独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

河童の不思議体験談。日本三大急流の上流で昼間は釣り、夜に仕掛けを川に入れた

投稿日:

1972年頃の体験談です。都市伝説と言うものでは無いかも知れませんが、当時良く聞かされていた話で狐に騙されて、お祝い事で貰った折箱を取られて家に帰ってみたら折の中には、馬の糞とミミズが入っていたと言う、ただの酔っ払いの夢物語みたいな話です。

 

子供心の心境が疑いの暗闇のなかでの、封建的な村文化が残る地域独特の言い回しの世界を確認する為に、当時中学生で夏休みをクラブに夢中の柔道の練習に明け暮れた日々の毎日に、狐よりも河童の噂が面白いと、柔道部の仲良し5人でキャンプをしようと話がまとまりました。

 

さっそく役場からテントを借り、地元を流れる日本三大急流の上流で、わくわくしながら昼間は釣りに集中し、夜でも仕掛けを川に入れたまま当たりがあれば、鈴が鳴る仕組みで小さい声で河童の話をしていました。

 

私は叔父の家で世話になって居るので、キャンプの許可を貰うために球磨川でキャンプをすると伝えたところ、叔父が言うには河童に川に引き込まれるぞ。

 

その事を皆に話すと、親父が子供のころに良く父親に球磨川には晩に行くな、行けば帰ってこれん様にになると聞かされたと言っていたと話し出したその時川原の砂利を踏む足音が聞こえ皆が、顔を見合わせて今誰か歩いてたよねと、身震いしたのを忘れません。

 

川の水の流れる音以外は静かで、民家も近くには無く人が近ずくことは、考えられない事でした。皆で、テントの下から外をのいぞき確認しても人の気配も無くあれは、犬だったのかなと話て居る時にまた砂利を踏む音がが聞こえ、確認しても誰も居ない。

 

何とも説明が出来ない事が、今でも帰省した折に飲みながら昔話に花が咲く時に必ず話題になる河童の不思議体験談です。都市伝説とは少し違うような、確信が揺らぐ封建的な村文化に支配された言い伝えの、非現実発想が村社会の中の隔離的空間にいきる当時の隠れ家的ひきようの伝記かもしれません。

 

平家の落中奴伝説も色濃く残り、平家の末裔が名乗った椎葉の姓に、源氏のゆかりの那須与一の末裔が名乗ったと言われる那須4の姓が同級生の中に多く居たのも、現代の生活環境から想像も付かない様な秘境の里に生命を授かり、時代の環境的変化にも対応する語り部的時代背景が潜在意識の中に存在するのではないかと思われます。

 

また本流から分岐支流の田畑を潤し生活基盤の一次産業を支える川幅が狭い、氾濫が常識の範疇では洪水氾濫の防止及び対策の現実的解決策として当時は生贄的人柱が行われて居た事への水難防止に寄与1972年頃の体験談です。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.