独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

バイエル社がモンサント社を買収。強い農薬開発、耐性遺伝子組み換え作物の増加!?

投稿日:

現在、髪を染めるにあたり主流の方法としては、ヘアダイ(酸化染毛剤)、ヘアブリーチ(脱色剤)、ヘアマニキュア(酸化染毛剤)の三種類があります。

 

美容院・理髪店で行われる毛染の80%がヘアダイ使用だそうです。ヘアダイではまず発色剤を髪の毛に染み込ませ、次に酸化剤を染み込ませる。そうすると髪の内部で発色剤が酸化され、好みの色に染まります。

 

髪は表面の皮質だけ染めてもダメで、毛髪中心の髄質まで染めないとまだらになるとの事です。だから、薬品は髪の奥まで浸透させる為に、界面活性剤(水と油を混ざりやすくする液)を使います。

 

ヘアダイでどんなに薬品が皮膚にかからないようにしても、一滴もかからないなどはあり得ません。この界面活性剤によって頭皮を覆っている脂が排除され、毒物が皮膚から体内に浸透してしまうのです。

 

初期症状としてはかぶれ、かゆみ、湿疹が起きます。更に、長年ヘアダイの使用を続ければ、フェノール系やアミン系の発ガン物質が全身を駆け巡る事になるのです。

 

毒は肝臓を痛めつけ、ガン細胞を発生させていくのです。他にも、シャンプー、リンス、パーマ液、化粧品なども、毒性の疑われる科学物質で成り立っています。

 

理容美容業界に従事すら人ほど、癌や皮膚病、内臓疾患が多いという指摘もあります。つまり、客にとっても店員にとっても毒なのです。

 

シャンプー、リンス、それに毛染剤は下水に流れて、やがて海に到達し、汚染を広げていきます。これも恐ろしい話です。茶髪や白髪染め、朝シャンなどはマスコミを使って仕組まれていったのです。

 

元締めは電通で、電通の背後にはユダヤ資本があります。末端の理容・美容院を儲けさせ、メディアや広告代理店を儲けさせ、更にそれらの株で儲けた外国人投資家もいるでしょう。

 

日本人に茶髪を流行らせれば、日本人は皆バカになっていくし、女性は子供が産めない体になっていきます。それがユダヤの狙いではないかと考えます。

 

バイエル社に買収、モンサント社の名は消え、より凶悪化!?

最悪の環境破壊企業の代名詞になってしまったモンサント社。

 

ドイツのバイエル社がその米国のモンサント社を買収しました。バイエル社は年商4兆円を超える医療品と農業科学薬品の世界的な巨大企業です。

 

モンサント社はアグリビジネスの会社の大手で、代表的農薬には、すでに悪名高いラウンドアップがあります。加えて、自社の遺伝子組み換え作物はラウンドアップで枯れないので、毒薬も遺伝子組み換え作物もセットで売れるのです。

 

現在、ラウンドアップの特許による独占販売期限が切れて、別の製品名で70社以上が生産しています。これにより、雑草だけでなく大地も植物も、そして人も毒薬が体内に入ってしまうようになりました。

 

バイエル社に買収される事により、悪名高いモンサント社の名称は消え、内容はより凶悪化する可能性があります。最近の毒性の強い農薬開発と、農薬に耐性のある遺伝子組み換え作物の増加。

 

米国では、約80%の食べ物に遺伝子組み換え作物が入っています。そして、日本も同様に遺伝子組み換え作物天国になってしまっています。

 

 

保護児童一人に1ヶ月35万円の報酬が。児童相談所の拉致・誘拐

変わらず日本では、児童相談所による拉致・誘拐が続いています。小学校教員や病院の小児科医師や看護婦、民生委員らが勝手に児相に通報したら、即、拉致られてしまうのです。

 

児相と家裁が結託しているので、一度虐待認定されると、保護された子供がどんなに望んでも家庭に戻る事は難しく、最悪18歳まで施設に入れたままにされます。

 

親子が引き離され、苦しんでいる家族がたくさんいます。

 

スーパーなどで買い物中の親子がいて、子供がちょっと悪さをした時、親が子供を叱りつけて叩いたり、引っ張ったりすると、これは虐待とみなされてしまいます。店員や他の客から警察に通報されると、あっという間に親子引き離され、苦界に叩きこまれます。

 

お母さんが新生児定期検診に赤ちゃんを病院に連れて行くと、医師や看護婦が待ち構えていて、この赤ちゃんは低体重だから、虐待されているかも知れないと疑われただけで、或いは気に入らない母親への意趣返しとして虐待をでっち上げ、親から赤ちゃんを引き離してしまうケースもあるそうです。

 

病院へ赤ちゃんを連れて行く事自体が危険な状況になっていると言えます。

 

児童相談所は子供をたくさん保護するほど実績が上がり、収容した施設は大きな収益を確保する事が出来ます。保護児童一人につき、1ヶ月あたり35万円の報酬が与えられます。もちろん、税金から支出されます。

 

多額の予算も児童相談所に配られます。予算を消化する為、また来年以降も予算をつけてもらう為に、児童相談所は子供を拉致監禁しているのです。

 

 

悪魔崇拝?ウォルトディズニーはスコティッシュライトの33位階のフリーメーソン

ウォルトディズニーはスコティッシュライトの「33位階」のフリーメーソンです。ディズニーには「33メンバーズクラブ」という会員制クラブがあります。現在、ディズニー(人、映画、テーマパークなど)が巧妙に構成され調整され、壮大な詐欺を繰り広げています。

 

例えば、映画「ダンボ」についてです。酔ったダンボがピンクの象の夢、というより幻覚を見るシーンはもともと、アルコール飲料や麻薬によって生じる酩酊や幻覚症状の腕曲表現の一つとして、「ピンクの象が見える」と言われる様になっています。

 

ディズニーはこの映画を通して、アルコール飲料や麻薬による幻覚を良いものとして扱い、後のマリファナやLSDなどの麻薬趣向への道をつけたのだと言えます。子象のダンボをダシに使って、差別されたり不遇の身であっても酒や麻薬でいい気分になれば、良いことが起きるぜ、と誘っているのです。

 

ディズニーが悪魔崇拝であり、性的なサブリミナルをアニメのいたる所に埋め込んでいるのは、ネットで調べればすぐお分かり頂けると思います。ディズニー映画は一見すると子供の情操に良いような、愛を教えているかのように思えてしまいますが、そこかしこに悪魔的メッセージが埋め込んであるので、大変危険です。

 

また、ディズニー映画には多くの悪魔が登場します。あくやくは滅ぼされる役回りですが、子供達が悪魔的世界、オカルト的世界になじむ効果はあるでしょう。

 

元来、日本になかった「ハロウィン」という悪魔の行事が、ディズニーランドを中心とした仕掛けで定着してきたのは、嫌な話ですね。

 

善なる主人公に対決する悪役、悪魔を登場させるという手法は、宮崎駿作品にも見られる出口です。宮崎駿氏もフリーメーソンで、それゆえオカルト映画を作ってきたのです。更には、スタジオ・ジブリとディズニーは、製作も業務も提携している姉妹会社です。

 

アスパルテーム(人工甘味料)は、細胞へのホロコースト!?

日本でもお馴染みの「パルスイート」は商品名で、正式にはアスパルテームといいます。アスパルテームは曰く付きの甘味料です。

 

スパルテームは砂糖の200倍の甘さがあり、使用量が砂糖の200分の1で済むことから、ダイエットタイプのコーラや食品などの他、糖尿病患者の治療食品にも利用されています。

 

実験の結果では、アスパルテームを毎日一回投与したマウスと水だけを投与したマウスを比較したところ、形が正常で直進する「元気な」精子の率は、水だけのマウスが平均25%だったのに対して、投与したマウスは16%前後しかなかったとの事です。

 

しかも、動物に影響がないとされる1000分の1で精子の障害が出ているそうです。同じ哺乳類の人間の精子にもごく微量で影響が出そうであると報告されています。

 

アスパルテームは、これまでも消費者団体などが頭痛やめまい、脳腫瘍などの危険性を訴えてきましたが、厚生労働省では「問題ない」と許可してきています。使用基準も設けられていません。アスパルテームは、細胞へのホロコーストだという科学者もいるそうです。

 

アメリカのFDA(食品医薬品局)は、イルミナティの前線機関で、実は人間に有益な物は通さず、こうしたアスパルテームの様な人類を苦しめ、滅亡させるような人工的な食品を許可して広める役割を担っているのです。

 

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.