独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

夢遊病?夢?UFOにさらわれる…目が覚めると服を着て夜中に出かけた形跡が

投稿日:

 僕は不思議な力を当たり前に信じていますが、知識などは無く言葉もあまりわかりませんが、実体験ならいくつかあるので思い出しつつ書いていきます。

 

北海道生まれの僕が子供の頃、アイヌのおじさんおばさんが近所に住んでいて木彫りの店をやっていて衣装がなんかカッコいいしすごく優しいしでいつも寄り道してお話をしていました。

 

そのうち時代が変わり木彫りの店も閉店して夫婦はどこかへ行ってしまいました。

 

大人になってから僕は地元にいるアイヌの長老と仲良くなり、良く一緒に北海道中のアイヌの仲間に会いに行くお供をしてました。

 

どこかの議員さんが「今はアイヌ民族なんて存在しない!」とか発言しましたが、僕はこの目でたくさんの血を守るアイヌを見てきました。

 

そしてアイヌに共通して思うのは、本当に優しい人たちだと言う事です。なんかこう、和人にはない気遣いと言うか心からやさしくしてくれます。

 

確かに見た目は怖いので近寄りがたいのですが、話すとすぐにわかります。お酒でダメになっている人もたくさんいますが、これはネイティブアメリカン、アボリジニなど世界中の民族で問題になっています。飲む人はどんどんダメになっていきます。

 

民族をつぶすには酒やドラッグが一番手っ取り早いと言われています。アル中になった人をアイヌではウェンカムイと呼びます。悪い神様と言う事です。

 

アイヌの魂?アイヌが暮らすコタンで不思議な出来事が

アイヌにまつわる不思議な体験があります。

 

むかし北海道には先住民であるアイヌが数多く暮らしていました。それぞれの地域でコタンと言う村のコミュニティーの中で平和に暮らしていました。

 

生活の道具も家もすべて自然に戻るものだったので今ではコタンの跡などは一切残っていませんが、ここが昔コタンだったという場所はあちこちにあります。

 

20代の頃、僕はアイヌの事をいろいろ知りたくて一人で良く北海道中のコタン跡などに車で出かけていき、そこで車中泊をしてました。

 

ある時、かなり深い山中にあったコタン跡で一泊する時に寒かったので小さく焚火を作り身体をあっためたりお茶を沸かしたりしてました。

 

当然周りには誰もいなく焚火の光以外は漆黒の闇になっていました

 

その時ふと耳元にラジオの音声の様な感じで女性たちが歌っている様な音が聞こえてきたんです。

 

ビックリして耳を澄ますと近くの暗闇から歌声が聞こえてくるんです。確かに女性が3~4人ぐらいで楽しそうに歌っている声がします。

 

僕はなぜか怖くなくてその歌が聞こえなくなるまでずっと焚火の前に座ってました。

 

それから数年たって、そのことをすっかり忘れていたんですが、ある時知り合った女性の出身がアイヌコタンが多い地域だったのでアイヌの話をいろいろするうちに、ふとあの不思議な歌の事を思い出したのでその女性に話して見ました。

 

すると女性は「あ~、それ普通の事だよ!」と言うのです。

「私たちの地元では普通の事で誰も変に思ってないよ」

 

 

僕は「?????」となりもっと詳しく聞き出すと、子供の頃から外で遊んでいるとアイヌの歌が聞こえてきてみんなその歌を覚えて歌えるようになるそうです。

 

当たり前のように「あれはアイヌの魂だよ」と言ってました。

 

僕は「優しくて美しい魂の民族だから肉体は滅びても魂はそのままそこで生きているんだ」と思いました。

 

UFOにさらわれる夢?夜中に出かけた形跡が…

子供の頃、父の虐待から無意識に現実逃避する為なのか、僕は夜中にふらっと家を出て近所の公園などに行ってボーっとする事が良くありました。

 

今思うと夢遊病のような状態だったと思います。

 

ある夜、夢でUFOにさらわれるという怖い夢で目が覚めてしまい、現実だと思って外に出て空を見上げると大きな光の塊が近所の山の方に消えていったのを見たので、着替えてこっそり家を出て山の方に向かったんです。

 

ここからは夢なのか現実なのかあいまいなのですが、僕が山に到着して光の方に近づいて行ったとき、光の中から人の様なものが現れました。

 

ビックリして近くの藪に隠れてみていたらそのうち人が光に戻っていき光ごと浮かんでどこかへ消えてしまいました。

 

そのあと自分がどうなったか記憶が無いのですが、気が付いたら自分のベッドで寝ていました。でも服を着ていて夜中に出かけた形跡がありました。

 

その後は特に何もありませんが、一体僕が見たものは何だったんだろうと思うとちょっと怖くなります。

 

UFO!?電話越しに興奮しながら見ていた友達が覚えていない

次は割と最近の話です。

 

ある日の夕方、家の前で訪ねてきた友人と立ち話をしていたときでした。空が薄暗くなって星がチラチラ見えてくるころに、なんとなく空を見ながら話をしていたら「なんだあれ?」

 

星のような光がジグザグに上ったり下がったり繰り返していて二人とも同時に気づいて釘付けになりました。

 

結局光は5分ほどしてまっすぐ上に消えていきましたが、二人してしばらくボー然としていました。

 

そしたら突然僕の携帯がなり、出てみると友達が興奮状態で「今、空見てたか!」と言うのでUFOのことを言ったら「それだ!同じ奴だ!」「今また別の方角に出てるぞ!」と言うので反対の方角に目をやったら今度は2体の光がユラユラ上下していました。

 

電話越しにお互い興奮しながら5分ぐらい見てました。これも同じく上の方に消えていきました。

 

この話しのオチがちょっと怖いのですが、そのあと数日後に電話で話した友達にあったのでこの前の事を話したら「え?何のこと?」と全く覚えていなかったのです。

 

これは本当に不思議な体験でした。

 

引き寄せの法則!?子供の頃に書いた古着雑貨屋と喫茶店を実現

社会に出てから現在までに古着雑貨屋と喫茶店を小さいですが経営してたことがあります。それぞれ時期は違いますがそれでギリギリ生計を立ててました。

 

ある時、実家で子供の頃の写真やノートなどの整理をしてた時に一冊のノートが出てきました。

 

それは書いたことをすっかり忘れていたノートで、学校の愚痴や思い出、その時の気持ちなどを雑記していたもので、小学校3~4年に書いたと思います。

 

パラパラと見ていくうちにあるページを見て僕は驚きました!

 

そこには大人になってから服屋と喫茶店をやると書いてあり、詳細な店内の見取り図が書いてあり、それがほぼほぼ実際の店と同じだったんです!

 

喫茶店に関してはカウンター、テーブルの配置がほぼ一緒でした。

 

確かに子供の頃に良く喫茶店のマスターになることと洋服屋の店員さんになるのを想像していたのを思い出しました。

 

これらが15~20年後に実現しているなんて子どもの時分には考えもしなかったでしょう。

 

これって引き寄せの法則ですよね?紙に書いたからさらに強く引き寄せたのかと思っています。

 

話は変わりますが、今でも考えてたことが数日後に起こったり、ふっと思い出した人が急に訪ねてきたりと言う事は本当に良くあります。欲しいと思ってたものが急に手に入ったりもします。

 

ただ今回、松田さんから学ぶうちに成功やお金も引き寄せられると分かったので1年前から毎日アファメーションしています。

 

でもお金に関しては僕の中に大きなマインドブロックがあるので、潜在意識の底からすっかり書き換えないと引き寄せられないと思うので、時間がかかると思いますが、マインドセットを学ぶ事で大きなバイアスがかかってきていると感じています。

 

未来の夢もどんどんノートに書いてイメージしています。その時間はいつもワクワクします。

 

次は世の中の役に立つことばかり考えています。

 

50も間近ですが夢はずっと追い求めていたいです。死ぬまでいくつ叶うかわかりませんがコツコツ引き寄せていこうと思います。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル, 不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.