独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

生きてきた時の成績表…死んだらエンマ大王の前で白と黒2つの糸の重さを計る

投稿日:

カルマについては、おばあちゃんが、教えてくれた話が、一番当てはまるかなと思います。

 

きっかけは、覚えていませんが「白い糸、黒い糸」の話をしてくれました。

 

人間は、生まれてくる時、2つの糸を巻きつけるための芯を持ってくる。

 

一つは、いい事をして巻かれる白い糸用、二つ目は、悪いことをした時に巻かれる黒い糸用
だそうです。

 

人間として最後まで生きて、死んでから、エンマ大王の前で、2つの糸の重さをそれぞれ計る。

 

結果的に、重さが生きていた時の成績表になるんだよ。とその時言っていました。

 

今の自分が、その時の話を理解するなら、「カルマ」ってこれかなと考えます。

 

合っているかは自信ないです。

 

誰かに、「カルマ」の例え話をするなら、使えるかなと思います。

 

スピリチュアルな経験は、ほとんどありません。

 

ただ、一つだけ書けるとしたら、「夢」についてです。

 

最近は、ほぼないのですが、良く無い事の前には必ず、ヘビに関する映像もしくは、夢を見ていました。

 

何故か、何もない時には本当に見ないのですが、ろくでもない事、人に関わる時は、見ていました。

 

当時は本当に嫌で、人に話せば気味が悪いと、嫌がられるので、相談も出来ない事でした。

 

どうしたらいいのか、答えを探していたら、脳科学の本が目につきました。ダメもとで、読んだらきっかけになる事が書いてありました。

 

人間は、いい、悪いに関係なく常に頭にある事に視点がいく。または、いきやすいと、書いてあり自分はこれではないかと思いました。

 

理由は、マイナス思考な性格だと自覚していたから。直せることか、いろいろやってみようと、思いました。

 

手当たり次第に、やりました。

 

そのうちにヘビは、見なくなりました。やったことの何かが、成功したんだと、自信にもつながりました。

 

生まれ変わりについては、信じています。

 

天国や、地獄は別の世界にあるのではなく、私たちが生きているこの世界に存在すると聞いたことがあります。

 

地獄は、死んだ時の感情によって変わるのではないかという話です。

 

でなければ、死んで違う何処かに行くならこの世界は、「魂不足」になっている気がします。

 

人間は、「代謝」という形で、一種の生と死を繰り返して生きてるのは生物学で習うことです。

 

音がするわけでもなく、匂いがあるわけでもないので、自覚するのは、ほとんどないですが、生きてる人間自体が、スピリチュアルな存在な気がします。

 

ただし、考える時間、機会がなければ、思わない事だろうし、わかっていてもどうしようもない辛い感情に支配されることもあります。

 

本当の死に際まで、学びなんだろうと自分は考えています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.