独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

営業。同僚と飲むのは金の無駄、残業は時間の無駄と断わり、いずらくなりやめた

投稿日:

当たり前の事ですが、子供の頃、親や先生やテレビに洗脳されており、やりたくない勉強を徹夜で頑張り、成績がイイだけがプライドのカスみたいな人間に私はなっていました。

 

ある日突然大学を中退したのですが、理由は勉強がつまらなかったからで、そのとき初めて自由になれた気がしました。それからはやりたいように生きた為、すっかり社会のレールから外れてしまいました。数年前まで営業会社に勤めていましたが・・。

 

同僚と飲むのはお金の無駄、残業は時間の無駄と感じて全て断っていました。その分営業成績を上げ、文句を言わせないというスタイルで戦っていましたが、結局いずらくなり、私のいる場所では無かったと感じたのでやめました。

 

何が言いたいかと言えば、真実や正しい知識を知らなかったことで、時間を無駄に使ってしまいました。

 

テレビによる洗脳で、お金もくだらない事に、何も残らないその時だけの物に使ってきました・・。投資や自分磨きなど、もっと正しい事にお金を使っていたら、今は違う位置に居られたでしょうが・・。

 

知らない事を知る事が出来なかった時点で、それが実力なんだと思っています。

 

このような教育をしている国に、本当に腹が立ちます。親も洗脳を受けて思考停止になった、哀れなロウ人形に感じています。テレビを見れば、買って買ってコール。大切な情報は新聞程度には載っておらず・・。

 

周りの殆どは、人と同じようにすることが良し、違う事をする人ははぶる、出る杭だから叩く、嫉妬大国だと感じます今の日本は。

 

日本の教育は、健全な納税者、言い換えれば奴隷を作るための洗脳学習の場と言えると思います。

 

私は2人の子供に、人と同じことは無理に頑張らせず、興味がある好きな事をさせてあげよう、良い部分や個性を伸ばす手助けをしてあげたい、と誓っています。

 

2年前まで、趣味で地元のサーキットを走っていました。免許取得以来、狂ったようにスポーツカーで峠を走る事だけが好きで、いかに人馬一体で乗りこなすようになれるかや、誰よりも速く走れるようになる事は、私の唯一の生きがいでした。

 

私の立てた目標は、自分の車で地元のサーキットの市販車のコースレコードを出す事。そこのサーキットでは、管理人がエラそうな指導の下、しもべのドライバーにとにかく練習、悩んだら走ればいい、という努力根性指導をしていました。

 

ハッキリ言って昭和のダサい価値観ですし、練習して欲しいのはあなたがサーキットの売り上げを上げたいからでしょ?と私は感じました。

 

私は人と同じ無思考なやり方はせず、毎回運転を変える、車のセッティングを変える、タイヤを変える、気温が低い時にアタック、当たり前の事をしていたら、普通以上の速さで結果に近づきました

 

公式タイムランキングで、歴代3位まで行った時、サーキット側から、君の車は音が大きいから走れないよと言われました。

 

私の車は車検対応マフラーでしたが。「なんデシベル以下なら大丈夫ですか?」と聞いたら、
「数値は設けないよ、おれが耳で判断するから、マフラーがノーマルでも甲高ければ走らせないよ」と言われ、想いもしない事で走れなくなりました。

 

政治力で走る事が出来なくなった事を、私はみんカラのブログに乗せました。それを見たライバルが、各々のブログでこう書き込んでいました。

 

「あいつは改造に頼ってドライバーの腕で勝負していない」

「管理人の言うルールを守れない人は淘汰されればいい」

「自分が凄いと思い込んでいる勘違い人間」

「こんなことで走るのを止めるなんて情けない」

「うるさいやつが騒いでいるが、練習した方がイイ」

「皆と仲良くしなかったし、態度がエラそうだった」

 

私を批判した人達は、全て私よりタイムが下、そして昭和体質の管理人が教えていたドライバー達でした。腕も車もよく無ければ、こんな領域には行けません。

 

全て揃っていても、なかなか1番にはなれないのです。そんな事すら解らず、単に私をたたきたいだけのライバル、こんな人たちと戦っていても、得る物が無い、意味が無い。

 

もっと違う、走りとは別な、有益な事をしようと感じ、車の趣味は勇気を持って封印しました。何故かと言えば、私が車以上に好きだったお金を追求したいと感じたからです。

 

現在も学んでいますが、消費から投資へ、マインドがかわる良いきっかけでした。

 

これは私の狭い経験でしたが、日本の縮図だと感じます。人と違うやり方で上手く行く人を、みんなで寄ってたかって叩く。同じだと安心。

 

私はそんなロボット人間は相手にせず・・。人がやらない行動をして頑張っている人がいたら、失敗しても笑わず批判せず、応援し背中を押せる人でありたいと、心に刻んで生きています。

 

駄文を最後まで呼んでいただき、本当にありがとうございました<(_ _)>

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-人間関係

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.