独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

世界の中枢は宇宙人に選ばれた人類(人類を養殖している生物)がコントロールしている

投稿日:

これについては,あまり知っていることはありませんが,少し思い出したことを書きますと,小学校の頃,「世界の七不思議」みたいなタイトルの本を買ってもらって,それはかなり愛読していました。家は貧乏だったけど,母親が本が好きで,本については比較的買うことに寛容だったような気がします。

 

そういえば,小学生の高学年の頃だったか,学研の「学習と科学」という毎月発行の雑誌があって,友達もいませんでしたので,その「科学」の方が毎月の愛読書で,いっぺんに読んでしまうともったいないので,1週間学校に通い,そのご褒美として1つの記事を読むみたいなことを自分に課して、本当に大切に少しずつ読んでいたのを思い出します。

 

そういったことから,科学とか不思議現象みたいなことはわりと好きだったのですが,なぜかだんだんと興味を失い,毎日ぼーっとして過ごしていたような気がします。

 

一つ今でも記憶しているのが,通信教育で電子工作みたいのがあって,それを是非受けたかったのですが,もらえる小遣いの何十倍もの値段でしたので,とても親に言い出すことが出来ず諦めたのを思い出します。

 

あのときもしそれを受講できていれば,おそらく科学とかの道を志したかもしれない,と今でも思います。そして,そのとき大層に言えば科学の道を諦めたことから,急速に理系には興味関心を失っていったのかもしれません。

 

それでも大人になった今も,特に投資に関連するような陰謀説などは興味があり,ロスチャイルド家の陰謀みたいな本は読んだことがあります。で,そんな富豪にはなれないまでも,ある程度の金持ちにはなりたいなぁ,という思いは今でもずっとあります。

 

他のところで書きましたが,投資行動については,本当はぜんぜん向いてないと思いますが,やはり金持ちになりたい,金持ちになって子どもの頃に経験できなかったことを経験し直したい,みたいな思いは今もあるのだと思います。

 

あともう一つ思い出しました。どこでダウンロードしたのか忘れましたが,現在のこの世は,過去に飛来した宇宙人によって作られ,いまでも世界の中枢はその宇宙人に選ばれた人類によってコントロールされているみたいな本(「人類を養殖している生物がいる」)をPDFでダウンロードして読んだことがあります。

 

この世の中は権威者によって都合の良いように構成されており,それによって選ばれた者か,その事実を知ってそこから抜け出そうとする者,ちょっとマトリックスの世界観と被るかもしれませんが,そういった話には惹かれますね。

 

そういえばスピ系の本やサイトでも,マトリックスは映画の話ではなく,この世の現実を描写している面があるというような話には,結構興味がそそられます。

 

表面的に見えている世界とは違うところで,全てのことがコントロールされている,みたいな世界観が好きではないけど,実際そんな感じがすると,昔から思っていたところはあるかもしれません。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.