独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

スピリチュアルは半信半疑、守護霊が見守ってくれるのに膨大な人が非業の死を遂げる

投稿日:

僕は、今のところこの分野に関しては繊細な取り扱いをしています。一概にあるともないとも言い切れないからです。

 

スピリチュアル・霊及び霊性などの目に見えない力についてはおぼろげながらあるんじゃないかなと思っています。

 

例えば、失恋したときに胸の奥が締めつけられるような感覚になることは誰しも経験があると思います。しかし、そこに物理的な力は加わっていません。科学的には脳が感じ取るべきものです。

 

解剖しても、そこには既知の臓器以外何もないはずです。

 

物質の形態としては個体・液体・気体にプラズマを加えた4つが人類の知り得る限りのものですが、まだ発見されていない第5・第6の形態が存在して、それが人間の体内にもあるのかな、などと考えたりすることもあります。

 

反面、転生等に関してはあまり肯定的ではありません。

 

前世・来世・カルマについては、古くはインドのカーストに見られるような政治的悪用、現代社会においては詐欺まがいの商業的悪用等、有効的な活用事例をほとんど聞きません。

 

また、前世が○○時代の△△だと言っても証明になるようなものは何もありません。特定の人物の生まれ変わりを名乗る人と、それを信じる人との間だけでのやりとりであれば、個人の楽しみ方であり自由なものだと思います。

 

あくまで僕個人のことに限った話ですが、こういった不可視な存在全般を論じることについての問題点は、情報源がほぼメディアのみであるということです。

 

昨今は、テレビ・新聞・雑誌いずれにしても倫理観に対する信頼性が確かなものだとは決して言えません。民放各局で番組制作において捏造等の不正があった際に会見で言うように、娯楽の範疇であるというのが僕自身の大まかな見解です。

 

故人の霊が現実社会に何らかの形で留まるなら、街中でどこを見ても霊があふれかえっていることでしょう。

 

守護霊や先祖の霊が見守ってくれているとするにはあまりにも膨大な数の人が非業の死を遂げます。

 

動物にしてもそうです。食物連鎖だとは言え、人間の手によって途方もない数の牛・豚・鶏が屠殺されます。そうして作られた食品も先進国では大量廃棄になります。

 

彼等の霊は…そう考えると地球が大気圏まで怨念で埋め尽くされた禍々しい星にすら思えて来ます…もちろん僕が実際にそう思っているわけではありません。

 

上記のようなことで、霊についてはあまり重視していません。スピリチュアルに関しては半信半疑といったところでしょうか。

 

僕には読経の習慣があり、般若心経を読むのですが、いつやるとかどれぐらいやるとかいったルールは設けずに、気が向いたときに音読します。

 

やっていても特殊な出来事は起こりませんが、身の回りにある澱みのようなものがほんの少しだけスムーズになるような気がします。

 

だからというわけではありませんが、人智を超えた力は何かしらの形で存在するのではないかと思っています。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.