独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

太極拳の達人は、肉体と魂を分離させる事が可能となり、幽体離脱が可能に

投稿日:

私は現在、太極拳に精進しています

 

太極拳には、「タントウコウ」と呼ばれる立禅の練習法があります。昔の太極拳家は、この立ち方のみ3年間練習し、その後ようやく技術的な稽古に入ったと言われています。

 

脱力を心がけ、筋力を極力用いずに、身体感覚を研ぎ澄ませていくのですが、徐々に身体から気に働きかけ、更には気より上位にある、繊細な意識体に踏み込んでいきます。

 

達人は、肉体と魂を分離させる事が可能となり、幽体離脱が可能になるそうです。

 

この領域まで到達した達人が、かつては何人も存在したと言われています。脱力の境地に達すると、身体の感覚が消えていき、意識は色んな場所へテレポート出来るそうです。

 

ただ、正確には「肉体離脱」に該当するのかも知れません。

またそれにより、自らを仮死状態にすることができ、あまりに強大な相手や、困難な状況に直面した時に、「死んだふり」により生き延びる、これも武道における技術だと教えを受けました

 

幽体離脱を可能にした達人は、気が練られた事による不老の肉体と共に、「好きな時に死ねる」事も可能となり、自身の生死をも自由に操れるそうです。これこそが、武道の最終地点だと言われています。

これはお伝えしようか迷いましたが、私は東京都東村山市の道場に通っております。

 

私の師匠は、この幽体離脱を実現させています。そこに至る要因としては、自分のが習得してきた技術を、身体から解放してあげる為だと仰っていました。

 

それがどういう意図なのか私にはまだ理解出来ませんが、いつかその秘術に触れる事が出来るかも知れません。

 

また、武技習得を第一としながらも、私自身とても興味を抱いています。

 

或いはいつか、人間があらゆる苦しみや怒り、不安から解き放たれる世界が訪れたら、それは理想郷なのではないかと想像してしまいます。

結局、武道の観点からしかお伝え出来ましたが、どうかお許し下さい。

 

生まれ変わりがあるとしたら都会で死にたい

スピリチュアルとかはあんまり興味がありません。知ってることはほとんどありません

 

ただ精神を安定させたいてのはあります

 

地元から脱出したんですがまだ中都会なんで精神状態が地元いると苦しくて中学の同級生がきになり、全然仕事できなかたです

 

若いとき人と仲良くなたらすごい精神病になて地元いると苦しくてしょうがありません

 

だから東京にでたいていうおもいがあります。都会だと精神状態がよくなるんです

 

死ぬときに都会の墓ににはいりたいて地元には二度ともどりたくないです。

 

生まれ変わりがあるとしたら都会で死にたいてのがあります

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.