてきました、轢いてしまってはいけないので減速し、停止する直前、パグのような犬は消えて、その代わりに雑草が揺れていましたっていうオチで、よくある見間違いだと思いました。

 

2回目は、それから 一週間後位で、犬の場所から50m程進んだ横断歩道で、細身の男性がサッサッと渡り始めたので車を止めました。その男性は横断歩道を渡り終わる前に消えてしまいました。歩いている姿は 足もあったし ハッキリと人だと認識できたんですけどね。

 

少し前から、その横断歩道の近くに警察の死亡事故の目撃情報依頼の看板があったので お化けを見る事になったのかもしれません。松田様の求める話ではないと思いますがご勘弁下さい。

 

現在44歳になり、死んだらどうなるのかなと、若い頃よりは気になる今日この頃で、ユーチューブで宗教家の動画を観るようになりました。宗教にすがる気持ちは今のところ無いですが、動画の中の人達はいいこと言うなと思う事が多いです。

 

自殺した男性の霊が現れる

私は何回か霊を見たので信じています。初めて見たのは実家の自分の部屋で、週に一回は夜に寝てる時に、金縛りにあい、耳元で金属音(キーン)が聞こえてきました。まだ小学生低学年の頃なので、怖くて目が開けれませんでした。夜が来るのが怖かった思い出です。

 

やがて社会人となり、実家を離れて1人暮らしを始めました。実家で使ってた部屋はまだ小学生の妹が使う事になりました。妹も同じく金縛りにあい、怖い目にあってたみたいです。

 

やがて私は結婚し、子供が生まれました。すくすくと成長し、小学生になった頃に正月に実家に連れて言った時に、家に知らないランドセル背負った小学生の男の子がいるって泣いたのです。おそらく実家に住み着いてるのは、小学生の男の子だったようです。子供にしか見えない幽霊だったんでしょうね。

 

2回目に私が見た幽霊は20歳の頃です。船に貨物を積む仕事をしていたころです。その日、船が航海中に自殺しようとして海に飛び込み、後に中年男性がスクリューに巻き込まれて亡くなったと知りました。

 

翌日から船での作業中に亡くなった中年男性の顔写真は新聞で見てわかったのですが、時々、船内で目をギョロっとさせてる頭だけの、その自殺した男性の霊が現れるのです。複数の人が見ているので確かです。

 

だから霊感は強くないですが、霊は存在すると確信しています。後、よく見る夢で、戦時中に米国のB29が空襲に飛来し、爆弾を落とされて私が死ぬ夢を何度も見ています。とてもリアルなんです。私は爆弾を落とされて死んで、生まれ変りで今があるんじゃないかと思ってますね。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.