独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

ユタは霊媒師や占い師の一種。沖縄地方のシャーマンで強い霊感の持ち主

投稿日:

霊媒師や占い師の一種で、沖縄地方のシャーマンの事。一見胡散臭く感じる人も多いと思います。

 

私の地元沖縄でも、「ユタ?あんなのも信じる人未だにいるのか?馬鹿げている!!」という方も多いです。こういった印象があることには、理由があります。

 

それは、お金欲しさに、未来が見えるなどといって、その人の未来を透視してデタラメなアドバイスする。そしてお金をもらうそれだけならまだいい‥

 

これを継続的に、私のところに来なさい。とお金を搾取しようと考える人もいる事がこういった理由につながっている。

 

しかし、一方では家族に隠しながらユタに相談する人も沖縄では多い事も事実。一般人から有名人などもユタに見てもらう事を望む理由は、沖縄には本物の力をもったユタがいる事を証明している。

 

原因不明な病で、いくつもの病院を回っても解決できない。そんな時にユタに相談しに行く事もある。医者よりユタを信じている人もいる。実際に私自身の親戚にも左膝のリウマチ(関節の炎症や変形)で医者ではなくユタにかかっている人がいる。これは、私自身の親戚の話です。

 

このように、表ではユタを信じていないと装っても、裏でユタとつながっているという事は沖縄では今現在も普通にある話です。

 

沖縄の人なら、1度や2度はユタにみてもらった経験があると思います。それほど身近な存在でもあります。

 

日々修行のユタ。心霊スポットで行うのは強い霊感があるから?

ユタは、日々修行をしている。

 

どういった修行?と言われたら、沖縄が地元の私でも正直わからない。しかし、ユタが修行をしているところを見た事がある。私だけじゃなく、周りの友人、親戚なども見ている。

 

その修行はどこでやっていたのか?という話になるが、意外かもしれない。それは、心霊スポットで知られている場所だ。

 

罰当たりかもしれないが、ふざけて心霊スポットに遊びに行った時のこと。暗闇の中、明かりを片手にもって、薄気味悪い雰囲気の茂みを進んでいた。茂みを抜けたところで、私は奥に何かいる?と感じました。

 

明かりを照らし、目を凝らすとうっすら白い物体が見える。この時『見てしまった‥』と恐怖でその場から動けない状況でした。すると、『ぬーがっ』と大きめな声で私たちに向かって言ってくる

 

『???』一瞬何が何だかわからない、しかし、すぐに気づいた。あれは、人だと。『ぬーがっ』という言葉は、沖縄の方言で『何している』というニュアンスの意味である。

 

前々からユタが修行している事は聞いていたが、この目で見るのは、初めてなので驚いた。白い羽織ものをしていた気がする。なんせその場から、走って逃げたので記憶が曖昧だ。

 

しかし、ユタが修行している事がわかった。霊が集まるところで何をしているのかはわからないが‥

 

ユタになる人は選ばれし者。強い霊感と使命感があってユタに

ユタはどういう人がなるのか?

 

ポイントは、1つです。霊感がある人がなります。生まれ持って霊感がある人、または、生まれて生きていて、途中で霊感を授かった人の2種類です。もちろん霊感があれば誰でもユタになれるのか?というと、そうではないです。

 

強い霊感があって、『ユタになるために、私は存在する』という使命感があってユタになる。これは、一見自分自身でユタになる。と決めていそうですが、そうではありません。

 

ユタになる運命に導かれてそうなっています。ユタになる人は選ばれし者なのです。小さい頃から病弱で、霊感が強い。こういった人がユタになりやすいとも言われています。

 

実際にユタになっても、その人自身幸せな生活がおれずに、波乱万丈な人生だと言います。

 

ユタは、女性が大半を占めています。結婚しても、離婚したりする事が多いそうです。私自身もユは、女性しか見た事がありません。霊が集まるところで修行して、さらなる力を手に入れる代わりに、不幸も引き寄せてしまうのではないのか?と思います。

 

また、霊感が強いユタに、さらに霊感が強いユタが集まると言いますが、これも同じ波動を持った者同士が引き寄せられていると思います。

 

こうしてまで、ユタになるのか?という疑問があると思いますが、運命で決まっているので、その疑問自体ないようなものです。私たちの悩みや苦しみを解放する力を日々修行しているユタ。

 

私は、尊敬しています。

 

ユタの力は強い霊感。力を持たずにユタを名乗る人も

ユタの力=霊感の強さ。見えるものが違う。しかし、こういった力を持たずにユタを名乗っている人がいる事は事実。

 

今回、私自身がユタの方と会ってみて実際に思ったことを書きます

 

冒頭にも述べましたが、足の悪い親戚がいます。リウマチ(関節の炎症や変形)を患っています。歩くのがやっとで日常生活では、一人で階段の上り下りができない。トイレに一人で行けない。このレベルです。

 

病院に行っても、対処できない(治すことができない)ので、途方に暮れていました。

 

そこに、ユタだと名乗る女性が私ならその病気は治せる、といい寄ってきました。それからユタとの付き合いがはじまりました。その親戚は、病院には行かずにユタの元に通いつめました。

 

親戚が住んでいるところからお世話になっているユタがいるところまで、車で1時間かかります。

 

私自身ことあるごとに、ユタのところまで連れて行ってくれ。と頼まれる事も多くなりました。一緒について行くと、リウマチを患っている膝を手のひらで、1時間くらいさする。

 

『はいっ!これで大丈夫!』と真剣な顔。そして、ありがとうございます。と親戚が財布から1万円を取り出して、ユタの方に渡していた。もちろんこの時の私の気持ちは、ほんとかよ???という疑問でいっぱいでした。

 

現在もユタの元に通いつめている親戚の足が良くなる事は今のところない‥しかも、ユタの方から今日来なさい。という連絡が来る‥そして、足が悪い親戚は車を運転できる人を探して頼む。この繰り返しが毎日を占めている。

 

本当にこのままでいいのか?という疑問があるが、親戚の気持ちもわかる。病院で治す事は困難だ!と言われたところに私なら治せる!という人が現れたら希望の光に見えてしまうでしょう。なので、何も言えない私がいます。

 

ここまで読んで、ユタはやっぱり嘘っぱちだ!!と思う方にユタに私自身が実際にみてもらった時のお話をします。

 

強い霊感のお陰!?ユタに左足をさすられた。バイク事故で左足を打撲

私は、今から2年前バイク事故をおこしました。その時左足を、全治2週間の打撲をおいました。

 

この時思い出したことがありました。事故の半年前に、沖縄本島北部の名護という地域にいるユタに、今後の私が歩むべき道をしるために会いに行きました。ここでは具体的言えませんが、今後の進むべき道を教えていただきました。

 

話が終わって、帰ろうとした時、ユタが『左足をさすってきました』その時は、なんだ?と思い、どうしました?と聞くと悪いのがついているからね。と言ったことを思い出しました。実話です。

 

今思い出しても鳥肌がたちます。信じるか信じないかは人次第ですが、この出来事があってから私は、本当に力をもっているユタはいる!!と確信しています。

 

沖縄県以外からユタの存在は、あまり知られていないかもしれません。

 

知っていても、嘘をついているあやしい。と思う方がほぼだと思います。しかし、沖縄県民(全てだとは言いません)の身近な存在で頼れるモノ。それがユタなのです。

 

ユタに成るべくしてユタに成る運命。一般人の私たちでは、想像もできない霊的パワーがある。

 

パソコンやスマホまたは、科学の進歩が著しい今の時代でもユタを求めている人がいると言う事は、霊的パワーが存在するという、まぎれもない真実ではないのだろうか?

 

不思議な事がこの世に存在している。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.