独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

苫米地秀人のディープな読者で都市伝説からは脱洗脳されたが地球外生命体は信じる

投稿日:

私は苫米地秀人という脱洗脳の専門家のかなりディープな読者なので、人に理解されない頭がオカシイのかなと言われそうなこういった都市伝説からは既に脱洗脳されていて、テレビのメディアに登場してくるようなおかしな怪奇現象のようなものも全く信じていません。

 

ですが地球外生命体のようなものいるのではないかと思っていて、それらがUFOのようなものにのって飛来してくる可能性は少なからずある。また現実的にはそういうことが起こっているのではないかと思っています。

 

NASAもそれらの存在を既に掴んでいるとしています。(但し、現在のUFOのイメージや、宇宙人の印象は現実のものとは遥かにかけ離れたまったく違った印象ではないかと思っています。)

 

私は、今まで他人の”強い想念”のようなものが、自分に伝わり、強く影響するのではないかと信じていました。ですから、他人から、悪く思われれば、運が悪くなり、他人からよく思われれば自分の運勢が上昇するというような潔癖な考え方があって、そのこととトコトン向合っていた時期があります。

 

実際に具体的な内容としては医療気功師の方にある意味都合のいい形で、自分の気持が相手に強く振り回されていた時期がありました。

 

その状況が複雑だったのが、あとでわかったのですが、キリスト教信者の43歳の女性が、弟子としてその中国人気功師の73歳の先生の男性の生活の部分も支えていたのですが、その女性は、女性としては絶対に裏切られたくない形、つまり、自分の住んでいる家屋の中で、別の女性と性的な関係に及んだり、恋愛関係に至ったり、店の経営に対しても様々な問題を抱えていました。

 

その事を周りが、忠告しているにも関わらず、それを気にもせず、中国でその男性を面倒見るために、親の了承まで取り、その貧乏な先生の言いなりになって、婚姻関係を結んで、中国に二人で住むことになりました。

 

表向きから見ればただの年の差カップルなので、皆がフェイスブックなどでおめでとう。と言っている無責任さに愕然としています。親もその本当の実態には気がつくこともなく、彼女を嫁に出してしまいました。私は生徒として、本当の実態を知っているだけに手放しで彼らの事を祝福メッセージなど心から送ることができません。

 

彼女のモットーは『無条件の愛』だそうなのですが、その男はそういう醜態であるにもかかわらず、その支えている女性が無条件の愛を掲げて、別の男性と関係をもつリスクについて、とにかく毛嫌いしていました。

 

見ていると、性格もジェネレーションギャップもとにかくありすぎるほどでした。どうしてそれらが婚姻関係に結び付いたり、彼を支えられるのか・・・という考えを突き詰めてみれば、信仰心のやっぱり濃さなのでしょうが、私にとっては都市伝説的な陰謀論に比べたら、もっと薄気きみが悪く頭がおかしいんじゃないかと思っています

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.