独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

夢はあの世と繋がっている!?体や魂を休ませたり、予知夢やインスピレーションも

投稿日:

与論島出身 、ユタの家系である78歳になる私の母は、昔から夢で予知をすることがありました。

 

主に、身内や身近な人の死に関すること、身内で誰かが妊娠したとか、お腹の子の性別までぴったり分かるのでした。

 

安定期過ぎるまで妊娠を伏せていても、妊娠に気付かない身内の時も 「身内で、誰か女の子を妊娠したよ」などと夢からメッセージをもらっては当てていました。

 

例えば、こいぼりが悠々として泳いでる姿を見た時は男の子。兜に関係するものも同じです。赤い着物を着てる女の子や赤い金魚などが夢で出てきたら、女の子という風に。

 

これは母の体験の統計ですので、他の方に合うとは思いません。それぞれ、受け取りやすいイメージで、メッセージはくるからです。

 

話はも戻りますが身内は当てられても、肝心な自分の孫については何も見ていなかった時のことです。

 

私が妊娠して、7ヶ月の頃 検診で女の子と言われました。私は最初の子は男の子がどうしてもほしくて女の子と聞き、がっかりし 検診の結果が受け入れられず母に八つ当たりをしました。

 

「どうして他の人の子供の夢は見るのに私の子の夢は見ないの?男の子じゃないなら、欲しくない」と。つわりも酷かったので、当時は正常な精神では無かったと思います

 

すると次の日 母が、不思議な夢を見たと言うのです。3歳くらいの男の子が、「僕は男の子なのに、女の子の服を着せられてるんだ!」と、訴えてきたと。

 

その話を聞いて、私はお腹の子は絶対に 男の子 だと確信しました。今まで、母が言ったことは全て当たっていたからです。

 

そして無事に元気な男の子を授かりました。今思うと、自己否定の強かった自分と同じ女の子が産まれるなんて、どう対処して良いのか不安で仕方なかったのだと思います。

予知夢!?ユタ家系の母の夢見が悪いと身近な人が亡くなる

また、ある日は「夢見が悪いから 身近な人が亡くなるよ」と。この夢の話を母から聞くと、必ず当たるので 身内からは気味が悪がられていました。

 

その夢から何日かすると、以前から入院していて私たちが母子寮(私が3歳の時に離婚)に居た頃 仲良くしてい方が 亡くなりました。特に危篤ではなく、容態が急変したそうです。

 

同級生の男の子と2つ上のお兄さんが居ました。その時に母は、「棺桶が2つあったから、また近いうちに身近な人が1人亡くなるよ」と 困った顔で話していました。 母にしてみれば、当たらないで欲しいが、経験上外れたことがないので諦め顔になるのは仕方がない事です。

 

すると、やはり母子寮で仲良くして頂いていた方が自殺をしてしまい亡くなってしまいました。

 

職場でのいじめが原因だったそうで、鬱になっていたそうです。病院の帰りに まだ中学生の娘に通帳などの入ったカバンを預け、線路へ、、、。

 

2人とも、人の良い方で私は好きでした。なので、余計 不条理な気がしてショックでした。

 

余談ですが、当時は中学生だった私ですが、高校生になった時、 同級生の男の子は電車の中で 通学時に元気な姿を見かけました。そして、女の子の方はなんと私の高校に入学してきました。 しかし私も年頃で、どう声をかければいいのか戸惑い 話しかけるタイミングを逃してしまいました。

 

母子家庭で、母を失った2人のことは ずっと気にかけていたので 元気で無事に高校まで上がってこられた姿を見られたことは 救いでした。

 

偶然とは片付けられない、不思議なことだったので いつしか私も夢に関心を示す様になりました。

 

予知夢。死神に追いかけられる夢で胸騒ぎ。祖母が亡くなった

夢でみたことがある、というデジャブは何度かある私でしたが  ある日 「カマ」を持ったいわゆる死神に追いかけられる夢を見ました。こんな強烈な夢は初めてで、カマがとても印象的でした。

 

嫌な胸騒ぎがあり、これは私ではないが身近な人の死が近いと感じました。

 

丁度、主人の大好きな祖母が入院していて長くはないことを聞いていました。週末にお見舞いに行く予定でしたが、主人に休みを取らせ東京から、長野へ行きました。

 

病室には誰もいない状態で、お医者様からは 「危篤だと話しているのに誰もこない」と、困った様子で言われました。その頃義父母は自宅にいたようです。(義母は姑を嫌っていて、義父は多分1人で母を看取る恐怖に耐えられなかったと思います)

 

意識が無い祖母の体をさすりながら、私にできることは あの世への旅立ちを恐怖を持たずに安らかに行かせてあげることでした。童謡を歌ったり、話しかけたりと。

 

いつも冷静な主人は大好きな祖母の死の瀬戸際に、密かに動揺していました。  

 

直感でもう危ないと思い、義父母に内緒できたので 電話してくるように主人に言いました。主人が公衆電話で、話してる最中に安らかに祖母は旅立ちました。   

 

病院から離れ、私は義母と主人の実家へと行きました。 そして、遺体を義父と主人が引き取り祖母の家へ。

 

お通夜の準備に祖母家に着き、祖母に会い愕然としました。遺体の胸のところにカマを持たせてあったからでした。カマが、どんな意味かは聞かなかったのですが、夢と関連していたことに凄く驚きました

 

祖母の49日に不思議な夢。天国に向かう前に挨拶に

 

夏の帰省で、一度しか会わなかった祖母でしたが 優しくして頂いた良い思い出があります。2歳の息子が、食卓に足を乗っけた時に  私は 行儀が悪いと 叱られるのではと ヒヤヒヤしていたら、「お〜いい足だこと」と、イタズラな行為ではなく息子の可愛い足を 撫でてくれました。

 

花火大会に行く時も、本当は一緒に行きたかったのですが癌で腰に痛みがあり、留守番するとのことでした。そして、私に「お金は使う分だけ持っていきなさいね」と、お金を大切に使うことを 教えて下さいました。それは今も無駄使いしないように、守っています。

 

なので私が祖母を看取ることができたこと、おばあちゃん子の主人にも最後会わせてあげられたことは嬉しく感じていました。

 

葬儀も終わり、実感のないまま 日々が過ぎて行く中 また、不思議な夢を見ました。亡くなった祖母が、赤い橋の少し先の方からこちらに向かい   穏やかな微笑みを讃え お辞儀して いつのまにか消えて行きました。

 

目が覚めて、何日か気になり日付を確かめると49日にあたりました。  天国に向かう前に挨拶にきてくれたんだ! 私は感じました。

 

祖母はご先祖様を敬っていたので、通夜の晩から沢山のお迎えが来ていました。寝ている耳元で わたしだけ、ずっとお経の声が聞こえいたのです。傘地蔵に出てくる様な姿をした方々が、二列に並び50人くらいは居たと思います。 ゾロゾロと一緒について行くイメージを見せられました。 

 

カマの夢の件があり、感覚が研ぎ澄まされていたので  恐怖感も無く、ただ祖母が1人で寂しくあの世に行くのではないことに 安心していたことを思い出しました。

 

無事に49日を迎え、成仏されたこと伝えにきてくださったのでしょう。たった一度しかお会いしませんでしたが、不思議な縁を感じました

 

「私を夢を通して呼んで下さり、ありがとうございます」そう 感謝しています。

デジャブは見えない次元の存在を教えてくれる

普段の生活の中でも、ふとした瞬間に これは夢で見たことがある‼︎ と いうことが多々ありました。

 

印象深いものでは、まだ引越し先も決まっていない時に見た夢です主人と新居でグレーのジュータンを部屋のサイズに合わせて 切っている場面でした。

 

いつもは、部屋に近いサイズのラグで済ませていましたが、その時は全面にジュータンを敷き詰めたくなり、だによけの高めで暖かな ちょっと豪華なウールを選びました。色も夢と全く同じ色を選びましたが、その時は気がつきませんでした。

 

実際に新居で主人と、ジュータンを敷き詰める作業中にはっ と、夢と全く同じスチェーションに 驚いたのです。

 

特にそのことで、現実に影響を及ぼした訳ではありませんが この不思議な体験は見えない次元の存在を教えてくれました。

 

夢はあの世と繋がっているともいいます。体を休めるだけではなく、魂を休ませたり インスピレーションをもらったりもします。

 

夢との関係は誰でも、心を広げれば持てます。楽しみながら、毎晩 眠りにつけるといいですね。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.