独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

不幸が連続しても魂のレベルが低いわけではない。レベルが高い人ほど大きな試練が

投稿日:

お世話になります。長い間、生きる意味を感じられないまま過ごしています。主にYouTubeで得た知識です。輪廻転生など信じていますが、まだ信じ切れてないのか顕在意識で考えている程度のようで、未だ気持ちはどんより雲がかかっている感じです。

 

この地球に生まれてきた目的は、魂の成長(霊的成長)のためです。それぞれが課題を持って三次元の現世に輪廻転生してきます。高次元の世界でも成長は出来ますが、不便な三次元で経験する方がより成長が出来ます。過去生での業を改める?解消する?ために現世に生まれてきます。

 

過去生で誰かに暴力を振るったなら、現世で暴力を振るわれます。過去生で自分が美人で他人をブス呼ばわりして傷つけてしまえば、現世で逆の立場を経験します。過去生での業を踏まえ、自分が成長するにはどの家庭に生まれればいいか考えて決めています。

 

一般的に生まれてくるときに両親は選べないと言われていますが、スピリチュアル的には両親を選んで生まれてきます。

 

現世に生まれてきたとき、過去生の記憶は失われます。稀に記憶が残っている子供もいます。研究者がその記憶を追跡すると、記憶通りの事実が存在することが多いです。キリスト教は輪廻転生の教えが存在しないのですが、研究結果がいくつもあるため輪廻転生を信じるキリスト教信者が増えています。

 

また、何か秀でた能力を持っていた場合、過去生から引き継いでいると考えられます。例えば、ピアノが得意な人は過去生でピアノを弾いていたり、ピアノがない時代でも何かしら音楽に関わっていたり。

 

人として問題があるということは、魂のレベルが低いことを意味しています。人間に輪廻転生した回数が少ないのも原因です。輪廻転生を繰り返せば魂のレベルは上がっていき、悟りを得るくらいになれば輪廻転生が終わると考えられています。

 

つまりお釈迦様くらいにならないといけないのでほとんどの人は輪廻転生が続き、魂を向上し続けなければいけません。

 

現世で長生きすれば学びが多く、早死にすれば学びが少ないというわけではありません。仮に生後数年で亡くなったとしても両親の魂の成長に寄与することとなり、現世での使命を果たしたことになります。

 

やってはいけないことは自殺です。自ら課題を持って生まれてきたのにそれを自ら放棄したことになります。自殺してもその課題から逃れることは出来ず、来世以降に繰り越しになるのです。

 

肉体が滅んでも、輪廻転生を繰り返し、魂は永遠に生き続けるのです。

 

想像を絶する不幸が起きたから、不幸が連続しているからといって魂のレベルが低いわけではありません。魂のレベルが高い人ほどより大きな試練が与えられます。

 

この世に生まれてきた目的が、魂の成長であると本当に理解できていれば、どんな困難が身に降りかかろうとも受け入れられるはずです。

 

苦しみに打ちのめされてボロボロの状態であろうとその時の感動(喜怒哀楽全ての感情)が魂の成長になっているのです。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.