独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

霊は恐怖や緊張など負の感情が作り出す。病院や廃校など恐怖を感じる場所に現れる

投稿日:

20代前半の大学生です。私は、この年代で何度も自殺を考えたことがあるので死については、同年代の人よりも関心・興味があると思っています。

 

特に死そのものではなく、死の先についてです。

 

昔、あるテレビ番組で私には、前世の記憶があるという人物が紹介されていました。その人曰く、前世の時に住んでいた家や、その周辺の風景の記憶があるというのです。

 

実際に、その場所に行くと、その人が言っている通りの建物があり、建物の傷や染みの場所、周りの風景の情報が一致していたのです

 

しかし、考えてみると今の時代、テレビの情報は、いい加減なもので、予め建物の場所や周りの風景を調べていたなど、小細工はいくらでもできます。テレビに出ていた専門家の人も同じようなことを言っていました。

 

しかし、私は本当に前世の記憶があることは事実であると考えています。実際、死んだ先のことなど今現在、何もわかっていないのですから、何があってもおかしくないからです。

 

テレビに出ていた人も真剣に話をしており、仮に嘘の証言をしているならば、よく公の場でここまで堂々と嘘の話しができるなと寧ろ感心します。

 

生まれ変わりというものが存在するならば、例えば、歴史上の人物といった大きなことを成し遂げた人物の生まれ変わりの人は、同じく何か大きなことを成し遂げるのでしょうかね。そうなると、何か成し遂げるか何も成し遂げないかは生まれながらに決まっていることになってしまいますが。

 

子供の頃に良いことした人間は天国にいき、悪いことをしたら地獄にいくということを聞いたことがあります。恐らく、ほとんどの人が一度は聞いたことがあると思います。天国と地獄という概念は古来よりあるとされ、似たよう話は昔からあると思います。いつの時代の人も一度は考えるテーマだと思います。

 

しかしながら、答えは死んでみないとわかりません。もしも、天国という世界があることが証明されれば、多くの人は生きることをやめてしまうと思います。

 

臨死体験をした人は、よく三途の川が見えた、花畑が見えたという人がいます。あの世はあるんでしょうか。永遠の謎ですね。

 

話が変わりますが、私は一度だけ霊のようなものを見たことがあります。その当時は、高校受験の前日でストレスに侵された状態でした。そんな中、風呂場でだれかに見られている感じがして、振り返ると白いもやのような、影といったようなものが見えたのです。しばらくすると消えましたが、今もその正体はわかっていません。

 

消えた後は、特に気にしていませんでしたが、次の日の受験当日、朝から原因不明の38℃の高熱が出たのです。しかし、休むわけにはいかず、高熱の中受験することになり、意識が朦朧中、なんとか乗り越え合格することができました。正直、受験当日の記憶はあまりなく、ただひたすらに頑張った自分を心の中で褒めていました。

 

ひょっとしたら、あの霊的なものは、ストレスで体が限界であることを知らせに来たのかもしれません。

 

今となってはわかりませんが。

 

霊というものは、真夜中の病院や廃坑になった学校といった人が心理的に不気味、恐怖を感じてしまう場所に現れることが多いらしいです。霊というものは、人の恐怖や緊張などの負の感情が作り出したものかもしれないですね。

 

若者の戯言になりましたが、私のスピリチュアルなどの分野で知っていることは以上です。
よろしくお願いいたします。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.