独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

パラレルワールド、過去に生きた自分は過去形ではなく、今も生きていて存在する

投稿日:

私は、人の身体は魂の入れ物だと感じています。

 

現生はこの身体に生まれて来たが、魂自体は同じものだと感じています。

 

人生は一度きりと言いますが、過去、現在、未来があって、今自分は現在に生きていますが、過去に生きた自分もいて、未来に生きている自分もいると感じています。

 

松田様の生ライブにもありましたパラレルワールドの考え方からすると、過去に生きた自分というのは過去形ではなく、今も生きていて存在するという考え方もなんとなく理解しているつもりです。

 

なので、私は過去にあまりいい思い出はありませんが、自分の中に過去の自分が存在していて、その心の中の自分は今も辛い過去の中にいる気がしています。

 

ですので、時折手を胸に置き、過去の自分に話しかけます。

 

{辛かったね、大変だったね、あの時は守ってあげられなくてごめんね。これからはずっと見ているからね。安心してね}というような具合です。私は過去の自分も大切にしています。

 

それと同じように、私はお母さんっこですので、私が幼少期だった頃に父親から暴力を振るわれた母の過去も想うようにしています。

 

そうしているうちに、現在を生きる母へ恩を返すということを15年ほど続けて来ました。自然とそうなっていきました。

 

松田様のいうパラレルワールドの考え方と合致しているかどうかはわかりませんが、全ての時間軸の自分、家族、人生の中で知り合う大切な人、みんなを大事にしたいと考えております。

 

未来までは見れないのですが、未来の自分はたくさんの人に力を与えられる影響力のある人、を想像しています。

 

ですので、成功者や大富豪を見て羨ましいなと昔は感じてしまい妬んでしまうこともあったのですが、今は未来の立派な自分を想像することで、焦らず生きて自分の現世での使命を果たしたいと感じております。

 

人の役に立ちたい。

恵まれない人たちの力になりたい。

大きな金額を募金する事ができる。

世界を幸せにしたい。

 

そういった事を考えています。

 

願望を思っているので、願望を持った自分が引き寄せられているのも分かっているので、最近は自分の夢が現実化した風景も思い浮かべるようにしています。

 

現在私は32歳です。

 

過去にたくさんの徳を積んできたようにはあまり感じてません。

 

すので、これから社会に貢献できるように、知り合う方を幸せにできるように、苦労している友達を救えるように、自分を変えていきたいです。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.