独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

広島、長崎原爆は自作自演。戦艦大和は原爆製造の証拠隠ぺいで自爆する設計に

投稿日:

木内鶴彦氏を月刊誌「ムー」で私は、しりました。「臨死体験」「アストラルトラベル」により時空を移動して過去や未来のあらゆるところへ旅をした内容の一部を紹介したいと思います。

 

もと航空自衛隊で航空管制官として40年近く働いていた木内鶴彦氏 22歳のある日、突然、上腸間膜動脈性十二指腸閉塞という奇病で倒れてしまい72キロあった体重が、発症の翌日には42キロまで落ち、脱水症状に襲われ、あまりの体力低下に精密検査もできない状態に、医師は「もって1週間」という非情な宣告をしました。事実、その言葉どおり、1週間後には完全に心肺機能が停止し、木内氏は「死んで」しまったのだ。

 

ところが木内鶴彦氏は、それから30分後に蘇生する。臨死体験と死後蘇生は似て異なるものと言っています。

 

その後、木内鶴彦氏は2009年に中国で、2度目と3度目の臨死体験を経験している。木内鶴彦氏によれば、臨死体験にはその「深さ」によって、第1次臨死体験と第2次臨死体験の2種類があるというのである。

 

第1次臨死体験は、脳が低酸素状態になったために見る夢、一種の幻覚作用であり、花畑だとか、真っ暗なトンネルだとか、三途の川の手前で立ち止まったとかいう体験。

 

第2次臨死体験は、完全に心肺が停止し、呼吸も止まり、脳波も観察できなくなった状態で、医学的には完全に「死」んだものと認定される。

 

「死亡」した木内鶴彦氏の意識は、気がつくと肉体を抜けだしていた。痛みもなく、意識はきわめてクリアである。そしてこのとき、不思議なことに気づき、ふと心に思いうかべた人のところに、瞬時に意識が移動していたのだ自分は意識だけの存在になっている。

 

この状態では、どうやら空間を自由に移動できるこ事に気づく「ただし、相手は自分がそこにいることに気づかない」

 

意識は完全に肉体を離れ、時間と空間を超えてさまざまな世界、過去や未来をへも行けるかもしれないと思い。こうして木内鶴彦氏は、意識は完全に肉体を離れ、時間と空間を超えてさまざまな世界、過去や未来を体験できるのだという。参考月刊ムー

 

木村氏による月の起源です。

 

1万5000年前には、地球の1日は25時間であったという生命の体内時計が25時間となっていることから納得できる説明だと思います。

 

月誕生の年代は1万5000年前で、月は巨大彗星で結晶化された大量の水や氷がたくわえられていました。巨大彗星は、地球に接近し、太陽の熱で一気に溶かされて大量の水分が、地球の引力に引っ張られて、地球上の水分量は急増し現在の海ができました。

 

そして軽くなった月は軽石のような塊となり、地球の重力に引つ張られて、地球の周りを周回する衛星になったそうです。

 

月の重力によって地軸が傾き、地球の1日は25時間から24時間になり、地球の3分の2は海になり、地球の重力も変化しました。また地上の多くは海の中に沈み、高度な文明も減びてしまいました

 

ノア箱舟の大洪水などの伝承が残っているのも月の影響による洪水が物語として伝えられいるのでは、ないかと思っています。

 

木村氏が見た1万5000年前の人間の身長は、男性が3㎜位の身長で、女性は2㎜50cmm位の身長との内容でした。

 

2008年の東北の震度6の大地震の時、上空からヘリコプターがリアルタイムで現場を撮影していた時、その映像を放映中、地震で崩落した崖の土砂の中に「巨人の骨の化石」が偶然にも映っていました。

 

その直後しばらくして現場ではブルーシートが掛けられ、その後のニュース映像では「巨人の骨の化石」が映像から消去されました。

 

木内鶴彦氏の話は壮大な夢があって私はすきです。

 

 

日本の人工地震説は、地震を偽装した新型核兵器の実験と実践か?

@@@@@株式会社 

 

地球温暖化対策の一環で工場や発電所などから発生するCO2をに分離・回収し、液化したCO2を地下1,000m以上深くすき間の多い砂岩などに「貯留層」に貯留する「炭素回収貯留」技術

 

石田地震科学研究所「石田昭氏」 CO2地中封入が地震を誘発すると警鐘をしています。

 

地下に不用意に高い圧力を掛けて、液体やその他を圧入することは、解離ガスを不安定化させ、爆発し、地震を引き起こす元になる危険があるということ。

 

北海道***@@@、@@@@@株式会社のホームページから、

 

2018年9月6日(木)午前3時8分、胆振地方中東部を震源とする地震が起こりましたが、CCS実証試験の全設備には異常がないことを確認致しました。 なお、地層への二酸化炭素の圧入については、9月1日(土)より、供給元の都合により停止しています。

 

タイミングが良すぎる感じがします。

 

最初のCCS実験は2003年新潟県長岡市で封入実験。2004年10月23日、新潟県中越地震「震度7」が起きています。CCS実験終了2年後に2007年7月16日、新潟県中越沖地震「震度6」が起きています。

 

北海道地震は人工地震説がネット上で流れています。

 

ロシア国防省:イゴーリ・トカレフ大佐が日本は地震を偽装した核実験を止めろとメディアで発言をしています。

 

もしかして日本で発生している地震「人工地震説」は、地震を偽装した新型核兵器の実験と実践なのでは、ないかと思っています。

 

 

原爆特許は天皇財閥が。広島、長崎原爆も日米の自作自演!?

原爆特許の根幹部分を天皇財閥が握っている

 

日本窒素肥料(チッソ株式会社)が、原爆の開発に世界で初めて成功していました。

 

原爆製造の特許権は日本の天皇財閥がもっていて、欧米で原子爆弾(核兵器)を作れば、天皇財閥が儲かる構図が、終戦前に日米で秘密裏に決まっていました。

 

戦艦大和は建造当初から、原爆製造の証拠隠ぺいのため、自爆する設計されていた。 そのような計画の下、建造後は活躍の場を与えず、終戦近くなって御用済みにした。

 

胴体を真っ二つにしたほどの爆破は、何十発も受けた砲弾ではなく原爆を使い自爆させてた。一度にしかも6000メートル付近まで噴煙が上がっている写真が残っています。

 

この威力を見届けた日米上層部は、広島と長崎にシナリオ通りに原爆を爆破させた。

 

9.11同時多発テロテロと同じように、広島、長崎原爆も日米の自作自演で、始めから負ける筋書きの戦争をシナリオ通りに進め、天皇一族と世界の支配層たちは、国民をただの金儲けの道具に使いました。

 

しかも、天皇は海外から大量の兵器・武器・弾薬を仕入れ、全て日本軍部に買わせて、莫大な富を築いたという疑惑まであります。

 

終戦間近、スイスに莫大な資産や金銀財宝、お金などえを極秘に移したしていました。

 

政府機関を会社に。ユダヤ国際金融資本株主に配当するため?

環太平洋パートナーシップ協定「TPP」は一部の超富裕層や多国籍企業だけが儲かる自由貿易。大企業のための売国政策が、「水道民営化」「種子法廃止」「働き方改革」農水省は種や苗の「自家増殖」を原則禁止する方向で検討中です。

 

米国証券取引委員(SEC)サイトで、日本政府と思っていたものは、私企業が持つべき番号を有しており「会社」として登録されています。

 

一番古いと思われるデータは2003年に郵政民営化した「日本郵便株式会社」

 

日本政府、政府機関、公共機関、各省庁、都道府県、最高裁、公安、警察庁、東京大学、県立の施設、
高校、養護学校まで、民営化とは、日本政府をはじめとする政府機関を片端から「会社」にすること。

 

オーストラリア連邦政府も米国証券取引委員会のサイトで「会社」として登録されていました。

 

ABN(オーストラリアのビジネス・ナンバー)私企業が持つべき番号を有しており今はABNのリストからは出てこないようにしてしまったのか隠ぺいされているので、出てきません。

 

今回のリサーチでは、株主構成や保有率など具体的な内容は、出てきませんでした。

 

日本政府を「会社」にして、メリットは何なのか。株式会社の目的は、利益を上げて株主に配当すること。

 

では「株主」は誰なのか。

 

株主はスイス銀行の大株主などのユダヤ国際金融資本じゃないかと思います。

 

ジャスティンビーバーがファンの目の前でシェイプシフトした?

レプティリアンは、社会に紛れ込んでいるヒト型爬虫類です。その存在は世界中でささやかれているます。

 

シェイプシフトとは、姿が変わり、変身する瞬間のことをいいます目が爬虫類の目に一瞬変化したり、舌が異様に伸びてしまったり、オデコに異様な筋が浮き出てたりします。

 

その瞬間がテレビや写真で残されたことにより、世間で騒がれるようになりました。

 

今年の3月にオーストラリアのパース空港に到着したとき、多くのファンの目の前でジャスティンビーバーがシェイプシフトでしたそうです。

 

驚いたファンがSNSなどに投稿したことにより地元のメディアか目撃者にその様子をインタビューしました。

 

シェイプシフトした姿を見たファンは、ショックで泣き叫び、女性たちは、トイレにかけ込み、男性たちは、出口へ走ってタクシーで空港から去っていきました。

 

メディアか目撃者から聴いた状況をネット上に投稿しましたが、1時間で削除されたようです。

 

シェイプシフト姿は眼は真っ黒な縦長になり、身長は数フィート伸び体中か鱗に覆われて、鱗に覆われた指から鋭い爪が見えていたと伝えられました。

 

トラウマに陥ったファンは彼のコンサートには、二度と行かないと言ったそうです。

 

ジャスティンビーバーは多くのファンに囲まれテンションが高まりシェイプシフトしたのか人々の意識が高まったことで、4次元の領域が見えるようになったのかは定かです。

 

今回のレプティアンの内容はかなり信憑性の高い話だと思います。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話, 陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.