独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

幻視者によるとウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフは天の預言者

投稿日:

松田様、よろしくお願いいたします。心霊体験他、不思議な体験ですが、昔から、霊的に鈍感な体質のため、私には経験がありませんが、あるいは経験していても、気が付かないだけなのかも知れませんが。

 

私の中では、誰でもそうですが、未来の出来事などに非常に関心を持っています。

 

自分個人、家族のことや日本、全世界もそうですが。予言で有名なのは、ノストラダムスの予言がありますが、かなり、象徴的で暗号めいたことで、書かれていますので、よくわかりませんが、あまり日本では、知られていませんが、

 

19世紀に生きたロシア人で、日本では哲学者、思想家と一部の研究科などに知られています。ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフの予言があります。

 

日本では、予言の部分が、曖昧な形で翻訳されているらしく、これから未来に起こる出来事が、過去形式で語られており、まるで、書籍の内容が、ハリウッドのスペクタクル映画を見ているような物です。

 

ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフは1900年に亡くなりましたが、生前、日本に来て、キリスト教の布教活動を願っていましたが、病のため、果たせず、変わりに不思議な書物を残しました。

 

不思議なことに、二つの世紀と思われます、つまり、20世紀と21世紀の出来事が、割とわかりやすく書かれているため一部の人達からすれば不思議な本と評されています。

 

ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフの預言とは

中身の内容の真偽はともかくとして、20世紀に起きた大きな戦争などその他諸々の出来事が、書かれていますが、その時のことは、過ぎさったできごとですが、本に書かれているようになりましたが、先の二つの世界大戦や、ヒットラーのことや、米ソの対立などですが。

 

問題は、今現在、21世紀のことと思われることが、書かれているためです。

 

そのことについては私には、何とも言えませんが、だいたい2030年頃までの出来事が、起こると書かれているのではないかと言われているからです。

 

本の内容は今の資本主義の崩壊、過去の遺物と言われている共産主義、社会主義の復活、などが、書かれているからです。

 

19世紀の時点で、弱体国家のロシア、中国の脅威などが、当時、書かれていたからです。

 

以前、私は、世界、日本にいる天の啓示、聖母マリア、キリストの出現を受けている人達のことを書きましたが、その天の啓示を受けている人達に聞いた人がいたらしく、ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフの書いた本は本当なのか尋ねましたら、

 

今現在、生きている人間、地上に生きている人間が、何も変えようと努力をしなければ少なくても、今世紀、早ければ、10年から20年の間に起きるだろうとおしゃられました。

 

幻視者によるとパラレルワールド、並行世界は実際に存在

ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフは大体の大まかなことが、変わらないが、多少変わると暗示めいたことが、書かれていました。

 

生きている人間次第ですが。ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフも天の預言者らしく、後世の人のために希望をもたらすために書いたといっていましたが、幻視者によればですが。

 

どんな悪い予言があっても、結局、我々、地上にいる今、生きている人間が、どう動くかどうか変わってくると言っていましたが。その幻視者は。

 

よく日本人は、神様のことを創造主、欧米の幻視者は、よく神様のことをクリエーターと言うそうです。

 

後の宗教家や権力者は、大衆をコントロールするために人間を奴隷、支配するために、神様、創造主のことを恐怖の対象にしたと、聖母やキリストはおしゃられていたそうです。

 

海外、日本の幻視者によれば。実際にも神のことを、海外の幻視者たちは、クリエーターと言われているゆえに、いろいろな世界、パラレルワールド、並行世界は実際に、存在しているとも言っていました。

 

我々が、いる世界は、三次元、物質の世界、肉体を持っている世界なので、わかりませんが。

 

ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフの予言ですが、中国が、落ちぶれた日本を手を組み、あるいは侵略された後かわかりませんが、その中国も結局、復活した大モンゴル帝国に呑まれるか経済的、あるいは、紛争などで、支配されるのかわかりませんが。

 

予言書に超人と言われる反キリストの若い青年が現れると

結局、モンゴルを長にして、ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフは、当時、ヨーロッパのことを国際連合と言っていましたが、今は、ご存知の通り、EU欧州連合のことですが。

 

日本、中国、統一されたモンゴルが、大モンゴル帝国となり、ヨーロッパほか、ロシア?、アメリカ?を苦しめて勝利に近づくが、最後は、一致団結したEU、国際連合、ヨーロッパに戦って敗北するというお話ですが。

 

つまり、日本や中国、モンゴルは倒されますが、その後、戦争によって、荒れ果てたバチカン市国、ローマ教皇庁によって、建て直しが始められますが、その頃、超人と言われる若い青年が、現れると書かれています。

 

歳の頃は、30歳ぐらいの若者で、というぐらいに細かく書かれています。特徴などが。その人物が、反キリストと言われている人物ですが。

 

その他、いろいろ話が、続きますが、現在、モンゴルは、ご存知の通り、中国共産党にウイグルやチベットなど支配されいる地域ですが、モンゴルなどは、昔から、豊富な天然資源があり、可能性がないとは、言えません。

 

日本の政治家が、モンゴルに経済協力をしますが、そのわけは、アメリカの命令だと言われます。

 

なぜなら、アメリカが、直接、経済協力や外交活動を活発にすると、ロシアや中国、北朝鮮などが、警戒するため、日本が、利用されているのだと天から、啓示を受けている人から聞きましたが。

 

アメリカが大国になったのはサタンと取引したから

アメリカが、これまで、大国になったのも、アメリカ建国の時にサタン、悪魔と取引きしたためだとその結果、貧富の格差が、世界的に広がりカオスの状態になったのだと、聖母やキリストなどは、答えていましたが。

 

そのアメリカもいずれにせよ大国として、役目をまもなく終わりますが。

 

終末には、ある社会主義の国が、世界を滅ぼすとありましたが、長い間、ロシアと思われていましたが、最近のニュースなどで、財政難のイタリアを中国が、経済援助をするとありましたが、ご存知の通り、中国は、世界に一帯一路を計画しており、イタリアといえばバチカンがある所です。

 

中国の宗教弾圧は、世界的に有名ですが、昔から、いろいろな予言者がバチカンの崩壊、侵略を予言していますが、もしかすれば、中国のことかも知れませんが。

 

天は、次期がくればロシアも元にもどると言われていますが。時がくればすべては、明らかにされると聖母は、言われましたが。結局、日本の経済援助やODAなどで、ロシアや中国などが、大国になってしまいましたが

 

昔から、終末思想などが、ありますが、天の父は、種は残されると言われましたが。どの時代、いつの時代でも救われる人はいますから。

 

日本に関してですが、経済的には、中国に呑まれるでしょう。今の状態では。

 

その結果、日本は、極端にアジアの中でも、もっとも貧しい国になりますが、一方で、天が言うには、霊性を持つすばらしい民族になりますが、多くの日本人が、堕落するでしょうと言われました。幻視者によればのお話ですが。

 

おそらく、災害や戦争、経済の崩壊なのかも知れませんが。事実、今、現在、日本の政治家などは、海外で、失敗した移民政策、TPP、水道民営化その他いろいろありますが、諸外国でうまくいかなかったのを実験的、強制的にやろうとしていますが。

 

昔から、日本は官僚支配、政治家、警察国家の国ですから、為政者、権力者から見れば使いやすいのでしょうか。日本で成功した起業家、投資で成功した人達が、日本から、出ていくのが何となくわかります。

 

今の日本は、鬱病、ノイローゼ、自殺する人が多くなっています。よくても病気で寝たきりですから。

 

今、現在、また老後の心配など若い内から心配しないといけない状況になりましたが。

 

オカルト話や政治、経済の話などしましたが、松田様、ご指導よろしくお願いします。

 

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.