独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

サラリーマンが出世するのもしないのも株で勝つのも負けるのも、全てはカルマの法則

投稿日:

カルマとは“運命を支配しているエネルギー“のような感じと私は思っていたのですがよくよく考えてみると、どういう事??となったので、少し調べてみました。カルマとは支払うべき負債のこというのが、私には一番しっくりきました。

 

全ての行為は自分にふりかえってくる。悪業を繰り返したり、いじめをしたり、他人を死に追いやったりするとカルマ(支払うべき負債)を背負うことになる。すると代償が、現世か来世で支払わされることになる。行った行為と同じ苦しみが降りかかってくる。そうやって神は人間の成長を促している。
 

人として許されない行為を行ったものは、死んだのち霊界で、暗黒のオーラにもだえ苦しむ。この世に偶然はなく、前世で何をしたかで大枠的には決まっていて、その大枠の中でも選択の自由が与えられており、右へ行くか左へ行くかで、多少の違いはあるものの、商売に成功するのもしないのも、サラリーマンが出世するのもしないのも、スポーツ選手として成功するのもしないのも、株で勝つのも負けるのも、全てはカルマの法則と無関係ではないと思いました。

 

人生の賞罰は間違いなく自分でこしらえているのです。人間は全て永遠の命を持つ神の分霊で、いくら殺されても、自殺しても、決して死ぬことも、消滅することもなく、カルマ(支払うべき負債)を背負ったものは霊界から地上に再生し、前世で背負ったカルマ(支払うべき負債)を支払わなければならなくなる。

 

しかし人生で成功するのは、意外とシンプルなもので、人の為に生き、愛いっぱいの気持ちで奉仕することでしかないと思いました。でなければ、例え一時は成功の栄に浴しても、必ず失墜の時がくるのではないかと思います。

 

しかし、現世で必ず成功するとは限らず、現世で成功する場合もあれば、原因の性質いかんによっては来世に持ち越される場合もあると感じました。ガンなどの大きな病気に掛かることもあると思います。しかし、永遠の視点でみれば必ず成功へのステップを歩んでいるのだと感じました。

 

もし正義が必ず勝ち、良いことをすればすぐに見返りがあったりすれば、地球に生息する人々の生活は利己的になり、本当の成長が促されなくなる可能性もあります。だから神は、因果律がすぐに反映する場合もあれば、来世に成就される場合もあるようにしたと思います。

 

何事も成功するには利己主義をすてて“人のためにつくす”という姿勢をとることが必要だと思います。人の為に己を役立たせることこそが成功への秘訣と思いました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.