独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

うつ病と診断されるまでに 吐き気、めまい、下血の症状がでて輸血して回復した

投稿日:

いつも、新しい情報、教えを配信、教材として提供して頂きありがとうございます。

 

松田さんは、10年以上という長い間に たくさんの学び、教えを謙虚に受けられ 「1人で稼ぐ」事を実践されてきた事は、本当にすごいな! 私から見たら、その位松田さんは高い所にいます。

 

私も、松田さんの配信動画や教材を、実際に目にして学ばせて頂いています。 ドメインの事や、ワードプレス(ワードプレスはスキルが必要だと個人的には思います。)中々、今の私には難しい部分もあります。

 

マインドが大切ではあるのですが、やはり成功者のノウハウを学ばなければ… 現実は厳しいんです。学びに、どんどん投資をしたいですが 私の現在自己投資の範囲には、限界があります。

 

決して「全て人任せ」といった考えはありません。自分で調べ、情報を得ていかなければならない事もよくわかっています。

 

しかし、正直に 今の限界も自分にしかわからない … 人がお腹が痛いと言っても 自分にしかわからないのと同じです。これを、お伝えしておきたかったのです。弱音ではない事をわかって頂けると幸いです。

 

私は、現在 うつ病と診断を受けて病院に通院しています。まさか、自分が うつ病になるとは思ってもいませんでした。私の場合は、うつ病と診断されるまでに 体の不調がありました。

 

しかし、人には体質もありますから、私は不調を体質だと思い込んでいた…結果的にはそうなります。

 

私が、最初に体の不調を感じたのは中学生の時でした。朝、学校に行く直前になると腹痛に襲われる…中学に入学して間もない時期からです。

 

ただ、学校に着くと腹痛が治まる事も多く 「体質なのかな?」程度に思いながら どうにか生活をしていました。

 

中学2年になった頃、胃の急激な痛みが 場所や時間など関係なく症状として出始めました。流石に、心配になり病院に行きました。医師からは、胃カメラで調べた方が 良い!と言われ 予約を取り検査を受けました。「胃炎」と、当時 診断されましたが、中学生であまり「胃炎」などはないけど、と医師は言っていました。

 

当時は、今と違い 自律神経に関しては特に説明もなかった気がします。

 

少し、話を変えますが…こんな事もありました。
高校時代、部活動を終えて帰り道を 当時付き合っていた彼女と歩いていたら… なんか、痛い! 何処からの痛み? ポケットに手を入れたら、痛みの根源が… 男性の大事な2つある玉の片方からの痛みでした。

 

その日のうちに、泌尿器科を受診しました。しこりが、出来ていて痛みが出た… しこりが出来た原因は、はっきりわからないとの事でしたが…ストレスや、細菌の感染などが疑われるとは言われました。

 

性交性の経験などを、医師から聴かれて…
彼女も心配して一緒に来て待合室で待っていたので、少し恥ずかしかった記憶があります。 その後も、たまに突然の痛みに襲われる事がありましたが…

 

子供も、授かる事が出来ているので機能的には問題なかったのは幸いです。今は、この文章を書くまで忘れていた位なので、最近はしこり自体無くなった感じです。無くなったのかな。ちょっと、痛い!話でした。

 

話を戻しますが、7年ほど前にまた体の不調が起きます。それまでも、風邪が1ヶ月治らないとかおかしな不調はありましたが7年ほど前の不調は、命に関わる大きな出来事でした。

 

生活の中で、普通の生活に支障が出る状況が半年ほど続いていたと思います。 お風呂に入ると、吐き気やめまい… 脱衣場で、横たわってしまい動けない。腹痛もよくあったんですが、トイレに行くと真っ黒な液体が出る… これは、最終的に病院に行くまで、疑問視していました。普通に、歩くのも辛い状況でした。

 

最終的に、SOSをだし病院に行く事になるのですが… 「後、数日遅かったら死んでたよ」えっ! 「家族に連絡して」と、看護師の方に医師が言いました。妻は、「恐くていけない」と、私の母に連絡したようで 母が慌てた様子で病院に来ました。「なんで?こんな状態になるまで、病院に連れて来なかったの!」母が、医師から怒鳴られ…

 

大変申し訳ない事をしたと、今でも思います。 私は、即入院になり輸血を受けて助かりました。献血の有り難さ、実感しました。真っ黒な液体は、下血でした。

 

よく言われる、輸血をすると性格や人格が変わるという事はありません。たぶん、迷信ですね。

 

私は、うつ病と診断されるに至るまでに 悲観的だったり、ふさぎ込みがちだった訳ではありません。暴れるとか、叫ぶなどの事も1度もありません。
私の場合は、幼少期に既に環境などが原因で 今のうつ状態の元があったのではないか?と、医師からは言われました。実際、自分ではよくわかりません。

 

以前に、お話を既に松田さんにはしているので細かな事は省略致しますが 「イジメ」「家庭環境」などが原因としてあると。ここに、原因があると医師は考えています。

 

うつ病と、1つのくくりにしても内容や症状は、全く異なる形で現れます。個々によって、違う訳です。薬のせいで、悪化もあると私は思います。

 

私は、薬は悩みの種なんです。基本的に、薬での治療はしておりません。医師には、通院し始めた頃は あらゆる薬を処方して頂きましたが… もし、薬を飲んで治ると思われている方は危険です。

私は、恐ろしい副作用を経験しています。生きている感覚がなくなります!

 

その為、私は治療の基本を心理の医師にお願いをして 薬ではなくマインドによる訓練を中心に行っています。 心(脳内)に抱え込んでいるものを、無の状態になりイヤな事も、何も思わなくなる!そういった訓練をしています。マインドセットも、近いものであると言えます。

 

私の、体に抱える悩みについて大まかではありますがお話をさせて頂きました。

 

まだまだ、人生はこれからです。チャレンジしたい!自分を進化させたい!学びを忘れず、一歩を大切に前進したいと思います。

 

松田さん、私を救って下さい。私は、松田さんに謙虚な姿勢で学ばなければ進む事が困難です。

 

松田さんには、感謝する事だらけです。本当に、ありがとうございます。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-健康問題

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.