独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

火星では核戦争があり、生き残った火星人たちは現在、火星の地下で生活しているそうです

投稿日:

陰謀というか都市伝説の様なオカルト的な話になりますが、ロシアに1996年生まれのボリス・キプリヤノヴィッチという人がいます。ボリスカ君と呼ばれているそうです。現在は20歳位になっていると思います。

 

この少年は生まれてすぐ、通常生後3か月はかかるはずが生後5日程で首が据わり、生後4か月頃から言語を話し始め1歳半で新聞や本を読めるようになったそうです。そして彼は前世の記憶を持ったままで生まれてきたらしく、彼の前世は火星人であったという事です。

 

彼は昔火星で貿易の仕事をしており宇宙船で地球と火星の間を行き来していたそうです。その宇宙船はしずく型の大型母船に三角形の小型宇宙船が格納されており、宇宙船の推進力はプラズマとイオンであり短距離ではこの推進力を使い、太陽系外へ長距離移動には時間を加速させるポータルというワームホールの様なモノを使用して移動していたそうです。

 

彼が昔、火星で生きていた時代には地球でレムリア文明が栄えており彼にはレムリア人の友達がいたそうです。レムリア文明が栄えていたのが今から80万年前らしく、信じられない話ですが地球で大変動がありレムリア大陸が海に沈んだという事です。

 

その大変動の際、彼の友人のレムリア人はボリスカ君の目の前で岩の下敷きになり亡くなったらしく、現在生まれてきたボリスカ少年は、そのレムリア人の友達と現世で再会する為に生まれ変わってきたそうです。

 

レムリア人は身長が9メートルもある巨人だったとの事です。真異は定かではありませんが、現在でも世界で巨人の骨が発掘されているという情報もあります。

 

遥か昔、火星では核戦争があり、生き残った火星人たちは現在、火星の地下で生活しているそうです。そして火星人は二酸化炭素を吸って生きているので地球の大気では生きられないとの事です。火星人の外見は地球人に似ていて身長は7メートルほどあり年齢は30歳から35歳で止まるそうです。

 

これは火星人が二酸化炭素で呼吸している事に関係しているらしく、地球人は酸素を吸うために老化していくそうです。

 

ボリスカ君は予言の様な事も話していてエジプトのクフ王以外のピラミッドから人類が過去に持っていた失われた知識や技術がスフィンクスの中にあり
入口がスフィンクスの耳の後ろの何処かにあるそうです。

 

ひとたびスフィンクスが開かれると地球人のの人生が変わる事になるだろうと予言されています。

 

現在、ボリスカ少年は家族もろとも姿を消してしまっているそうです。信じられない様な話ですが、輪廻転生と遥か昔に超高度文明が栄えていたという、とても興味深い話だと思います。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.