独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

病院勤務でリハビリ担当。人が集まる場所が苦手で同調圧力に嫌気。

投稿日:

普通の人が理解できないクセに、「一人でいる時間がまわりの人と比べてとても必要」というのがあります。どこに行っても、どの場所にいても、どの時間帯でも、必要な時は「一人」になっています。

 

家族でショッピングセンターに行った時は子供達よりも先に一人行動をして、妻からは「どこにいるの!」と電話がかかってきて、怒られていました。後ではそれが普通になり、家族はよくはぐれます。子供達も自由行動、妻も自由行動、私も。でも、なんとか合流しています。

 

最近はまったくといっていいほど、ショッピングセンターに行っていませんが、子供たちが行きたいと言った時は、「ショッピングセンターの中のどの店に行くの?」と聞いて「本屋さん」と子供に確認をとってから行くようになりました。

 

松田さんに教えを学ばせて頂いてからは、近所のスーパー等に買い物に行くと、「これは本当に必要な買物なの?」とか「お得品の本当の理由」とか、「場内アナウンスの理由」等を話すので、家族は??となっています。すみません。脱線しました。

 

私のクセは家庭だけではなく、職場の送別会等のお酒の席でも出現します。お酒は嫌いではないので、楽しく飲んでいるのですが、急に「一人が必要な時間」がおとずれ、誰もいない端の席でぼんやりしたり、店の外に出て、店の植木等を観察して過ごします。

 

まわりから見れば「一人を演じている」と斜めから見る人も、もしかしたら、いるかもしれませんが、本当に必要なのです。もともと、ワイワイと人が集まる場所が苦手なので、そうなるのかもしれません。ワイワイではなくてワクワクだったら違うかもしれません。ワクワクな話をしていると大抵「そんな難しい話は後」といって、中断されますから。

 

職場でも「あなたはどこにいるかわからない」とよく言われていました。私は病院に勤めています。マイナーな職種のリハビリを行なっているので、病院内ならどこでも出来ます。食堂や図書館、温かい日は庭、等で行なっています。患者様や利用者様も一対一なので、本当の姿を見せてくれますし、それが良いと思って行なっています。

 

周りの人からは「一人が好きなんですね」と言われます。もちろん、人一倍必要だと伝えると、「私も」と言う方も少なくありません。私だけではなく、一人で過ごす時間が必要な人は本当に多いのだと感じています。同調圧力に嫌気がさしている人が増えているように思います。しばらくすると逆転するかもと密かに期待しています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-人間関係

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.