独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

輪廻転生は仏教の教えで人間は死んで次の生に人間や動物や虫などになるらしい

投稿日:

「スピリチュアル」と、今は当たりのように、あちらこちらで使われているし、よく聞きますが、たぶん霊的な事なんだろうと思っています。スピリチュアルという言葉自体が曖昧もことしていて、よく分からないので調べてみました。

「スピリット」が語源で、息、呼吸、魂などを意味するようです。それで私は、スピリチュアルとは「目に見えない」もの精神的なものを大切にする事だと理解しました。心霊現象なども含まれるのでしょうが、私は好きではありません。

 

魂とか気、心などは目に見えませんが、存在すると思います。また、20世紀は物質主義の時代、21世紀は精神主義の時代とも聞きます。どちらにしてもバランスの取れた生き方をしたいと思っています。

「白蛇さんとの出会い」

これはスピリチュアルとは関係ないかもしれませんが、私の今でも忘れられない想い出です。何歳だったか分からないのですが、私が幼い頃(たぶん4歳頃)母が離婚し働きに出るため、私は母方の祖母に預けられました。

 

昭和29年、30年頃で女性の職場などない時代だったのでしょう。母は住み込みで旅館の炊事や中居をしていたようです。愛媛県松山市の市内から離れた田舎です。

 

祖母の家は道路の下で、庭があり道路面は石垣で石垣の間から忘れな草が咲いていました。石垣の下は幅30センチ位の水の澄んだ小川が流れていました。メダカやタニシがいて、ずっと眺めるのが好きでした。家の裏側に線路がありました。

 

私と祖母は話す事は一切ありませんでしたが、話たくない私にはそれが嬉しい事でした。私は放浪癖があるのでしょうか、昼間はあちこち川や野原をうろつき、夕方は家の庭、線路など散策するのが大好きでした。

 

まだ幼い私でしたが、薄暗い夕方いつものように線路の上に出た時、1メートル位、先に白蛇さんが大きいのと小さいのが、2匹いたのです。寄り添って立っている感じでした。目が赤くキラキラと宝石のようで体の白さは、真っ白なのに透明感がありほんとうにきれいでした。

 

「何もしないで」と私の心に響きました。「何もしないよ」と心の中で言うと、白蛇さんはほっとした様子に見えました。邪魔しないようにと思って私はそうっとそうっと後退りでその場を離れました。

 

この想い出があるためか、私は今だに「白蛇」と言う事ができず「白蛇さん」と言ってしまいます。その20数年後、祖母の家も線路も埋め立てられ道路になってしまいましたが、今だにあの白蛇さんはどうなったんだろうかと気になっています。

 

私は霊感などなく、気などに対しても鈍感なのですが、霊を見たことが一度だけあります。今から15~6年前、施設でご高齢者の介護職をしていました。

 

二人夜勤で事務室にいた時、時間は1時か2時だったと思います。事務室の窓は大きく透明で、廊下側にありました。ふっと窓を見ると、入居者の男性Aさんが歩いていました。「あれ、Aさんどこ行くん」と言いながら追ったのですが、もう居ません。見かけてすぐ追ったので時間はたっていません。

 

夜勤の相棒に「今、Aさん居たよね?」と確かめたら「うん、歩きよったね」と。二人ほとんど同時でした。「あっ! Aさんて○日前、亡くなった!」

 

つまり、幽霊という事になりますが、怖くもなく、ゾッともせず、はっきりと見え、ほんとに隣にいる生きた人と同じなんです。生きた人と同じ、というところにびっくりです。

 

生まれ変わりについて

生まれ変わりについて12年前、森田健さんという方のレポートを読んだ事があります。森田さんは、生まれ変わりの人がたくさんいるという中国の奥地に実際に出向き、一人一人の話を聞き追跡調査の結果をレポートしていました。

 

例えばAさんが「僕は川で溺れて死んだんだ。気がついたら木の上にいた。下を通る人たちを見ていたら、今のお母さんが歩いてきたのでこの人がいいと思ってお腹に入ったんだ。死ぬ前は僕は今のお母さんの夫だったんだよ」と話せば、夫だったという前世をさかのぼって調査するという事でした。

 

今は本が出ているようです。私は、昔に読み物を読んだというだけで、生まれ変わりの正確な知識も経験もありません。まあ、そういう事もあるんだろうくらいに思っています。

 

輪廻転生といえば仏教の教えであること、人間が死んで次の生に人間や動物や虫などになるらしいという、まことに曖昧な感じです。カルマは生き死ににかかわらず、自分の行いが良ければ良い結果を経験し、悪ければ悪い結果を経験するのではないかと思います。

 

今回、文章で目には見えない自分の思いや体験、考えなどを表現する事の難しさを痛感しました。また、自分の無知さ加減といったら!恥ずかしくなりました。たとえ、ゆっくりでも続けて学んでいきたいと思いました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.