独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

スピリチュアルは精神的に弱い人間の世界だと軽視する人もいるが未知な世界が知りたい

投稿日:2018年3月11日 更新日:

幼い記憶なのでハッキリとしたことは言えないし、当時持病から毎日がストレスだったので、今となっては夢でうなされていただけなのかは、分かりません。が、私が覚えているなかで初めての不思議な体験です。

 

小学生の高学年の頃でした。夏の朝、感覚的にですが大体5時頃だったと思います。息苦しく目が覚めました。体も動かず、息も出来ずで死を恐怖しました。必死の思いで助けを呼びました。「おかあさーん、助けてー」と自分では叫んでいるつもりなのですが、声にはならず苦しさが増すばかり。

 

そんななかふと目を下に向けるとそこには、緑色の長袖を着た小さな子供の手が私の首を絞めていました。母の影響で般若心経を覚えていたので、とっさに心の中で唱えました。しばらくして、スッと体が軽くなり何故かそのまま眠ってしまいました。それから次に目覚めたのは、朝の7時頃でした。

 

その時も夢だったのかと思い誰にも話はしませんでした。でも、手形は付いていなかったけれど首を絞められた生生しい感覚と緑色の長袖の服の質感は今でも脳裏に浮かびます。私個人的には幽霊はいると思います。幽霊と言葉にすれば何か恐い感じはしますが、次元が違うだけで彼らも生きている存在なのだと思います。

 

私はちゃんとした(笑)幽霊と言うのは見たことはないのですが、感覚的な事では何度かあります。子供の頃には夜中にトイレで目を覚まし部屋を出ると、飾ってあった雛人形が廊下を動いていてビックリしたのを覚えています。しかしその後の記憶は無く、いつの間にか布団で寝ていました。

 

またも夢だと思いましたが、次の日お雛様が斜めに傾いて置かれていたので、もしかしたら夢じゃなかったのかも、と思いましたが、やっぱり誰にも言いませんでした。大人になってからでは台所で料理している時、腰の辺りの服裾を誰かに引っ張られる感じがして振り向きましたが誰も居ない。そんな事が何度かあります。

 

あと今から10年程前なのですが不思議な現象を見ました。それは犬の散歩をしていた時でした。いつものコースで近くの小学校の運動場にさしかかり、ふと空を見上げました。するとそこには赤く燃える球体がありました。それは、空中に漂い一瞬にして斜めに落ち消えました。時間にして2秒位です。

 

私が見たのは市販で買った打ち上げ花火が上がる程度の高さだったので高度的にUFOでは無いな、とは思ったのですが、本当に理解出来ないものでした。不思議なものを見て本来とても恐がりな私なのですが、その時はとてもワクワクしていました。

 

それは今までの子供の時のような不確かな記憶では無く、しっかりこの目で見たもので自信があったので帰って早速、家族や友人に話しました。が、目の錯覚だろう。とまともに取り合ってくれませんでした。人は自分の価値観、生きてきた中での経験から外れたものには、なかなか理解、信用は出来ないものなのだな、と思いました。

 

私はオカルト系の話や映画などは苦手です。でも目に見えない世界、スピリチュアルな世界にはとても興味があり、未知な世界が知りたくてそんな話が好きです。なかには、スピリチュアルは精神的に弱い人間の拠りどころの世界と、軽視する人もいます。

 

私は、例え精神的に弱かったとしても、そこで、もがき苦しんだからこそ辿り着けた世界であって、それは凄くラッキーで幸せな事だと思います。なかなか理解されない世界かもしれませんが、これからも興味をもっていきたいと思います。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.