独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

良性発作性頭位めまい症でひどいめまいに襲われた。原因は耳石の移動で入院

投稿日:

これは実際にあった私自身の実話です。今から5年ほど前になります。私は、ひどいめまいに襲われ救急車で市内の病院に運ばれました。脳のCT、脳波、血液検査いずれも異常は無かったのですが、めまいは治まることがなく、耳鼻科の専門医を受診しました。

 

そこで診断された病名は、良性発作性頭位めまい症と言うものでした。耳石の移動によるものだそうです。しばらく入院になったのですが、4人部屋なのに私一人でした。何とも言えない空気が漂っていて早く帰りたいと思っていました。

 

2日目の夜の事です。なんだか寝苦しくて寝返りをしたその時、ベッドの横にしゃがみ込んで、私をじーっと見つめているおばあさんが居ました。何かを語るでなく、私に触れることもなくただじーっと見つめているだけでした。その時は怖いという感情はありませんでしたが、そーっと反対側に向かい直して、時がすぎるのをまちました。

 

それからしばらくして、確認の為おばあさんの居た方を見たのですが、そこには誰も居ませんでした。後に看護師さんに話をしたところ、その階には動けるお年寄りは居なかったとのことでした。私が観たあのおばあさんは、何者だったのでしょうか?

もう一つの体験談(お別れ)

母が亡くなってから2年が経ちました。1月の寒い日夢を見ました。私は、縁側のような所に腰を下ろし庭をみていたよに思います。そこへ母がやって来ました。寂しい様な哀しいような、そして怯えるような表情をしていました。私は「どうしたの?大丈夫だよ」とこえをかけました。すると母は「もう行かなくっちゃ」というのです。

 

目が覚めて時計を見るとまだ深夜2時でした。携帯電話が鳴ったのはそれから20分後の事でした。母が亡くなったと知らせが入りました。その時は、あの夢の本当の意味が解ったような気がしました。母は、お別れを言うために夢に現れたのだと。 

 

幽霊話ではないですが、霊(魂)つながりと言うことでよろしいでしょうか?

昔の人の言い伝え(地獄の釜)

昔からある言い伝えに、「お盆になったら海に入ってはいけない」と言われたことはないですか?私は、小さい頃よく聞かされました。これはお盆になったら地獄の釜が開くからと言い伝えられているからです。

 

 

地獄の釜が開いて、死者が這い出て来て泳いでいる者を海に引きずり込むと言われています。海は、お盆の時期になると潮の流れや天候が変わりやすく、海藻などが足に絡まることがある。これが事故の原因にもなるということから昔から「お盆になったら海に入ってはいけない」と言い伝えられています。

 

確かにお盆の時期になると天候は崩れ、海は荒れますよね、昔の人は凄いですね。

幽霊

昔々の話、ある飴屋に一人に女が飴を買いに毎晩来るそうな。その日も女は一文銭持って飴を買いに来ました。女はか細い声で、「飴を売ってくださいな」と一文銭を渡して買って帰ったそうです。店の主が不思議に思い、後をつけて行くとそこはお寺の裏にある墓地で、赤ん坊の声がしていたそうです。

 

近づいてみると元気な赤ん坊が飴をしゃぶりながら泣いていたと、その傍らには母親らしき遺骨が有ったとか。子供を宿したまま死んでしまった母親は、我が子を哀れに思い幽霊になてまで育てようとしたのでしょうね。なんだか怖いというより、胸が詰まる思いです。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.