独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

家は別の世界の空間か?ブワッと何かが入り金縛り。記憶がなくなっていく

投稿日:2018年11月8日 更新日:

私は不思議な体験をしたことがあります。それは、大学4年生の時の話になります。

 

私は大学4年生の時に、カラオケ屋さんでアルバイトをしていました。そこのカラオケ屋さんでは実に3年間働かして頂き、お店の店長兼オーナーさんとは長い付き合いになっていました。

 

店長さんは、マンション数件と平家を数件持っている裕福な方です。

 

とても良い方で、大学4年の時に就活に忙しくバイトにあまり入れない自分に、安い値段で平屋を貸してあげるから、今のアパートから出て、そこに卒業するまで、住んでればいいよと言ってくれました。

 

そして、店長の言葉に甘え、住んでいたアパートから出て、大学4年の冬から卒業まで店長の持っている平屋に住む事に

その平屋は、かなり昔から建っていたらしく、少し痛んでいたのと、なんか不思議な作りで、へんなところから棚がボコって出ていたり、少し不気味な家でした。しかし、家賃は2万と安かったので、まあ卒業までやしいいやと軽く考えて住む事に

 

そんなある日、ある事に気がつきました。2階の廊下にあるシミがいつも、消えないことに、、、

 

初めは、昨日雨やったかな?位だったのですが、いつも特定の部分だけ濡れているのです。そう思うようになってから、色々な事が起こるようになりました。

 

家に泊まりに来た友達がブワッと何かがすごい勢いで入って来る不思議体験を

 

友達が泊まりに来た時に、私が寝ながら寝言でずっとお経みたいな言葉を話してたで昨日と言われたり、昨日の夜トイレで大をしていたら、なんか分からんけど、ブワッと何かがすごい勢いで入って来たとか、泊まりに来る友達のうちの何人かが、そうな変わった事を言うように、、、

 

私自身は、霊感がないので、そんな事が起こっていなかったので、不安になりながらも忘れるように心がけていました。

 

 それから、1ヶ月もたってなかったと思うある日、ソファーで1人でなんの番組か覚えてないのですが、芸人の雨上がりのコンビが出ている番組を見ていたときに、急に体にブワッと何かが入って来た感覚がしたと思った瞬間に体が重くなり動かなくなりました。

 

そこからが、本当に奇妙な体験なんですが、体は動かないのに、なぜが目は動くんです。

 

そして、テレビに映っている雨上がりのコンビの動きが、止まって見えると思っていたら、ものすごくゆっくりと動いている事に気が付きました。

 

そして、その時間が長くなるにつれて、記憶がなくなっていくんです。

 

雨上がりのコンビがスローなんだけど、なにこれどうなってんの?

あれ、この人達誰だったけ?

あれ、俺今何をしてたんだっけ?

あれ、目のまえにあるのはテレビ?

テレビって何?自分はだれ?自分とは何?今、何時、何日、何年?

日にち、年月とは?

 

っと良く分からない状態になり、それと共に、もなすごい恐怖が襲ってきました。

 

元に戻れと強く思いつづけているとブワッと体が軽くなり、記憶も元に

今、いてはいけないところにいる、来てはいけない所に、いまいる、タブーなところにいる。そんな感じに思え、元に戻れるのか、不安でいっぱいに。この時点でも、自分は何なのか分かってません。

 

そして、元に戻れ戻れと強く思いつづけていると、急にブワッと体が軽くなり、テレビの音がガヤガヤと聞こえ出し、雨上がりのコンビの動きもスムーズに動きだし、それと共に記憶がスッカリ元に戻りました。

 

私は、今のはなんだったんだととても怖くなり、感覚では4、5時間はよく分からない状態だったと思う位長かったので、すぐに時計を見ました。

 

すると22時6分となっており、番組が始まったのが22時だったと思うので、ものの6分位しかたっていなかったんです。

 

つまり、良く考えると、番組が止まって見えていたのは、自分が今の時間軸ではない状態にいたってこと???と思うと共に、なんだったのか今のは?と本当に怖くなり、その日はすぐに家を出て満喫に泊まりました。

 

いまでも、あの時の事は鮮明に覚えていゆのですが、本当になんだったのかわなりません。

 

また、その話を周りにはしたのですが、笑われるか、なんかへんなクスリとかやってんの?って言われるので、ほとんどはなしてません。

 

これが1つ目の不思議な体験で、さらにこの2週間か3週間後にもっと不思議な体験をしました。

 

ブワッと何かが入って来た途端、金縛り。記憶がどんどん薄れていく

2つ目の不思議な体験

 

この家は何かおかしい、霊的な何かが絶対あると思いながら、深夜になると怖がりながらも、卒業するまでの辛抱だと思いすごしてました。

 

すると、1つ目の体験から2週間か3週間後にもっと不思議な体験をする事に

 

その日は、就活する為に会社をネットでいろ調べていたので、寝るのが深夜の2時頃位になってました。眠すぎたので、風呂にも入らず、倒れるように二階の畳の部屋で布団に入っていました。

 

そして、もう寝そうって時にまた、1回目の時と様に、ブワッと何かが入って来た感覚がした途端に、同じ様に金縛りのようなじょうたいになりました。

 

今回も同じように、記憶がどんどん薄れていき、どんどん恐怖が押し寄せる状態に

 

すると、いきなりプツンと景色がガラッと変わり、目の前が真っ暗になりました。部屋にいたはずなのに目だけは見えていて、何にもない真っ暗などこかにいるなぁーってくらいの意識はあるのですが、それ以外は何も意識せず何も考えず、といった感じで、どんどん記憶がさらに薄れていってました。

 

そして、表現しにくいのですが、無といった感じに。その状態がどの位だったかは、分かりません。すると、急になんとなく意識が芽生えました。

 

初めは

 

ん?何?何とは何?言葉?

国?時間?時代?

自分?自分とは?今何をしてる?自分は何者?

なんで、色々考える?

 

と色々考えだした途端に、疑問を抱くたびに、真っ暗な空間に白い点のような物が1つ3つダダダダっと増えていき、さらに点と点の間を白い線がカンカンカンと繋がっていきました。

 

凄い速さでたいりょうな数に

 

今生きていると所と別の世界が必ずある

そうすると、自分の名前、過去、昨日は何をしていたなど色々な情報が蘇ってきたと思った瞬間に、パチッと畳で寝ている自分に戻ったんです。

 

夢なんじゃないかと、そのあと思ったんですが、その黒い空間での出来事がをかなりリアルに覚えていたのと、気がつくと普段ありえないほどの汗をかいていたので、その時はまた、1回目と同じように、よく分からない所になぜか行ってしまったとその時は思いました。

 

そして、とても怖くなり、満喫にその日は泊まりました。

 

その事があって、その家をでて、残り2ヶ月だったので、レオパレスに引っ越しました。家賃は、7万位に跳ね上がり、泣きそうでした。

 

いまでも、あの2つの体験は謎です。引っ越した後は一切そんな事は起きませんでした。

 

あの体験を通して、自分なりに思っている事は、必ず今生きていると所と別の世界?場所?次元?空間?は必ずあると思います。

 

そして、そこは私達の時間軸や見ている世界と全く違う場所だと思ってます。

 

無の状態から普通に戻った時に感じたイメージですが、元々精神のエネルギーは無限にあるけど、そのエネルギーを人間とういう器に、クッキーな型に流し込むように入れて戻された様な感覚に感じました。

 

ですから、人間の脳でまだまだ使われていない部分があるというのも、リミッターみたいな働きで、枠の中に制御しているような気がします。

 

この使ってない脳を使い、100パーセント使うようになると、体という枠の中に精神はとどまらず、無の状態だけど無限のエネルギーといった感じになるのではないかと、自分の体験を通して勝手におもっています。

 

ですから、人は生まれながらに、もともと無限のエネルギーを秘めており、それを解放し、精神の進化が出来るかどうかは、

 

常識や型に囚われない力

自分を信じる力

自分が何の為に生きるのかを自分で決める力

全ては自分が作り出したものと気づく事

欲や邪念は全て自分自身の中にいると100パーセント理解する事

 

これらがとても大切だと感じでいます。

 

これから、激動の時代になっていく中、自分と向き合い、成功者から学び、精神の進化と共に時代の波を軽く乗りこなせる人間を目指します。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.