独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

祖母が身代わり!?家族の運転するトラックの下敷きに。悪いカルマを取り払った?

投稿日:

今回の題目も自分のプライベートに触れる内容なのでどこまで話せるかためらいもありますが、出来る限りでお話しさせて頂きます。

 

周りの人間があまり信じられない自分ですが、今までの人生で絶対的に信用できた存在が2人いました。

 

他界した祖父母です。今でも2人を尊敬しているし、感謝しています。

 

祖父は太平洋戦争で中国とフィリピンに行き、1000人居た兵士の中の2人の生き残りとして帰って来たと聞いています。

 

戦後は家族を持ちながら懸命に働いて家族を支えました。

 

祖母曰く、「困っている人を見たら後ろから車を押して助けてあげる人」ということでした。

 

祖父に幼児の時お風呂に入れてもらったことがありましたが、腿に大きな弾跡がありました。

 

歯は銃剣で射ぬかれ入れ歯でした。

 

でも大きくて強くて優しい祖父でした。

 

幼いながらも祖父は戦争で死んだ仲間の分まで人生を生き抜いているんだ、と感じていました。

 

そんな祖父の臨終に立ちあわせた時ですが、恐らく亡くなるほんの少しまえだと思いますが、私が他県の下宿場ら病院にかけつけた時、祖父は既に危篤状態でした。

 

私は祖父に向かって「自分がこれからしっかりやっていくから心配しなくていいから。」と伝えました。

 

すると祖父の手が上がりが物凄い力で自分の右手を握りました。

 

もう死んで行くという人間がどうしてあんな力で私の手を握ることが出来たのか全く分かりません。

 

私は基本的には自分が本当に経験したことでないと超常現象のようなことは簡単に信じませんが、これは紛れもなく私が経験したことです。

 

私はあの時確かに祖父から強い意志を託されたのだと思います。

 

まだ40で結婚もしておらず、祖父に申し訳無く思います。

 

今でも手の感触が残っています。

 

祖母は非常に信心の深い仏教徒で、本当に偽りなく、心から仏教を信じ切っていました。

 

私も祖母から3歳の頃からお経を教えられ、今でも諳んじて唱えることが出来るものの、今に至るまで真の意味で宗教心を持っておりません。

 

仮に神や仏が宇宙の法則そのものであるとするならば恐らくまだ納得出来るのですが、頭で理解しても心で確信しておらず、擬人化された世界宗教の神や仏は人間の知恵で作り出したもので、俗に言う宗教的な人の多くは宗教を利用して地位や尊敬を得ている偽善者のような感じてしまうことがあります。

 

しかし、祖母は正真正銘仏教を信じ切っていましたし、それをもとに素晴らしい道徳観念と生活規律を実践し、私にもありふれんばかりに愛情を注いでくれました。

 

名誉のある人より徳のある人になれ。」と赤子の頃から言われ続けました。

 

また、「お前のことは仏様から貰った宝物だと思って感謝している。」と言われたこともあり、祖母からは自分の人生で誰よりも深い愛情を頂きました。

 

祖母は80歳を超えても農業に勤しみ、「植物と会話出来る。」と言っていました。

 

また、亡くなる数年前には縁側に出て毎日朝日を浴びながら「五光が見える。有り難い。」と言って笑顔で手を合わせていました。

 

その姿を見てこんなに宗教心を持ち合わせて居ない自分でさえ祖母が尊く思え、祖母が光を発する生き仏様の様に感じました。

 

その時私は、下宿先から空前絶後の大失敗で実家に戻って来ておりニートをしていたのですが、祖母は「よく帰ってきた。」と暖かく、暖かく、迎えられていました。

 

しかし、その祖母が、私が実家に落ち武者の様に帰って3日後くらいに、庭先でしゃがんで米粒を拾っていたところを、気づかずに帰ってきた家族の運転するトラックの下敷きになりました。

 

家族は地面にしゃがんでいた祖母が全く見えていなかったとのことです。

 

祖母はもう一歩で首が飛んでいてもおかしくない状況で、奇跡的に腿と腰の骨折のみですみ、それからもう8年ほど存命致しました。

 

あの時から今まで、私はずっと心の中で思っています。

 

「あの日、祖母が私の身代わりになって自分が持っていた悪霊または悪いカルマを取り払ってくれた。」のだと。

 

実はその日、野良猫が下の階で昼寝している私の腹元に乗って「ギャアアアー」と叫びました。

 

私は驚いて起きあがり、野良猫は去りました。

 

その後事故がありました。

 

何度実家の一回で寝ていますが、自分に野良猫が飛び乗ってくるなど、人生であの日以外ありません。

 

超常現象など全く信じない私でも信じています。祖母があの日自らの身を持って、私を救ってくれたのです。

 

祖父母に本当に感謝しているし、こんなに素晴らしい祖父母を持てたことを誇りに思っております。

 

まだ結婚もしておらず、未熟者の人生を送っており申し訳無い限りです。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.