独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

100回以上の幽体離脱。金縛りの時、無理矢理体を起こすと実体から抜け出せる

投稿日:

私は社会人になってから30年間の間に100回以上幽体離脱の経験をしています。

 

ただ意識的に出来るものでは無く、金縛りになった時限定です。

 

その道に詳しい人に言わせるとあまりやらない方が良いと言われましたが、金縛りになった時、無理矢理体を起こすのです。

 

すると実体から抜け出すことができます。抜け出た後もきちんと体は存在します。

 

移動はやはり飛んで行きますがあまり高く飛べずスピードも出せません。

 

油断するとアッと言う間に実体に引き戻されます。ただ、なぜか抜け出た後に後ろを振り返ったことはありません。

 

たぶん実体が見えたと思うのですが。でも何か実体に紐のような物で繋がっていると言う感覚は毎回ありました。

 

死ぬ時はこの紐を死神様が切ってくれるのです。みなさん「死神」と呼びますが「死神様」が正解です。彼が切ってくれないと人間は死ねません。まさにゾンビ状態になります。

 

この幽体離脱の話をするとよく「それは夢だろ」と言う人がいますが、断言します。「夢」ではありません。

 

私は「夢」を「夢」として認識できないんです。

 

飛行機に乗っていてよく墜落する夢を見ていました。毎回手に汗を握って死んでいました(笑)

 

でも幽体離脱は違います。

 

きちんと金縛りから始まって空中遊泳して実体に引き戻されるまで記憶に鮮明に残っています。時間にするとほんの30秒くらいです。

 

世界も微妙に違います。人や霊体に遭ったことはありません。と言いますか犬、猫などの生物にも遭ったことが無いです。木々などは生えていました。

 

時間帯も変わります。夜、車の中で離脱しても昼間になったことがありました。

 

ここ半年は金縛りにあうこともなく幽体離脱はしていません。

 

以上の経験から死後の世界は存在していると実感しています。

 

また、過去世の記憶を持って生まれてくる子供が居ることからも輪廻転生は確実にあると思います。

イーロンマスクはこの世界はマトリックスの可能性があると言っていました。

 

確かにこの宇宙は完璧に創造されているのに、なぜ地球人だけが不完全なものなのかいつも不思議でした。

 

人間は善と悪を行ったり来たりします。同一人物がです。

 

殺人を犯した人が普段はとても良い人でした。と言うのは珍しくありません。

 

つまり地球は神様の壮大な実験場なのかもしれません。

 

この三次元が仮想現実だとすれば過ちを犯すことが出来るのです。悪事を働くことが出来るのです。

 

神様はご自分が完璧なのでイレギュラーなことに興味があるのかもしれません。だからと言って悪事を働いても良いと言う訳ではないでしょう。

 

今、地球はフォトンベルト(神の光)に突入しています。

 

三次元地球も人間も次元のアップを迫られています。

 

地球にとっては容易なことですが人間にとってはかなり厳しいことになると思います。

 

五次元の世界は「想い」がすぐに具現化してしまいます。そんな場所に心の汚れた人間が行ける訳がありません。

 

関暁夫氏がAIが監視しているからSNS等で他人を誹謗中傷するなと言っていますが、実はそんなレベルではダメなんです。

 

SNSに書かなければ「心で想う分」には誰にも迷惑かけないからいいんでしょ。と言う勘違いをします。

 

彼はこのことに気付いていると思いますが人間のレベルが低過ぎるのでその辺に留めたのでしょう。

 

人間の「想念」と言うのは集合するととてつもないパワーになります。

 

良い想念なら問題ありませんが、恨み、妬み、嫉妬などの悪い想念の集合は手に負えません。

 

永いこと三次元地球を苦しめて来ました。

 

最近、地球に居る次元の高い方達や他次元宇宙の人類の方々の協力によって、地球を覆い尽くしていたタコみたいな想念化け物を剥がしたそうです。

 

これからは松田さんが仰る通り「個」の時代です。

 

心の修行は誰も助けてくれません。

 

早く「神様の悪戯」に気付いて神様の元に戻りましょう。

 

私達は確かに「神の子」なんですから。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.