独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

次元上昇、3次元を選択するか、5次元以上に上昇するか、選択を自分でする時代に

投稿日:

 昔、サイババがよくTVで取り上げられていた時に、確か青山〇〇さんという方のサイババに関する本を購入したことがあります。

 

そこで前世というキーワードに興味が湧き、そのキーワドに関する様々な書籍を購入して読みました。

 

前世療法という本を購入して、その内容に沿って、前世の自分を見たくて瞑想からノンレム睡眠状態⇒前世の夢?を見ることを試みました。

 

結局、明確には見えることはなく、あきらめていつしか日常に流される日々が続いていました。

 

その後、普段の夢で戦争(戦場)の夢をぼんやり見るようになりました。明確には覚えていなかったのですが、ヨーロッパの戦場(なんとなくそんなイメージです)で、自分が戦前にいることがありました。

 

でも自分の容姿はわかりません。

 

その戦場で大きな玉がお腹に当たり、お腹に大きな穴?が開いた自分がいることを何回か見ることがありました。

 

断言はできませんが、多分、それは前世以前のどこかで生きていた自分なのかなぁって思っています。

 

私の人生を振り返ると、幼い頃に広島県呉市の呉湾が見える家に家族で引っ越しました。

 

呉市は海上自衛隊がある街で、子供の頃は学校帰りに港が見える所に行って、大好きな護衛艦や潜水艦を眺めていました。

 

また、小学校の頃から、戦争関連の本やプラモデルが大好きでした太平洋戦争の実際の大人が見るような曹絶な地上戦の写真が掲載してある本も立ち読みをしたりしており、小学生にしては変わっていたと思います。

 

冒頭に書いたように、もし前世で戦争に明け暮れた人生があるとしたら、それが今の人生にでてきたかもしれません。

 

カルマに関しても信じているのですが、具体的に今世でどのよなカルマがあるかは分かりません。

 

私は生まれた時から左目が斜視で偏っており、呉市に引っ越しをした幼稚園の頃から、よくからかわれるようになりました。

 

当時はまだ幼かったので、その意味が分からなくて、からかう子と一緒になって海賊ジャック(左目が眼帯)とか笑っていました。

 

それが小学生になり、意味が少しづつわかり、自分のコンプレックスになり、人と会話するのが怖くなっていきました。

 

今では、自然に人に対して、斜視のことを少しは話せるようになりました(斜視も自然にですが少し治っています)。

 

ちなみに母親も斜視でしたので、高校生まではよく母親にこんな目に産んでとひどいことを言っていました(今は非常に反省しています)。

 

母は我慢強い方で、亭主関白の父からどんなことを言われても我慢する人でした。

 

そんな母ですが、社会人になってから、二人で話をするときは、たまに霊に話をするときがありました。昔からよく霊を見る、気配を感じることが多かったようです。

 

14年前に父親が他界しましたが、その半年前から、今に何かの存在が、居間によく座っているのが見えたそうです。黒いもやっとした人間のような存在で、母は純粋に、そろそろお迎えが来たんだって感じていたそうです。

 

他界する直前は頻繁に居間に座っていたそうです。

 

また、父が他界して納骨を終えて家に帰った日の朝の話ですが(両親とは同居ではありません)、当時2歳の子供が、部屋の片隅を見て誰かと話をしていました。

 

不思議に思い、誰と話をしているの?と聞くと、おじいちゃんと話をしていたんだよ。手を振ってくれたよ~。と言いました。怖さはなく、挨拶をしに来てくれたんだと心が温かくなりました。

 

そんな長男も4歳までは霊感が強い方で、よく誰かと話?をしており、生まれてくるまでのことを話してくれたりました。

 

空から私たち夫婦を見ており、ここのおうちに生まれようと自分で決めて、空から落ちてきたようです。

 

幼少期の子供によくある話ではありますが、今は全然覚えていません。

 

話は変わりますが、昨年までは妻と折り合いが悪く、よくケンカをすることがありました。

 

ほとんどが妻の方から苦言とかを言ってケンカになっていました。もちろん、一方的に妻が悪いわけではなく、私にも責任があります

 

そのようなことが重なり、個人的には、いつか離婚をするかもなって感じていました。

 

それが、今年に入り、特に何をしたということもないのですが、妻と1回しか些細なケンカ程度のみで、意外と妻が明るく接してくれます。

 

理由は分かりませんが、お互いの何かのカルマが一つ解消したかもと思っています。

 

また、子供や両親も含め、生まれてくる前にあの世で話し合いをして、今世の登場人物や役割を決めるということを、何かの本を読んで信じているタイプです。

 

会社の部下の女性ともそのような話が合うので、たまにカルマや輪廻転生について話すこともあります。

 

昔は、このようなことを話すと怪しいとか言われたので、ほとんどだれかと話すことはありませんでしたが、今は普通に話せる時代になってきたように思います。

 

それも次元が上昇して世界が変わっている証拠と思います。

 

このまま3次元を選択するか、5次元以上に上昇するか、選択を自分でする時代に入っていると思っています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.