独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

ケムトレイルは生物兵器実験、気象操作、製薬会社の薬を売るため人々を病気にする

投稿日:2019年4月4日 更新日:

人口削減計画にまつわる話。

 

陰謀論や都市伝説的なものとして人類の人口削減計画なるものの話が巷に出回っています。誰が、何の目的でということについては諸説ありどれが本当のことかはわかりません。人口削減計画にまつわるいくつかの話を上げてみたいと思います。

 

アジェンダ21。

 

アジェンダ21とはWikipediaによれば1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロ市で開催された地球サミット(環境と開発に関する国際連合会議)で採択された21世紀に向け持続可能な開発を実現するために各国および関係国際機関が実行すべき行動計画のことだそうですが、

 

この会議で人口削減について採択されているという噂があります。その内容は、世界人口の85%削減を目標としているというものです。現在の70億人を10億人にするということです。具体的にどうするのかはわかりません。

 

ケムトレイル。

 

ケムトレイルとは、ケミカルとコン・トレイルという元の言葉を合わせたものでケミカルは化学、コン・トレイルは、航跡(飛行機雲)を意味します。飛行機から有害物質を散布し人口を削減することを目的としているとも言われています。

 

ケムトレイルは世界の人口を5億人に削減する計画と関連しているらしいという説もあります。

 

ケムトレイルが散布する成分はその時時で違うといわれています。バリウム、アルミニュウムなどの金属製の環境ホルモンを含むもの、インフルエンザウイルス等の有害物質が散布されているそうです

 

ケムトレイルで散布された有害物質は時間をかけて人間の免疫系にダメージを与えそれにさらされた人々はやがて死亡することになります。有害物質は男性の精子の数を激減させ人間の繁殖機能を奪います。不妊にすることで人口の増加を止めようとします。

 

ケムトレイルの目的として他には、生物兵器実験、気象操作、製薬会社の薬を売るために人々を病気にするするということもいわれています。

 

ケムトレイルが上記のようなことを目的としていると言われている反面、元CIAのエドワード・スノーデンは、ケムトレイルは地球温暖化を防ぐための政府の必要政策で体に影響はないと主張していていますがその真偽はわかりません。

 

ワクチンによる人口削減。

 

ワクチンの目的は表面上は病気の予防ですが、裏の目的としては、人口削減があります。不妊促進、性器の萎縮、免疫力の低下、発ガンなどになる可能性があると言われています。

 

その仕掛け人はイルミナティ、フリーメイソン、世界統一政府であるという説がまことしやかに流れています。

 

中でももっとも危険なワクチンはインフルエンザワクチンと言われています。

 

インフルエンザワクチンには大量のホルムアルデヒドや水銀が含まれており、その副作用として神経損傷、末梢神経障害、脊髄炎、脳炎、うつ病、その他といった健康問題が発生する可能性があると言われています。

 

アメリカでは、数年前からインフルエンザワクチンは非常に危険だと言われており、

 

トランプ大統領もインフルエンザワクチンを接種したことは一度もないが、インフルエンザに罹患したことも一度もない。人間の体に悪い物質を注入するという考え方が嫌いだとラジオのインタビューで答えています。

 

上記ケムトレイルに記載したとおり散布の成分にはインフルエンザウイルスが含まれているのもインフルエンザワクチンの摂取を促進させるためかもしれません。

 

ジョージア・ガイドストーン。

 

ジョージア・ガイドストーンは1980年に建てられた花崗岩のモニュメントです。高さ約6m、厚さ40cmの5枚の大きな花崗岩の石版が組み合わさった状態で並び、その上にもう一枚の石版が乗せられています。6枚の厚い石版は1枚が中央に建てられ4枚がそれを囲む形で並び、その上に1枚がキャップストーンとして置かれています。

 

建造を発注したのはR.Cクリスチャンといわれていますが、これは偽名だといわれています。1979年に現れたこの人物がどこの誰であったのか全く分かっていません。

 

4枚の板面には8言語でそれぞれ10のガイドラインが刻まれています。

 

8言語とは英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語でその中に日本語は入っていません。

 

この8つの言語で書かれた10のガイドライン その内容が陰謀論的憶測を呼んでいます。

 

特に1番目に刻まれている「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する。」というガイドラインですが、今世界人口は約76億人とするとそれを5億人以下にするということは93%の人間を削減しなければならないことになります。

 

つまりそれだけの人々を抹殺することが計画されており、アメリカが強い意志を持って世界の人口を調整するという誓いを表しているというのです。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-陰謀論

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.