独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

この世界はフリーメイソンやイルミナティに支配。AIが人を選別し、介護職へ

投稿日:

今回のお題ですが、見事に私達の生活に密着したテーマではないかと思い書き込んでいるところです。

 

まず、見えない力とは?私の知る限りでは、フリーメイソンや、イルミナティなどの世界を裏から操る闇の力が知らないところで大きく関与しているのではないか?という事です。

 

自身の仕事場でもそうですが、1分1秒をいかに詰めて仕事に生かすか?いかに効率よく仕事を終わらせるか?トータル的にいかに費用対効果を発揮させれるか?それによって自身のポジションや地位が確立されていく。

 

まるで会社の為だけに奴隷の様に働かされる毎日です。この会社に限った話ではなく、どこに行っても同じだと思います。だとしたら、日本という国全体の資本主義経済自体の仕組みが変じゃないのか?影で操る黒幕がいるんじゃないのか?と思い都市伝説や、戦後の資本主義経済を軽くですが調べていたところ、GHQの事や、それ以前の幕末からの流れがすでに危ない流れだったように思います。

 

知らない内に闇の権力者達に洗脳され、家畜の如く働く事を、洗脳され、国の為、汗水流して働くことこそが美徳と植えつけられ、適度な休暇には消費と娯楽で麻痺させる。そういう仕組みの中で、水槽の中の金魚の様に、たまに与えられる僅かな給料という餌に喰らいつき365日同じことをさせる。

 

生産性を落とさないためにも、娯楽で釣る。麻痺して当然の如く、もしくは麻痺している事にすら気づいていない。皆同じ事をする。少しでも違う事をする輩は、村八分。

 

このシステムが、小、中、高、大学、職場、社会生活全体に深く根付いてて、イジメ、自殺等に深く関与していると感じています。社会問題として表に出るのはごく一部で大半は隠ぺいされていると思います。この国の社会システム全体がそのようにできていると思います。

 

「臭い物には蓋をしろ」じゃないですが、見て見ぬ振り。明日は我が身。人と違うと村八分。イジメ→自殺。フルコースを味わわされる。自分もリンチにあった事があるので、よく解かります。貧富の差、出る杭は叩く文化。

 

時代は進化していても人の心はどんどん荒んでいるように感じます。自分の家族や娘達が被害に遭わないように今のうちから準備をしなくてはいけないと痛感しているところです。そのためにも1日でも速く現状からの脱却、社畜からの脱却を急がなければ大変な時代がすぐそこまできていると日々感じているところです。

 

AIが必要のない人間を選別。力の無い者は排除される時代へ

では私達はこの国の経済システムに依存していいのか?答えはNOだと思います。

 

国自体に多額の負債があり、徴収するあてのない財源ばかりで、仕方なく消費税増税、タバコ税増税、これからもどんどん様々な事柄で増税されていくことでしょう。政府は副業も奨励しだしました。これにはいくつもの含みがあると思います。

 

カジノ法案も可決したと思います。ありとあらゆるところから国民の血税、お金を搾り取る施策ばかりです。国民の血と汗と涙の結晶を政府はいとも簡単に知らん顔して吸血鬼の如く吸い上げていきます。

 

それは会社も同じで、時間に対する労働という形で、社員から、命にも等しい時間を当たり前の様に吸い取って、分不相応な給料という餌で飼いならしていきます。十分時間労働を搾り取っていらなくなれば、はい、サヨウナラです。

 

鬱にらろうが、自殺しようがお構いなしです。中央線は人身事故でしょっちゅう、時刻表が乱れるらしいです。

 

この様な社会背景や社会環境が家庭環境まで影響を及ぼす為、この様な人身事故や、自殺が後を絶たないのだと思います。

 

年金の支払い年齢も引き上げ、さらには人工知能(AI)の急激な発達により、大幅なリストラ、離職率の増加、AI時代に必要なスキルを持たない者や、個人で稼ぐ力のない者は淘汰されていくと思います。

 

むしろAIに選別されて、必要のない人間扱いをされかねません。そうなると生活保護受給者の見直し等までAIが関与してきて、本当に食べるのもままならない障害者や、お年寄り、シングルマザー、力の無い者は完全に排除される時代がくるかもしれません。

 

また、お金のある裕福な家庭の子しか大学に進学できなくなると思います。貧しい家庭の子はそれなりの教育しか受けれないので、どんどん貧しい生活になり、お金持ちの裕福な家の子はいい教育を受けれる為、時代にあったどんどん裕福になる教育をされると思います。

 

特にAI社会に適合するような教育をされることでしょう。では、私達や、AI社会に適合できない人種、社会不適合者はどうやってお金を稼ぐのが一番賢いか?AIが関与できない分野もしくは、薄くしか関与できない職業を選択する必要があると思います。

 

もしくは今迄に存在しなかった職業や職種を作りだす。そしてもう一つは時代を見据えた成功者から学ぶ。そこから得れる未来の情報や本当の情報。私達底辺がどうあがいても手に入れる事ができない情報、知識をそのまま武装していくのが一番賢い生き方だと私は思います。

 

政府や社会は、誰も助けてはくれません。唯一自分や家族を守れるのは、自分自身だと思います。

 

AIや外国人労働者職を奪われた人達が介護職に

これからの超高齢化社会は、老々介護とも言われていて老人がほとんどの社会になるといわれています。老人が老人を介護しても長続きしないと思います。体力的にも精神的にもキツイと思われます。

 

そこで外国人労働者が増えていますが、介護は所詮日本人じゃないと無理だと思います。日本人固有の文化と歴史があるので。AIや優秀な外国人労働者に職を奪われた人達の駆け込み寺が介護職になろうかと思われます。

 

そのようにして結局は老々介護をせざるを得ない状況になり、徐々に日本は、実質日本じゃなくなるのでは?などと思ったりもします。

 

恐らくは、優秀な外国人労働者や、企業のトップクラス、企業間絡みで日本は少しづつ乗っ取られていくかもしれません。今や、北海道から九州まで、中国人や外国人が土地や水源地を買い漁っている時代です。

 

国土の何%かは、下手をすると日本じゃないかもしれません。日本人は平和ボケしていて目の前の暮らししか興味がありません。皆自分が可愛いからだと思います。逆を言えば自分のことしか考えていない。そういう私も借金と毎月の支払や生活費で小遣いすらもらえない状況が続いています。今月を乗り切れなければ、下手したら、自己破産です。ギリギリの綱渡りが毎月続いていて精神も肉体も疲弊しています。

 

しかし、全ては愛しい我が子の為です。この子達が将来、苦しまなくてもいいように今をすこしづつ、シフトしてきちんと成功者達から学び確立された思考と信念を持ち行動(個人で稼ぐ力)していくべきだと考えています。そうすれば今は大変かもしれませんが、絶対に将来後悔しないと思います。

 

 

介護職で一生低賃金、奴隷のようにこき使われるという現実が…

超高齢化の波がきても、いくら外国人が増えても、自分の思考や稼ぎ方が揺れなければずっと人並みに食べていけるのではないかと思います。成功者の思考と稼ぎ方を身に付ければどこに住もうと、何をしていようと関係ないと思います。

 

逆に、自分流に拘り、成功者の声に耳も貸さず、気合と根性でなんとかなる!とやり続ければ失敗は明らかです。気が付いたら、駆け込み寺の老人ホームで一生低賃金で奴隷のようにこき使われ、気が付けば自分も老人ホームに入る年齢になっていた。なんていう現実にらりかねません。笑えない話です。

 

何の為に働いていたのか?気が付けばお墓に片足をつっこんでいるじゃないか?

 

そんな人生は嫌ですし、子供達や、家族と何の不安もなく、ゆったりと、のんびりと穏やかに心静かに、豊かな人生を味わいたい、噛みしめたい。

 

そしてゆくゆくは、私以外の人にもそれを広げて伝えていきたい。少しでも多く私と似た様に苦しんでいる人達を助けてあげたいです

 

フリーメイソンやイルミナティから救われるには自分自身の確立が

最後の結論としまして、闇の力(目に見えない力)から自分達や、苦しんでいる人達を救えるのは、自分自身が確立されなければいけないと思いました。

 

まずは一心不乱に成功者から学びコピーし、インストールし、迷ったら聞き、成功するまでやり続ける!これしかないと思いました。

 

その先に人を救うという次のミッション(使命)が成立すると思いました。

 

私はリンチやイジメ、自殺に人一倍敏感です。自分がされたから、同じ思いを、大切な娘達に遭わせたくない。イジメや自殺志願で困っている人を、救う事が自分の使命だとも感じています。

 

残された人生を松田様の指導の下、有意義で、豊かで娘達に誇れる、父親になりたいと考えています。どうか宜しくお願い致します。そして願わくば、ひまわりさんや、松田様のように、真の成功者になれたらと思います。

 

そしてこの世の真理の道を追求していきたいとおもいます。重ね重ねになりますが、娘達(4歳、2歳、0歳9か月)未来の為にもどうか宜しくお願い致します。

 

乱筆で失礼致しました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.