独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

惑星ヤハウェがポールシフトを起こし人間は絶滅する?

投稿日:2018年10月25日 更新日:

恐竜はなぜ絶滅し、人間はどんな理由で絶滅することになるのだろうか。形のあるものはいつかは滅びるのだ。

 

その原因とはポールシフトである。

 

ポールシフトが何故起こるのかというと、原因は様々である。原因の1つとしてあげられるのはとても身近なものですと、2004年に発生したスマトラ島沖地震で、大きな極運動が発生した可能性があるとされているからです。現在では極端な移動は無いのだが、中心核の時世変動により、一年に64キロという速さで磁北が東を目指して移動しているという研究データもあるのです。

 

さらに、恐竜が絶滅した原因として、隕石が地球に落ちてきたからであるという説があることは多くの人が信じていることだが、もう少し進んだ研究によると、この隕石が落ちてきたことが直接的な原因ではなく、これが間接的な理由となって大きなポールシフト起き、恐竜の住むことができない環境に変化してしまったのではないかということが言われている。

 

現在でも小さな隕石であれば地球に落ちてくるケースはくるという事件はよくあることで、それらの中には地球に大きな穴を作るほどの衝撃を与えるものもあるのが事実である。

 

地震の発生や隕石の落下で、大きなポールシフトが起こり、再び氷河期が訪れ、恐竜のように人間も絶滅してしまうのだろうか。

 

 

かごめかごめは惑星ヤハウェの歌。ポールシフトのおぞましさを伝えている

かごめの歌より歌詞を引用します。

 

かごめかごめ かごの中の鳥は いついつ出やる

夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ

 

かごめかごめ かごのなかの鳥は いついつ出やる

夜明けの晩に つるつるつっぱいた なべのなべの底抜け  

 

かごめの歌は上記の通りですが、1番も2番の歌詞にも地球の極の南北逆転のような意味が伝わってきます。要するにポールシフトの意味があるのです。

 

私も話の内容がここまで来るといかに知人の話とはいえ衝撃かつ流石に半信半疑なのですが、日本人に広く親しまれている『かごめかごめ』歌の「うしろの正面だあれ」の意味は、惑星ヤハウェと言われている惑星のことではないかという見解もあります。

 

かごめ歌の遊びの真の目的は籠に入った鬼の周りを多くの人たちが回ることで天体の流れを伝えるものだったいうことです。

 

この歌は日本人の祖先の霊が以前のポールシフトのおぞましい記憶を現代の人々にに伝えるものだったのです。さらに「夜明けの晩に」というつまりは皆既日食が起こったという意味があるとも言われている。

 

現代の科学技術では惑星ヤハウェが存在は軌道の面を調べてもありえないとされていますが、この世界に属しながらも別の次元の物理的属性に従い、太陽プラズマなどの影響も受けているため普段は見ることができていないというのです。

 

この惑星ヤハウェに対して干渉している太陽プラズマが歌詞に出てくる「かご」を指し、惑星ヤハウェ自体が「かごの中の鳥」であると言われています。

 

第三次世界大戦が起こる!?アルバート・パイクの未来計画とは?

アルバート・パイクは弁護士であり軍人であり、作家としても活躍する人物だった。

 

アルバート・パイクは1857年に秘密結社であるイルミナティの最高幹部になった。つまり、彼は最高位である33階級の頂点に立ったのだ。彼はKKK団という組織をつくり、人々から「黒い教皇」と呼ばれるようになった。

 

1871年にアルバート・パイクはイタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに宛てて、これから起こるであろう未来計画を記した手紙を送った。

 

手紙の内容は世界を統一するために今後起こるであろう合計三回の世界大戦が必要であるというもので
1回目はの対戦はロシアを倒すため、2回目はドイツを倒すため、3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、 この争いに戦争に巻き込まれ、戦争を引き起こすという内容だった。

 

特に3回の大戦に関しては、詳しく書かれており以下の文が具体的内容である。

 

第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティの エージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。

 

さらに、 ロシアはイルミナティの目的を、世界に促進させるための“お化け役”として利用されることになるだろうと書かれていた。

 

第二次世界大戦については、「ドイツの国家主義者」と「政治的シオニスト」との間での圧倒的な意見の相違により、起きることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに「イスラエル国家」建設がなされるだろうと書かれていた。

 

第三次世界大戦については、シオニストとアラブ人などの異教徒との間で、イルミナティ・エージェントが引き起こす意見相違によって起こる。さらに、この世界的紛争は拡散がおこり、最終的には、キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられると書かれていた。

 

実際に起こった出来事と照合すると、第一次大戦、第二次大戦は、予言どおりになったが、第三次対戦は現実のものとなるのかが世界中の人々の注目するべき点である。

 

300人委員会の目的は「世界人間牧場計画」

300人委員会は英訳するとCommittee of 300である。この300人委員会とは、1イギリスにある東インド会社を主体にして1727年に設立された組織である。詳しく説明するとこれはイギリスに本部を置く世界政府の最高上層部である謎の組織だ。

 

そして、メンバーは、イギリスの王室の王族を中心にしており、著名な投資家や政治家、科学者、資産家、実業家などの人が所属している。

 

そして現在この組織の頂点にいる人間は、16ヶ国の主権国家のトップである「エリザベス2世」だと言われている。

 

この組織は、秘密結社のイルミナティの考え方に則った悪魔主義的な思想を有しており、活動する目的は、全世界の国々を支配下に置くことでわずかな人数の支配者とその他の搾取されるだけの底辺の家畜のような多くの人間たちよる完璧な主従関係だけが存在する社会を構築することなのだ。

 

この悪魔的な計画の名前は「世界人間牧場計画」というものである。

 

多くの人物がこの組織の存在について取り上げている。そして、今ではこの組織の存在と計画について書かれた文献が日本語に翻訳されており、それらの書籍はとても容易に手に入れることができるようになっている。

 

この陰謀を知っても、なんとかしようと行動できる人間は少ない。

 

アポロ計画、有人ロケットを打ち上げないのは巨額の費用がかかるから

日本のアーティストであるポルノグラフィティのアポロという曲をご存知だろうか。

 

この曲の題材は1969年にアメリカのアポロ11号が月に着陸し、人類は初めて月面を歩いたという偉業をモチーフにしたものだ。

 

しかし、月のへの打ち上げは3年後のアポロ17号の打ち上げ以降は有人のロケット打ち上げをしていない。有人ロケットが打ち上げられないことに疑問を持たないだろうか?

 

その理由は一説によると実に巨額の費用がかかるからであり、行く明確な理由がなかったからだという。

 

月面に人類を踏み入れるためだけの事業に、約50万人もの人の力が加わっていたという。アメリカはそれだけこの偉業を成し遂げたかったわけだ。

 

では、なぜもう一度月に行くことが行けないのかというとアメリカにはお金がもうないからである。実際に検証してみるとその理由がよく分かる。1960年代、アメリカがアポロに使った金は当時1ドルが360円だった時代に250億ドルもかかったのだ。日本円で換算すると9兆円にものぼるという。今考えるととても払える額ではない。

 

そもそも、アポロ11号が月に行っていないのではと考える人も少なくない。なんとアポロの写真には星が写っておらず、噴射できふクレーターが無いのだ。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.