独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

ソルフェジオ周波数は奇跡の周波数!?528HzはDNAを修復する作用が

投稿日:

ただ生活しているだけでも圧迫感に満ちたストレスがたまる世の中、気づけば心も体も疲弊していてズシリと重く息苦しく感じる日々

 

そんな状況をなんとかしたいと四苦八苦していました。そんななかで見つけた松田さんのYouTube動画。

 

生きづらく煩わしい社会通念から離れ、たった一人で生計を立てる知恵を身につける、そのメッセージにこれからの人生の希望を見つけました。

 

常々松田さんが語られている「努力せずにラク~にラク~に考えストレスを抱えずに閃きを使って富を得る」という考えのアドバイス

 

そんな理想な生き方にも通ずる不思議なエネルギーのことを知ったので、みなさんにもシェアさせて頂こう思います。

普段耳にする音楽は人間を良くない方向へ導く周波数が基準!?

今回お伝えする内容は密かに注目を集めている不思議な「周波数」についてです。

 

周波数というワードを聞くとスマートフォンやラジオ放送、アマチュア無線など、電波の周波数を思いうかべる方も多いことでしょう

 

近頃は、音の周波数も注目されていて、身体の癒やしを促進する周波数に注目が集まっています。

 

ただ、身体に良い善なる周波数もあれば逆に陰謀論で噂に挙がるよな悪の周波数もあるようです。目に見はえないものの、周波数というものは我々に何かしらの大きな影響力をもっているようなのです。

 

陰謀論にも登場する周波数

 

悲しいことに、みなさんが普段耳にする音楽は人間を良くない方向へ導き悪影響を与えてしまうと言われる周波数が基準音に設定されているというのが現実なのだそうです。

 

世界を牛耳ろうとする莫大な富を持つ勢力がその周波数を基準音と決めてしまったというのです。そして、それを知り勢力に反発するようなミュージシャンなどは暗に消されてしまうという噂も出ています。

 

ただ、今日はもっとポジティブでメリットのある内容、人間に良い影響を与える善なる周波数音のことを紹介していきます。

 

奇跡の周波数

 

楽に努力せずにリラックスし閃きを得る方法?そんな希望が叶うかもしれない。聴くだけで不思議なエネルギーが得られる奇跡の周波数があるんです!

 

528Hz奇跡の周波数。DNAを修復する作用が(ソルフェジオ周波数)

目では見ることができない周波数も、私たちに影響を与える力をもっているようです。

 

注目が集まる528Hz。34歳という若さで天国へ旅立った市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんも528Hzの周波数の音楽を聴きながら病気と戦っていたことが知られています。

 

528HzはDNAを修復する作用がある周波数と考えられ、ソルフェジオ周波数と呼称され、ヒーリング世界で注目を集めす。

 

ソルフェジオ周波数は古代音階と呼ばれ、528Hzの他にも、174Hz、285Hz、396Hz、417Hz、639Hz、741Hz,852Hz、936Hzが存在します。これらはローマ・カトリック協会で歌われてきたグレゴリオ聖歌に含まれている周波数だそうです。

 

これらの周波数は、、神秘的なパワーを秘めた奇跡の音であると考えられています。

 

例として、396Hzは罪の意識や恐怖から開放される、852Hzは直感力をかくせいさせる、936Hzは宇宙の意識とつながることができるなど、一つ一つに様々な効果が語られています。

 

埼玉医科大学教授の和合治久さんは音楽療法を研究していて、528Hzには、いまのところ科学的な根拠になる確かな証はないとしつつも、この周波数を聴いた多くの人が調子の良さを実感じている、というこれまでのデータに注目しています。

 

DNAを改変させてしまったり、破損の原因になるというストレスは、ガンや神経疾患など病気の要因の一つだと考えられています。

 

高ぶった自律神経を副交感神経優位の穏やかな状態にするという528Hzのヒーリング効果は心をリラックスさせて、それらの治療に有益だと考えられています。

 

そのうえ、528HzはDNA自体の修復もしてしまうという説もでてきているのです。それは、身体が持つ自然治癒力のパワーをストレス解消することで高めることができるからだといいます。

 

こういったヒーリング作用を望んで、闘病中の小林麻央さんは528Hzの音楽を聴いていたのだと思われます。

 

また、ヨガなどでは身体の中枢を指す表現にチャクラという考えがありますが、528Hzはその第三のチャクラを呼び起こさせると考えらられていて、思想への変換、奇跡をもたらす、細胞の回復などのパワーを受け取れると言われています。

 

第三のチャクラの系統は消化器・筋肉などと結びつきますが、とりわけ胃、膵臓、肝臓などの内臓とみぞおちの辺りに位置する自律神経の中枢部(第二の脳とも呼ばれる)の範囲で、エネルギーとの関係性が強くなると考えられています。

 

マントラ、432Hz(ソルフェジオ周波数)には医学的効果が!? 

身体と周波数の関係性の分析というのは、天才物理学者、アルベルト・アインシュタインも実施していたらしく、科学の世界では長い間に渡り研究されてきました。

 

ハーバード大学医学部心身医学研究所を設立したハーバートベンソンは、マントラの詠唱に、肉体に弛緩反応を加えることがありうると考え、この関係性の分析に力を入れています。

 

医学的には、弛緩反応は筋肉の緊張、頭痛などを緩和させたり、胃のむかつきや過敏性腸症候群の症状を良くする有効だとされてているので、ハーバートベンソンの説が有力ならば、マントラの医学効果が解明されるといえるのです。

 

呪文などにより病が快方に向かうという言い伝えは、だいたいが思い込みで生じるものだとされてきましたが、実際に効果が証明されたなら、伝統医療や民間療法の信頼性を向上させる大きなインパクトをもったニュースになるでしょう。

 

一方で、神経科学者、@@@@@はマントラは腫瘍を減少させたり不眠症を好転させるのに有効であると言います。

 

マントラを唱えることによって脳内に酸素を行き渡らせることが可能で、この為に心拍数安定、血行促進、脳波の安定というような作用を測定できたということです。

 

その上、右脳と左脳の両方を利用する全脳シンクロといった、理想的に脳が利用されているケースも確認されているそうです。

これを継続的に証明できるなら、脳科学の分野でまったく新しい発見となるはずです。

そして、マントラを自分自身で唱えなくても、等しい周波数の音を聞くだけで、それなりの効果を受け取ることができると@@@@@は言及していて、その周波数がまさにに432Hzなのです。

 

不思議なことに、この音は宇宙の規則性を順守しているので、時間と空間、物質と重力というようなハーモニーを維持し、DNAのコードとも強く関係しているといいます。

 

この周波数が奇跡の音と称され密かに話題になるのも納得できます

 

奇跡の周波数、528Hz432HzYouTubeCD

「凄そうな周波数の音があることは分かったけれど、普段聴いてる音の周波数なんて調べる方法は分からないし知らいない!どうやって善の周波数を聴けばいいんだ!?」とお思いになりましたか?

 

でも、この奇跡の周波数と呼ばれる音を体験する方法はとても簡単です。

 

528Hzや432Hzの音が収録された音楽はYouTubeにアップされていたり、CDとして発売もされているんです。ですから、もし興味を持っていただけたならササッと検索して聴いてみてください。

 

私も聴いてみたところ独特なリラックス効果を感じました。今では就寝前や朝の起床時に布団のなかで聴くのが習慣化されています。

 

ただ聴くのみでもマントラのエネルギーのメリットを受け取ることができる周波数432Hzは、苦行に耐え忍んでマントラを唱えてきた修行僧にはあいにくですが、我々のような一般人においては幸運なプレゼントと言えるのではないでしょうか。

 

今回の内容が少しでもみなさんのお役に立てたなら幸いです。

このような機会を与えてくださった松田様に感謝します。ありがとうございます。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.