独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

未熟児(1400g)で生まれ、命が危ない状況に。一命を取りとめ帰ると犬が死んでいた

投稿日:

松田さん、こんばんは。わたしの生まれ変わりについて書いていきます。

 

生年月日は1969年8月19日生まれです。私は未熟児(1400g)として生まれました。当時(昭和44年)ではこの大きさで生まれた場合は死んでしまうことが多かったみたいです。

 

実際、10人いた未熟児のうち助かったのは一番体重の重かった赤ちゃんと一番体重の軽かった私の2人だけだったと母やおばあちゃんからききました。

 

私の両親は命を助けることは難しいと医者から言われていたようです。もし奇跡的に命が助かっても失明や頭などに障害が残ると言われていました。

 

未熟児で生まれた赤ちゃんは保育器に入れられるそうです。そして酸素を与えないと死んでしまうそうです。しかし酸素を与えすぎると、失明したり、障害が残ってしまうということです。

 

入院中に私の命が危ない状況になり、家族が病院へ呼ばれ、なんとか一命を取りとめた時自宅へ帰ったら飼っていた犬が死んでいたそうです。

 

私が子供のころは、よく母やおばあちゃんに、「きっと身代わりになってくれたんだよ」と話しをしてくれました。

 

現在の私は失明もしておらず、障害も残っておりません。なぜ一番助かる見込みがなかった私が障害も残らず奇跡的に助かったのか?

 

その答えは自分でもよくわかりません。たた単に運が良かっただけなのかもしれません。

 

私は父親から継承した、小さな会社を営んでいたことがあります。父は14年前に病気で他界してしまいました。生前、父が時々「輪廻」ということをよく言っていたことを思い出しましたが、その時はあまりピンときませんでした。

 

「物事は繰り返され、全ては自分に返ってくる」というようなことを言いたかったのかもしれません。

 

私は特に会社を経営しているころは、多くの方に助けられていたと思います。現在はサラリーマンで働いていますが、今でもそうだと思います。

 

必ず、「いいことも悪いことも自分に返ってくるから」と自分の中でいつも思っています。

 

世の中には星の数ほどの人たちがいます。これら全ての人たちと出会うということはありえません。

 

わたしはYouTubeで松田さんの存在を知りました。

 

まだ実際にお会いしたことはありませんが、なんの根拠もありませんでしたが、直感で松田さんは信用できる、松田さんからいろいろなことを教えてもらい、勉強したいと思いました。

 

私にとってはまさに「輪廻」ということが現実におきようとしています。松田さんとの奇跡的な出会いで自分自身が生まれ変わることができると思っています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.