独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

ビルダーバーグ会議の目標は欧米による世界統一。メディアやネットで世の中を支配

投稿日:

ビルダーバーグ会議は1954年、ベアトリックス女王の父(プリンスベルンハルト)によって始まった。ちなみにベアトリックス女王は世界一の保有資産を持つとも言われています。

 

オランダのビルダーバーグホテルにて開催されたことによるのが名前の由来です。

 

世界のトップの人たちがこの会議に集まることにより、翌年以降に何をしていくかを決めるという裏の会議になるそうです。

 

この会議が世の中の役に立っていればよいのですが(もちろん立っていると思うところもあります)実際は支配層の人たちが自分たちのやりたいようにやるための会議だということが調べていくとわかります。

 

いわゆる支配層というのは悪い感じをしません。それも世界のトップクラスの地位や名誉を持った人たちです。そういう人たちが少しずつ少しずつ…

 

日本の3S政策もそういう形ですね。スポーツ、スクリーン、セックスの3Sですが、日本人を恐れたGHQが日本人を弱体化するためにゆっくりゆっくりと娯楽を普及していく。

 

今では日本は娯楽がそこら中にあるようになりました。少しずつじっくりじっくりとわからないように日本人を弱体化させていく。

 

これは気がついた頃にはすでにジエンドとなってしまうので非常に怖いことだと個人的には感じます。

 

ビルダーバーグ会議で貴族間の利益の確保

2005年ロックフェラー、キッシンジャー、世界一番保有資産を持つと言われるオランダのベアトリックス女王。

 

英国:トニーブレア(首相就任前出席)

アメリカ:ビルクリントン1991年に出席したと言われている。(彼の自伝 My Lifeより)

バーノンジョーダン氏 ビル・クリントン氏の側近。

イギリス:マーガレット・サッチャー

ドイツ:アンゲラ・メルケル

イェンス・ストルテンベルグ(NATO事務総長)

エリック・シュミット(Google 元CEO)

ジェフ・べゾス(Amazon CEO)

マーク・ザッカーバーグ facebook創設者

イーロン・マスク テスラモーターズ会長

 

こうやって見てみると錚々たる顔ぶれです。

 

昨年2017年の出席者を見ていて感じたことはオランダとベルギーの人が多数出席している認識。オランダのプリンスベルンハルトにより始まった会議なのでオランダが主体になるというのもわかります。

 

ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ。この3国がEUの中でも富裕層という情報もありました。

 

ヨーロッパの上流階級はヨーロッパ上流階級間の結婚が一般的。つまり支配層は支配層通しで結婚してしまう。この権利を守るために、ビルダーバーグ会議が始まり貴族間での利益の確保を守っているとのこと。

 

 これだけインターネットが発達している時代にもかかわらずビルダーバーグ会議はなぜメディアに放送されないのか?

 

ビルダーバーグ会議の最終目標は欧米による世界統一?

それはメディアに触れた瞬間に抹殺されてしまう恐れがあるからではないでしょうか。と仮設を立ててみたのですが、別の回答がわかりました。

 

チャタムハウスルールと呼ばれる明確なルールがあるそうです。

 

ビルダーバーグ会議参加者は会議で得た情報や発言内容を自己利用することは問題ない。ただし、他の出席者の身元や所属、発言内容を明かしたり引用は禁止。報道関係者が取材のための参加も不可とのこと。

 

まあつまるところバレた瞬間に世界のトップからの追放が決定してしまうということは想像できますね。

 

そもそも自分たちの有利になるような仕組みを会議で話しているのですから、不利になるような情報を流すということ自体が考えにくいのではないでしょうか。

 

これから数年間で通信技術等が発展していったときに果たして誰にもバレずにこの会議をやりすごすことができるのか?と言われると非常に疑問だと感じます。

 

どこかのスパイに盗聴されたりだとか、ハッカーに狙われてしまうことは時間の問題かと考えられます。

 

個人的にはぜひとも誰か正義のヒーローのような人が世の中の陰謀を暴いて世界に広めていっていただきたいと考えております。

 

この会議の最終目標は欧米による世界統一。

 

ビルダーバーグ会議にはグーグル、フェイスブックの幹部を招集

この目標を行うため、メディアおよびネットの国際的支配。

 

グーグル、フェイスブックなどの幹部を招集していることから世界で一番のメディア、ネット陣を仲間に取り入れてこの世の中を支配しようとしていることが理解できる。

 

国民総背番号制と「人体埋め込みチップ」。人体埋め込みチップは実際にスウェーデンで実用化している。スウェーデン鉄道(SJ)は、世界で初めて、乗客の体内に埋め込まれたマイクロチップを乗車券の代わりに利用できる検札システムを2017年5月から導入。

 

日本でも可能だが、現在のところ自己責任の範囲でしかできない。

 

GPSによる大衆監視。スマホの普及に伴い誰でも簡単にどこにいるかわかってしまう。監視社会を作り、道からそれたものは徹底的に叩かれてしまう仕組みづくり。

 

電子通貨システムを通じた国際通貨統合。仮想通貨やブロックチェーン、アプリを用いた紙幣を必要としない世界づくり。銀行システムの崩壊。

 

人口抑制。2011年の東日本大震災。2018年の北海道地震を含め、意図的に災害を起こして人を増やさないような施策をしているともいわれている。人口が増えることによって、環境が変化する。

 

環境が変化すると地球に変動が起こり支配層たちに不具合が生じる。この事によって人口を抑制する必要がある。

 

日本人がビルダーバーグ会議に呼ばれない理由とは?

日本人はビルダーバーグ会議に呼ばれたことがありません。というのが言われているのですが、実際は参加履歴があります。

 

ただし、それは日本代表ということではないようなのです。例えば2009年に田中伸男(国際エネルギー機関事務局長)氏が参加したが、日本代表ではなく、国際エネルギー機関という代表で参加したとのこと。

 

日本人の天皇陛下含め、首相レベルでも出席した経歴がないのです。出席していれば間違いなくメディア放送されるため日本人でも知らない人が多いのです。

 

ではなぜ日本人はビルダーバーグ会議に呼ばれることがないのでしょうか。

 

仮説1、ビルダーバーグ会議の設立は北アメリカとヨーロッパのための会議というのが発起人の考えだから。日本人はいらない。

 

仮説2、日本人はヨーロッパ系の白人種ではなく、黄色人種である。さらにアメリカとの同盟の力が強い。このことからアメリカよりの国として捉えられるので参加できないのかもしれない。

 

仮説3、日本人の力を恐れている。戦争のときも地震のときも数年で復活してくる日本人の底力をヨーロッパ国は恐れているかもしれない。情報を与えることで日本がEUよりも更に発展して行ってしまう可能性がある。

 

いずれにせよ、情報がこれだけ蔓延してしまうこの世の中ビルダーバーグ会議の本当の姿が一般市民に届いてしまう時代ももうすぐかもしれません。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.