独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

雲黒斎「あの世に聞いた、この世の仕組み」 エックハルトトール「ニュー・アース」を読んだ

投稿日:

スピリチュアルと聞くと昔テレビでやっていた「江原啓介」の「オーラの泉」が思い浮かびます。特に好んで観ていたわけではありませんが、たまに観てみると、面白いなと思って観ていました。数年前に読んだ苫米地氏の書籍では、批判的で危険な考え方だと書かれていた記憶があります。

 

スピリチュアルとはどこまでの括りなのか少し分からないので、今までで影響を受けた精神的に考えさせられたことを書きたいと思います。

 

今まで読んだ本は

・苫米地英人氏の書籍
・雲黒斎氏の「あの世に聞いた、この世の仕組み」
・エックハルトトールの「ニュー・アース」
・仏教全般の本

苫米地氏の考え方には結構影響されました。

 

アファメーションや、サブリミナル、「空」の考え、「中観」の考え、「時間」の考え、コンフォートゾーンの考え等

 

特に影響を受けたのはこの世は幻想(仮想現実)で映画の「マトリックス」や「インセプション」の世界だということです。「マトリックス」の世界は実は本当の世界は別にあって、そこでVR機械のようなものでゲームをしている、夢を見ている世界がこの世だということ。

 

「インセプション」の世界もそれが延々と続くという世界でした。ものすごい臨場感があって本来の自分を忘れている状態になっているとのことです。これは、苫米地氏に限らず、雲黒斎氏やyoutubeの動画でも語られていました。

 

霊や生まれ変わり、輪廻転生、カルマに関してはほぼ知識がありません。霊みたいなものは未知で不確定な存在なので、詳しく知ろうとしてもよく分かりませんでした。でも、守護霊や神様(大いなる存在)といったものはあると思っています。

 

この世は不思議なことばかりですし、自分自身も守護霊のような存在に守られているような気がしています。何よりも自分自身がこうやって生きているのも、これらの存在を否定してしまったら説明出来ないような気がしています。

 

生まれ変わりや輪廻転生などもあまりよく分かっていなく、なぜ生まれ変わるのか、何の為に輪廻転生しているのか、魂の修行という人もいますが、そうは言っても、どうしてそういう経緯になったのか。それほど悪いことでもしてきたのか。

 

愛を学ぶためとも言いますが、どうしてなのか。どうして愛を学ぶ必要があるのか。愛というのは人間基準・自分基準の愛でいいのか。何が本当の愛なのか、そういったのも分からないでいます。

 

少しかじった程度ではありますが、カルマは、全体の意識(宇宙)との間を遮る捻じれと聞いたことがります。(雲黒斎氏の「あの世に聞いた、この世の仕組み」)捻じれ(カルマ)がある状態を解消することで自我(分離状態)は消失する。

 

そして、この自我(分離状態)がなくなることで、全体の意識(宇宙)と繋がり「ワンネス」と呼ばれる本来の意識(宇宙本来の姿)になれると聞きました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.