独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

若い頃から自殺願望がありました。いじめにあったこともあり、自分が嫌だった

投稿日:

スピリチュアル、霊、生まれ変わり、輪廻転生、カルマは私が最も関心があることです。私は今現在生活が苦しくお金を得ることができず、どうしたら収入を得て生きていけるのだろう、ということばかり考えてしまいますが、収入を得て何とかお金の心配がなく生きていけるようになりましたら、研究をして生きていきたいです。

 

特に、霊については私たち人間にとってこれ以上大事なことはないのではないかというくらい大事なことであり、是非ともこれから学び研究していきたいことであります。

 

まずはじめになぜ私が霊に興味を持ったかを書きたいと思います。それは、死ということと関係があるからです。私は若い頃から自殺願望がありました。いじめにあったりしたこともあり、とにかく自分が嫌で、いっそのこと消えてなくなってしまいたいと考えていました。

 

その時は、人間は死んだら『無』になってなにもなくなってしまうのだと考えていました。幸い私は親を悲しませたくないという思いから実行するには至りませんでしたが、どこか心のすみで「苦しいな、いっそ何も無くなって苦しみから解放されたい」という気持ちがありました。

 

そしてずっと死について考えているうちに、一つの新たな考えが生まれてきたのです。それは、『本当に人間は死んだら終わりなのか』という疑問です。

 

そもそも人間は「死んだら終わり、死んだら無になる」というのであれば、人生そのものに全く意味がないのではないか、と考えるようになりました。そして『では、人間とは何なのだ』と追求していくうちに、人間とは単に肉的な存在であるだけではなく、別の存在でもあるのではないかと考え始めました。

 

それが霊という存在です。そしてさらに求めていくうちに、人間とは肉、魂、霊でできている存在なのだということにたどり着きました。肉はこの世での存在で、百年もしないうちに死というものを迎えるけれど、魂と霊というものはその後があり、肉の死の先も生き続けるのではないかということです。

 

それは、証明することは難しいけれど、もしそうだとしたら、人生というものは全く別の意味を持つものになるのではないかということです。(人類の歴史もそうです。)

 

私は長年このテーマについて考えてきましたが、まだ答えはわかりません。ただ、今私は収入を得る方法がわからず、生きていくことがものすごく困難な状況にありますが、自殺をしたいと思うような時があっても考え直せるようになりました。

 

そして、霊というものが人間にあるのだとしたら、自殺なんてとんでもなく、まして私たち人間はとてつもなく価値ある存在であり、人生とは恐ろしく貴重なものであると考えています。これからも霊についてもっともっと学んでいきたいです。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.