独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

不正選挙は国に都合の良い人間を作るため。即座に当確がでるのか理解できない

投稿日:

この何年かくらい前から私は世の中のことに疑問を持ち真実を知ろうとするような人たちとの関わりがありました。今は多く関わっていないのですが、当時から選挙の時期になると、不正選挙に関するツイートなども多く見てきました。

 

私はもちろん選挙権があるので、選挙の時期になると投票へ行きます。そこで気をつけているのは、ボールペンを持参して早めの時間帯に投票所へ赴くことです。

 

ボールペンを使用する理由は、消されないようにするためです。たった1票のことではありますが、自分の投票した用紙を書き換えられることがあるのではないかと疑っているからです。

 

詳しく調べているわけではないので詳細は知りませんが、書き換えられないように消せない文具を持参するようにとみなさんがツイートされていました。

 

なぜ投票所に置いてある筆記具は鉛筆なのでしょうかね(笑)削る手間を考えても鉛筆にする理由が思い浮かびません。

 

先ほど不正選挙とグーグルで検索してちょっと動画なども見て見ましたが、やはりその場の雰囲気で他の筆記具を使いづらくしている面があるなと感じました。

 

大勢の人が見張っているし、場所は学校だし、神聖な雰囲気というよりも大人しく場の雰囲気に従え、という感じがある気がします。

 

 

不正選挙?て同じ筆跡の大量の投票用紙が見つかった?

その動画で見たものは、同じ文字で書かれた大量の投票用紙が見つかったということを投票所で内密な感じで撮影したものでした。全て同じ筆跡なのだそうです。

 

明らかに不正ですね(笑)そしてそのことを指摘すると、その場にいた議員が誤魔化そうとしているものでした。誤魔化しようがないような不正が普通に行われているのですね。

 

私は投票時間の繰り上げというものが理解できないのですが、これも不正選挙の一つなのではないかと思っています。なぜ夕方18時までなのに急遽2時間も早く閉めてしまうようなことがあるのでしょうか。国民は投票権を持っているのだからこれについても抗議をすべきですよね。

 

また、出口調査というものがよくテレビで報じられていますが、あれも実際にきちんと行われているのを見たことがありません。

 

なぜ選挙時間の終了前に当確が出たり、即座に当確がテレビに出るのか全く理解できません。ほとんど笑えるレベルでの国民をバカにした不正選挙であることが明白かと思われます。

 

る杭は打たれる世の中が選挙の場所にも影響?

私は学校に勤めているのですが、明らかに新卒当時25年前の生徒さんたちと今の生徒さんたちは違います。当時の子供達は、平気で学校や先生に反発する子が大勢いました。でも今は全く違います。もう明らかに違います。

 

彼らは反発するのが得策でないということを明確に理解していますし、体で覚えてしまっているようです。運営する学校側はものすごくラクになった面はあります。ただし、ちょっとの間違いでもピリピリと陰湿に深刻に指摘する雰囲気があるし、人と違うことに対する反応は怖いものがあります。

 

昔よりも出る杭になることがしづらくなっていると思います。そういう空気は選挙の場所にも明らかに現れているのではないでしょうか。

 

子供の頃から訓練されているのです。周りに合わせる、空気を読む、空気を乱さない、全体主義、先生の言うことをよく聞く(しかしこれが乱れると学校は荒れてしまうので、今、ほとんどの学校は荒れていません。しかし地域差はあります)

 

授業中は皆とても静かです。余計な口を叩く子はいません。ボソッとこれ聞こえよがしに嫌味を言う子がごく少数いる程度です。

 

授業の最初は大きな声で「お願いします!」の挨拶。授業終了時には「ありがとうございました!」とこれまた全員声を合わせて大声で言ってくれます。教師はラクです。

 

しかしものすごい違和感を感じながら日々過ごしています、私は。

 

間違いをすると、その場で文句を言われるのも嫌ですが、あとで誰かに言いつける感じです。そして、問題視されます。だから根っこの部分はビクビクして仕事をしていますし、自分が萎縮していくのだろうなと思っていますし、実際萎縮しているかもしれません。

 

暗記中心の教育で思考停止させるのは国に都合の良い人材の育成ため

結局のところ、上に従うことを体で覚えさせて暗記中心で毎時間50分間×6時間/日に思考停止させる教育をしているのですから、国にとって都合の良い人材の育成をしているのだと思います。

 

これだけ長時間長期間に渡り6・3・3で義務教育しているのですからやろうとしていることは明白だと感じます。学年が上になるにつれてつまらない授業になるのは、それだけ洗脳思考停止状態が進んでいるからやれる(生徒にとっては耐えられる)ことなのではないかなと思います。

 

今はおそらく一番荒れているのは小学校だと思いますが、だんだん学年が下がってきていますよね。昔は高校生でも反発する精神があったのですが、今は反発するのは小学生なのだと思います。それだけ早く洗脳も完了していっているのだと感じます。

 

あと、偏差値が低くなるとあまり思考力のない生徒さんも多くいらっしゃるようになるので、そういう子で体力があって家はお金がなくて親も世の中のことをわかっていなくて貧困で考えるまもないようなご家庭の子供さんは、自衛隊のターゲットになりますね。

 

素直すぎて見ていてお気の毒ですが、本人が選んでいく道ですから学校側もあまりいろいろなことを言えないですし、特に公務員の教師は立場上生徒さんを自衛隊に入れることにあまり反対しないし、むしろ経済面では程偏差値なのに優遇されますから、勧めるかもしれないですよね。

 

全ては国にとって都合の良い人間を作るため

ケムトレイルも、不正選挙も、学校教育も、フッ素も塩素も、大麻を薬物扱いしていることもなんだってそうですが、全てに共通して言えることは、国にとって都合の良い人間を作るということなんですよね。

 

日本にはサラリーマンが多すぎるのもやはり上に従う人間を教育した、たまものかなと思いますよね。よっぽど上にしたがってほしい民族なのかなと思います。

 

でも、病気やリストラ、何らかの理由でフルタイムの仕事を辞めた人の中にも世の中の真実に気づく人が多い気がします。私の周りでそういったことに気づいている人は、ドロップアウトしてしまった人とか、フルタイムの仕事を辞めた人が多い感じです。

 

やはり真実に気づけば働き方も変わってくるし、嫌な仕事をひたすらに耐えて安い給料で働き続けるのが苦痛になるので、国にとっては本当に都合が悪いんですよね。

 

ただ、たとえお勤めをしていても真実に気づいている人々は私の周りでも一定数いて、彼らはやはり起業しようとしたり、本当の自分に出会うためのなんらかの勉強や活動をしています。実際フリーで働く立場で仕事をしている方もたくさんいらっしゃいます。

 

気づいているからといって、その先の本人の性格はいろいろで、押し付けてくる人もいれば、黙って自分の生活の中で工夫をしている方もたくさんいらっしゃいますよね。私は押し付けが苦手なので黙って自分の生活をしています。

 

気づく人は、放っておいても自然に気づくし、興味がある人は向こうからそういう話をしてくるので、それでいいのかなと感じています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.