独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

藤原鎌足は始祖?藤原一族の公務員組織が外国人犯罪を一掃するため朝廷の養護を

投稿日:

藤原鎌足を始祖とするような諸説ある藤原家のはなしがあります

 

実は、藤原家は当時の天皇家の血を引いていて、その頃はまだ公務員か、武官としての職位がありました。要するに、天皇家が親戚を朝廷内部に公務に就かせようと考えた策なのでしょう。

 

ところが、蘇我家という東北系の異国人の荒れた事業に、打開策を打つために、近親で外国人の類を一掃しようと出たのです。

 

つまり、奈良時代前後に始まる藤原の話には諸説あり、奈良以前の朝廷にも、天皇の親戚を集めた公務員職の総称の疑いがあります。その、公務員組織が外国人犯罪を一掃するために、朝廷の養護として、討伐を繰り返すのが狙いだったのです。

 

その総称をフジワラとしたので、それが、平安時代になり、表向きになって藤原家という名目で呼ばれるようになりました。もとは護衛に就くような人たちが官職を得たということで、平安では公務員といえば、フジワラだろうとなったのです。

 

そして、藤原とは総称のことにもなるので、藤原の家紋から分かれが多く産生し、さまざまな名字になりました。

 

ところが、なにか国家に事態があれば、闘う用意があるので、そのときには、フジワラとして退治するか、武具を身に着け武官になったのです。

 

藤原一族は奥州にも存在

藤原一族は、時には、反国家体制を討伐するために、馬に乗って、辺境の地の護衛にあたりました。そのため、藤原家がまとめると、公務組織としてのつながりがあるので、軍資金は切れない、要するに、相手方は長期戦を好まない仕組みができあがっていたのです。

 

そして、なにかの話のついでに、王家の血を継いでいるという噂がでるので、大義名分は藤原一軍のものになります。そして、朝廷が味方であれば、そして幕府組織が味方になっているので、どうしても、相手方は手を下せないのです。

 

鎌倉時代にはそれを踏襲し、征夷大将軍という、討伐軍として日本中を闊歩しました。その前の時代には、平安から藤原家がその官職を帯びて、奥州仙台付近に居を構え、そこでの外国からの侵略と犯罪に備えたのです。

 

奥州藤原は、仏教にも継投することが有り、奥州には今でも、金剛の寺が残っています。つまり、東北地方への教育・啓蒙にも盛んだった訳です。

 

奥州藤原氏は、三代に渡って、栄華を極め、その地の公務員職を組織し、蝦夷地との連携をとって、交易も盛んでした。そして、時には軍事力を駆使して、外国人の侵入を抑止したのです。

 

奥州藤原氏は、その後名字を変えたので、分散して、東北の強さを作り上げました。

 

藤原一族の男児が家紋を告ぐには朝廷・幕府の達しが

藤原一族から、氏族が生まれるという話はよくあったのですが、平安時代の藤原家は衰退の一途をたどりました。つまり公務員汚職です。

 

そして、その系統で引いてくるという、踏襲型の官僚組織にも、次々の改善が必要でした。そのたびに、朝廷から達しがあり、幕府を一層していくことになるのです。

 

藤原家の一族では、その名字に寄って性質が異なることは、普段から噂でした。ですので、同じ将軍の権威の下に居た藤原の子孫でも、役に立たない名字はまったくだめだという、正論とも言える話しがあるのです。

 

藤原一族の男児として、その家紋を告ぐにはと、朝廷・幕府から達しはあるのですが、その教育方法を学び、伝統啓蒙としてしごいている家庭では、優秀な学者や、武術者が誕生しています。

 

ところが、藤原であることを無理に発表し、それで、甘い汁を吸うような官職や、私企業での無理な居残りにより、元藤原家では、たいそうな反感が募っています。

 

そして、藤原家の男児は強烈な武家としての訓練のあるところでは、まず優秀だが。という否定形の用語が、藤原の本家では言われていることになります。

 

男児を育てるのに、どれほどの賄賂をつぎ込むのかで抹消されたのは、反骨の平家です。

 

藤原一族は公務員職

藤原一族というと、その女官たちが、日本文化を華やかにしたという事実があります。つまり、平和な京都にて、その日本文化の始祖を作ったのです。

 

これには、文学として、詩としての、女流世界を築き上げました。そのうえで、日本に学問としての文字の普及が始まり、学校の文化としても、寺以外に増えたのです。

 

ちょうど、国分寺と、国分尼寺がその全国の教育・啓蒙を担当していた、奈良からの踏襲である仏教学問に対抗して、ルネッサンスともいわんばかりの、人間の情景を描いた、多くの作品が、平安の藤原家から生じました。

 

そして、藤原の一族では、公務員職を行って、時には事業を営む輩も居たので、ある程度は、文化は守られたのです。

 

その守られなかったものについては、京都が廃れていく原因だった、不正組織に依る横行が有り、それを取り締まるために、安土桃山時代に、警察警備が大型に施行されました。

 

そのおかげで、江戸にまで突入してくのですが、室町幕府のころには、その残党刈りに忙しかったようです。

 

ちょうど、源氏を踏襲した足利家の一派が、その藤原の名残をついで、質素な生活と、文学・武道を両立する仕組みをつくり、そのおかげで、藤原の残りは家庭での教育を豊かにも、実践したのです。

 

藤原一族には狂言と苦言が必要

 

藤原家においては、その武道としての優秀さも存在していて、若いときからそして大人になってからも、たしなみを覚えるという訓練があります。女子では華道や書道を営み、男子の方であれば、剣術に長けていることは常識でした。

 

藤原家には、市民社会に追放される者もあり、そこでは、芸能に逃れる世界もあったのです。

 

つまり、本家から追放された者が事業を営んで、成功を収める者もいました。ただし、その藤原の女性を娶るめとらないで、余談を許さない状況はいつでも続いていたので、それが平家一門のやり方か、若しくは、藤原の失策と醜態の原因となってきたのは言うまでもありません。

 

ところは違いますが、朝廷の方では、それを厳しく監視していますので、その藤原をどのように守っていくかは、王家の責任でもあるのです。

 

そして、その藤原家の仕事には、公務員職を半数ほど与えておいて、文学や武術をやらせると同時に、芸能を鑑賞したり、踊りを覚えることを常とする達しも来ます。

 

これは、狂言の仕組みが有り、笑いと同時に文学を楽しむこと、歴史を重んじることを銘としています。ときには、お上からの苦言も多く、苦言を藤原一族がきちんと聞いていれば、なにも問題はないのでしょう。

■小見出し1(フリー15): 藤原一族の発祥
■小見出し2(フリー16): 
■小見出し3(フリー17): 
■小見出し4(フリー18): 
■小見出し5(フリー19): 
■これから書くメインテーマのタイトル(フリー20): 藤原一族の全体像

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.