独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

今生きているのは仮想の世界。魂が私たちの本来の姿で高次元が現実世界です

投稿日:

お世話になっております。

 

今回のメルマガでは、1日4時間しか働かなくて良い理由とたくさんするという思考が良くないことについて学びました。

 

松田様のおっしゃる通り、日本人はとにかくたくさん働いて、世に貢献するという意識が極めて強いと感じます。

 

その結果、ストレスで疲れてしまい、心も体も疲弊し、プライベートな時間も楽しめていない人が多いように思います。

 

会社内で残業をせずに帰る意識を持って生活していますが、残業しない=意識が低いというレッテルを徹底的に貼られてしまいます。それも会社内の全員の意識に根付いているような感じで、少し残念です。

 

一部の事務職の人はすぐに帰ってしまいますが、他の部署は残業して当たり前、頑張って当たり前という旧世代の教えが強く残っています。

 

こうした現実を目の当たりにして、ますます、こうした働き方をしてはいけないと日に日に感じます。

 

松田様のおっしゃる通り、1日4時間くらいがベストな働き方だと学びましたので、私もそこを目指していかなくてはと考えています。

 

話は変わりますが、ひらめきが大事という話を伺い、最近ひらめいた話を記載させて頂きます。

 

先日、マトリックスというアメリカの超有名映画がなぜか気になり、手に取り観てみました。昔少し観た程度でしたが、なぜかこの映画が気になったのに訳があります。

 

それは松田様の「アフェリエイトバブルの終了」というYouTubeの動画内でおっしゃっていた「イーロンマスクが公式の場で、この世はマトリックスでできている可能性がある」という発言をされたという話を聞いたからでした。

 

そこから、マトリックスという映画が気になったのだと思います。

 

マトリックスという映画は、今生きている現実は実はコンピューターが作り出した仮想現実で、実際の世界では人工知能に人類が支配された世界であるという話で、主人公らは仮想世界と現実を行き来して、人工知能と戦うという話です。

 

私はこの話を観て、これは本当に起きていることかもしれないと感じました。

 

以前、ひまわり様の動画で「自分の正体」についてのYouTube動画がありましたが、その中で「自分の宇宙は自分でなんとでも変えられる」とおっしゃっていたことを思い出しました。

 

映画でも主人公のネオは、覚醒し、仮想世界を自由自在に飛び回り、敵を鮮やかに倒していきます。

 

また、主人公には仮装世界の中、すべてが情報として見えており、本人の思考次第で超人的な能力を発揮できます。

 

まさに覚醒した状態です。

 

現実の話はここまで派手ではありませんが、自分の宇宙は自分で変えられるというひまわり様の教えと合致します。

 

また、松田様やひまわり様がよくおっしゃる「魂の成長」という言葉と繋がり、実は私が生きている現実は仮想世界であるとはっきり感じました。

 

魂とは、私たちの本来の姿であり、高次元に存在する現実世界のことで、今生きている世界は仮想世界であると感じるのです。

 

なんだかマトリックスの話とすごく似ていて、驚きました。

 

この世はマトリックスでできているとすれば、プログラムされた成功法則が必ず存在するということだと思います。

 

そのことを理解され、実践されているのが成功者の方々なのだと思いました。

 

私は高次元(真の現実世界)にある魂の成長のために日々、精神を磨いていかなくてはならないと考えました。

 

いつも私の妄想的なお話を読んで頂き、大変恐縮です。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.