独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

癌を誘発!?乳癌患者はマンモグラフィの導入と比例し増え続けている

投稿日:

私は、最近ほとんどテレビを見なくなりました。それは、事実ではないことが山ほど報道されていて、視聴者は洗脳されているということに気付いたからです。

 

実際に、世界の中でも真実を報道している国ランキングで日本は70位くらい(はっきりした順位は忘れました、すみません。)だそうです。それくらいデタラメだということです。

 

私は、動画やネットで色々調べるのが好きで、時間があれば自分の興味のあることを検索しては勉強しています。

 

そして、以前の自分も含め、世間の人たちがどれだけメディアの情報に踊らされているかということを最近痛感しています。

 

ちゃんとした情報を得ないと病気にもなるし、命も奪われかねないということを…

 

病院で出される薬には必要でないものもたくさん出されていたり、健康診断や精密検査で受けているCTやマンモグラフィなどは放射線の被ばく量がレントゲンの数百倍もあり、それを受けることによって、癌を誘発しているという事実が知らされないまま、健康診断は毎年受けましょう、とか癌検診を受けましょう、と国がすすめているということに驚きました。

 

実際に乳癌患者はマンモグラフィの導入と比例して増え続けているそうです。年に一度受けている人は毎年被ばくを重ねているということです。

 

欧米では38歳未満の人にマンモグラフィを受けさせると傷害罪に

超音波検診なら、何の害も無いそうです。

 

なのに、マンモグラフィの検診をすすめている。欧米では38歳未満の人にマンモグラフィを受けさせると傷害罪に問われるくらい危険な検査だそうです。

 

そして、もし癌(乳癌に限らず)と診断されたら、切除手術をして、抗癌剤を投与して、放射線治療をして、ということを病院からすすめられますが、欧米ではとっくの昔にこの考えを撤廃しているということ。

 

なぜなら、それは間違った方法だから…

 

抗癌剤は増癌剤とも言われ、薬の説明文にも癌が発生する可能性があるという副作用についても書かれているということです。

 

抗癌剤は良い細胞まで破壊するため、免疫力も低下し、体を痛めつける以外のなにものでもないということ。

 

でも、欧米で作られた抗癌剤も今までたくさん作ってきて、在庫があるから、日本や韓国に持って行って使わせる、という流れになっているそうです。

 

そんなことを知らずに患者さんたちは病院の先生が言うことなら間違いないと信頼して、治療を託しているのです。

 

こんな、バカなことがあっていいのでしょうか?

 

人間には自然治癒力があるので、手術をしなくても、体温を上げたり、断食をしたり、いろんな方法で癌は治癒していくそうです。

 

糖尿病はインスリン利権のためにインスリンを投与

実際に余命宣告を受けたけれど、手術を選ばずに自然治癒で治した方はたくさんいるそうです。でも、その事実を実際に知らない医療関係者も多いらしく、わかっていても大きい病院とかだと、個々の意見や意思は反映されないのが現状のようです。

 

でも、このままじゃいけない、と立ち上がっている医師の方もいらっしゃいます。

 

でも、テレビなどのメディアは支配層にコントロールされていて、本当のことは出てこないのが現状です。

 

 癌に限ったことではなく、糖尿病などでもインスリン利権によって、実際はインスリンを投与しなくても、ちゃんと栄養を摂って食事の改善や運動をすることで治せる糖尿病の人が多くいるにもかかわらず、インスリンを投与され、一生投与し続けなくてはならなくなっている患者さんがたくさんいるということです。

 

血液中の糖を分解するにはマグネシウムが必要で、このマグネシウム不足から、血中糖度が上がって糖尿病と診断されている人が多いそうです。このタイプの糖尿病の方はマグネシウムを摂取することで、血液中の糖を分解することができるようになり、血糖値も正常に戻るそうです。

 

でも、この事実を発表したりすると、その医師はその病院から追放されたりするそうです。

 

なぜなら、そんなことをしたら病院もインスリンも必要なくなって、食べていけなくなる人がたくさん出てしまうから…

 

アレルギーの原因は戦後欧米から入ってきた食品ばかり

患者さんのことなんて、考えられていないということですよね。本当に患者さんのことを考えて、誠実に対応しようとする医師は追放されてしまうなんて、狂ってますよね。

 

現代の日本人は3食きちんと食べましょう、と言われて長年そうしてきましたが、実際は食べ過ぎや添加物の取り過ぎが起こっていて、でも、必要なミネラルなどは不足していたりして、それが癌や生活習慣病の原因になっているそうです。

 

家電などが無かった時代の昔の日本人でも1日2食とかだったそうです。

 

だから、食べる物や量を考えて、ちゃんと栄養は摂って、適度な運動をしていれば、人間は健康でいられるし、1日1食とかでも充分健康に過ごせるそうです。

 

アレルギーとかも小麦粉のグルテンや牛乳に含まれるカゼイン、サラダ油やマーガリンに含まれるトランス脂肪酸などが原因だったりするそうです。

 

これらも戦後欧米から入ってきた食品ばかりで、日本古来の食事を続けていれば、アレルギーというもの自体なかったかもしれません。

 

これらの成分は消化するのにとてもエネルギーが必要になり、体の中の不要な物を排泄することにエネルギーが回らなくなり、アレルギー症状が出てしまうそうです。

 

食品もその国の人の体質に合った物を消化するようになっているので、他国から入ってきた食品は基本的に日本人向けではないということなのかもしれませんね。

 

内部告発!?WHOは人口削減のためにワクチンを人間に投与

これらの成分をしばらく摂取しないようにするだけで、花粉症やアトピー性皮膚炎などはほとんど改善するそうです。

 

実際に私の息子も牛乳をやめただけで、十数年悩まされていた花粉症があっという間に治りました。
これも、テレビではなく、ネットや動画で勉強した知識から実践した賜物です。

 

もっと、これからは日本人一人一人が自分で正しい知識を得て、自分の考えを持ち、自分の意思で行動していかなければ、国やメディアに洗脳されたままではいけないということに少しでも多くの人が気付いてほしいと願うばかりです。

 

ワクチンは基本的にその病気にかかるリスクという副作用があるだけで、実際にはその病気を防ぐ効果は無いということです。

 

WHOの内部告発で、WHOは人口削減のためにワクチンを人間(小さい子供のうちから)に投与しているとのことです。

 

これは詳しくはわからないのですが、ワクチンと同様に政府は天気の良い日に空中から毒をばらまいて人々の健康を害することをしているとのことです。ネットでケムトレイルと検索すると動画も出てきます。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.