独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

引き寄せ!?母の言葉が潜在意識に影響。娘は不登校、息子は発達障害、学習障害に

投稿日:

引き寄せの法則について書かせていただきます。

 

私が引き寄せの法則を知ったのは去年の事です。去年高校に入学した娘ですが入学して1ヶ月ほど過ぎた頃、突然学校に行けなくなりました。中学時代も休みや早退も多かったのですが、それでも頑張っていき続けていましたが高校生になり不登校になってしまったのです。

 

理由も分かりません。誰にも言えない悩みを1人で抱えていたのかもしれません。

 

娘も行きたいけれど行けないと言うだけでした。学校のカウンセラーも受けましたが殆ど効果はありませんでした。何とか行けるようになってほしいとネットでいろいろと調べて行く内に引き寄せの法則というものを知りました

 

思考は現実化するという事で娘が制服を着ている姿。楽しく学校に通っている姿をずっと何度も考え思い続けました。しかし学校に行く事が出来ず不登校が続いたまま、数が月が過ぎてしまい担任から「もう出席日数が危ない」と言われ悩んだ結果、通信高校へと転校する事を決めました。その日は娘は泣き私も隠れてずっと泣いていました。

 

結果的に願いを引き寄せる事が出来ませんでした。

 

やはり引き寄せの法則なんて無いのではないか、嘘ではないか?と疑う事しか出来ませんでした。

 

引き寄せの法則に大きく影響するのは潜在意識

しかしその引き寄せに大きく関係している潜在意識という存在を知りました。

 

普段意識している顕在意識が1割に対して潜在意識という無意識と言える潜在意識は9割もあり人の考えや行動に大きく関わっているのだと知りました。

 

そしてよく思い出してみると願いを必死に考えて思っていました、が、心の奥底では「でも無理なんだろうな」とか「そんなに思っただけで願いが叶う筈がない」と否定的な考えがあったのかかもしれないと気付いたのです

 

口では「出来る」と言いながらも心の奥底では否定してしまっている。思えば私にはそういう悪い癖があったのだと気付きました。

 

この潜在意識の事に興味を持ち、いろいろ調べたりしていく内に私は何年かぶりのワクワク感を感じるようになりました。

 

この年になって興味を持ち始めた事に楽しさで一杯だったのです。

 

潜在意識は変化を嫌い新しい自分に変わろうとしているのを邪魔してくる。ダイエットしようとしてもつい食べてしまう「ダイエットは明日から」とか言ってしまうのも。学生時代テスト勉強しようとしても普段は気にもしないのに部屋の散らかりが気になってしまい掃除を始めてしまう。

 

それらは変化を邪魔して止めようとしている潜在意識が関係しているのだと知りました。

 

引き寄せ?場面緘黙症で母を困らせた罪悪感が潜在意識に

思えば私も引き寄せをしてしまっていたのかもしれません。

 

私の事ですが幼稚園から小学3年ぐらいまで家では話せるのに学校では一言も話せない子供でした。
場面緘黙症でした。

 

現在では多少は話せるようにはなりましたが、やはり人と話すのは苦手でコミュニケーションも上手く出来ずに高校を卒業してから友達という人は1人も出来ない状態です。

 

高校、中学の子供がいますがママ友と呼べる人が1人も出来ていません。せいぜい挨拶ぐらいなのです。そして私が子供だった頃、親には多いに迷惑を掛け困らせ悩ませ苦しめさせて来ました。今でも罪悪感で一杯です。

 

親は相当苦しんでいたのだと思います。私に言いました。「あんたは親をこんなに困らせている、だからあんたも自分の子供で絶対に苦労する」と。そう言われて私は納得して、そして覚悟していたのかもしれません

 

「私は親を苦しめた分、自分の子供に苦しめられる」のだと。心の奥底にずっとそういう考えがあったのだと思います。それが今は現実化されてしまっているのかもしれません。

 

娘は不登校。息子は発達障害、学習障害。周りの家庭に比べると大変な部分があります。それでも私達、夫婦の元に産まれて来てくれた子供達です。可愛くて仕方のない子供達なのです。

 

ワクワクが潜在意識に?引き寄せノートで願望が

そして良い事も引き寄せていた事もあります。

 

20年程前の事だったと思いますが一冊のノートに願望を書いていた事がありました。どうしてノートに書いていたのかは忘れてしまいましたが、それが結果的に引き寄せのノートになっていたのかもしれません。

 

そのノートには「子供のいる生活」、「持ち家で住んでいる」、この2つを書いていました。

 

当時結婚して5年以上子供が出来ず、このまま子供が出来ないのではないかと不安を抱えていました。なので私達夫婦に子供が出来るのは奇跡的な事だと考えていました

 

でも結果的には2人の子供に恵まれる事が出来ました。そして持ち家ですが、これも家賃を支払うだけで精一杯なのに住宅を買う、ローンを組むなど不可能に近いと考えていました。でも安くて小さいですが現在は持ち家に住んでいます。

 

結果的に無理だと思っていた2つの願いが叶っていました。無理だと思っていたのにどうしてだろう?と考えていました。

 

そして1つ言えるとすれば無理とは思っていましたが、それが叶った時の自分の姿を想像しては楽しかったりワクワクとしていました。想像するだけなら自由、ワクワクするのも誰にも迷惑を掛けない、そういう思いがあったのだと思います。

 

引き寄せには楽しんだりワクワクする事が実は大切なのではないのかな、と今では思っています。

 

引き寄せ、潜在意識を調べてアフィリエイトに巡り着いた

悩みや苦しみを抱えてはいますが、私は何事にも意味があるし無駄な事は無いと信じています。

 

実際、引き寄せの法則、潜在意識を調べていく内にアフィリエイトという物に辿り着きました。悩みが無ければ、ここまで辿り着かなかったと思っています。

 

そしてアフィリエイトで成功させたい。今よりも収入を得たい。

 

発達障害である息子は将来、高卒、大卒の人に比べて収入は低くなると思います。普通の会社に勤務するのも難しいのかもしれません。

 

男の子なので将来結婚などすれば家庭を支えなければならないのかもしれません。それならば別の形で収入を得られる力を与えてあげたいのだとずっと考えていました。それを叶えてくれるのがアフィリエイトではないかと思っています。

 

悩みがあってこそ気付いたアフィリエイトという収入の形。その為の悩みや苦しみだったのではないかと思ってます。

 

そして松田様に出逢う事が出来ました。ここで出逢えたのも私にとっては最適な時期だったのだと思います。

 

そして何よりも嬉しかったのが松田様がアフィリエイトを学習障害のある人達の収入、生計を立てられるようになってほしいという事を目にした事です。

 

私と同じ思い、私の思いを理解してくれる人に出逢えた気がして、今はとても嬉しく感じています。私にとっての1番の引き寄せは、今。松田様だったのかもしれません。

 

ありがとうございました。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.