独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

肉体は魂の乗り物に過ぎず、モビルスーツを操縦しているようなもの

投稿日:

『「オレ」って思っているの自分は、死んだ後も「オレ」って思っているんだろうか?

違うもの(人)になってもやっぱり「オレ」って思っているんだろうか?

でも、なんかそんな感じがする・・』

 

いつもは祖父が座って背にしている襖をコタツのテーブル越しに見ながら、その襖に止まっていて叩かれて潰された蚊とそのシミを見て、ふとぼんやりそんなことを思ったのが小学1,2年生の頃だったと思います。

 

いや、その時期はあまり正確ではないと思いますが、襖に茶色に変色した血のシミと一緒に潰れて干からびた蚊の死骸と少しその下に描かれた竹林の絵柄は今でも強烈に脳裏にこびりついて離れずにいます。

 

そしてその感覚は社会人になり、アメリカ型の改変された成功哲学を学んだあたりから眠らされてしまいました。

 

「思考は現実化する」が「大量生産、大量消費型」のイケイケドンドンモチベーションに利用されて、スピリチュアルからはしばらく分断されていたのです。(ちょうど世はバブルの弾けるころでした)

 

そして一旦ビジネス的な成功を収めたのちの失敗のあと、自分が何屋であるかに自信が持てなくなったと同時に、自分が何者なのかがわからなくなり、その時にいわゆる本物の霊能者と言われる方三人に視てもらうことがありました。

 

すると、興味深いことに、私の過去の出来事については三人のうち三人ともが当ててきました

 

そして、未来については二人が同じことを言い、残りの一人は違うことを言いました。

 

その後の結果はどちらも当たっていません。(今のところ)

 

そこで私が思うのは、過去について三人が当てたのは、つまり私のした経験から私の身体に脳に刻まれている記憶をちょうど、ハードディスクの磁気情報を読み取るように、バイブレーションとしての波をちょうどバーコードとして読み取るようにして当てているのだなと直感的に感じました。

 

なぜなら私の中ではすでに私が感じた現実として固定化されている情報だからです。

 

ですが、未来はまだ確定されていない情報で、私の思考状態とともにゆらゆらと揺れている、そう、シュレディンガーの猫と同じようなものです。

 

ですので、視てもらったときの私の思考状態(マインド状態)で読み取るしかないために、リーディングも二通りになり、結果はどちらも現在のところは「はずれ」ということになったのだと思います。

 

そしてこの7年ほどで思うのは、肉体は魂の乗り物に過ぎず、ちょうどモビルスーツを操縦しているようなものであるということ

 

輪廻転生については、多分ですが、魂がエネルギー体であることから考えても(直感的にも)、私がアムロだとすると、アムロがまた転生して別のガンダムに乗るのではなく、アムロは一旦エネルギー体としてシャアやララア、マチルダさんやガルマとも融合して情報共有したのち、アムロのタグがついている私が主体となりその一部が次のガンダムのパイロットになるような気がしています。

 

勿論、アムロのタグがついていることは私自身の意識には無いわけです。ですが、なぜかあまり訓練をせずとも操縦の上達が異常に早かったりするわけですね。

 

ですので、輪廻転生は生命エネルギー全体(一つ)での一大事業であると解釈するのが正しいのかなと感じます。

 

神は自分が何者であるかを知りたいために自分をもう一人の自分を創造された、という話をどこかで読み聞きしましたが、それならば私たちはすべて神であるということもできるわけですよね。

 

ならば、是非神が持てるはずの力を使いたいと思うのです。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.