独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

海外を放浪する事と登山が趣味の先生は授業はほとんどやらず体験談を語る人でした。

投稿日:2017年12月1日 更新日:

こんにちは。35歳、自営業の男です。都市伝説なのか分かりませんが、私が中学の頃に美術の先生から聞いた話を書かせて頂きます。海外を放浪する事と登山が趣味の先生はいつも授業はほとんどやらず、自身の体験談をよく語る人でした。

 

私の中では唯一まともに授業を聞いていた気がします。その日も先生は語りだし、「う○こソーセージと飲尿の習慣」みたいな感じだったと思います。あまりに衝撃的だったのでよく覚えています。先生が海外を放浪中に登山で立ち寄った村の話です。

 

その村は高い位置にある為、食料が十分になく、常に食料不足の状態だったようです。村人の知恵なのか、そこ村の人たちは、自分で出したう○こを動物(不明)の腸に詰め、それを調理して食べる習慣があったとの事です。

 

作り方はソーセージと同じで腸に詰めたものを、茹でて軽く焼くそうです。食べ方は、出来上がったう○こソーセージの腸の部分を破り、中身から食べれる物を探し(消化が完全に出来てないもの?)食べていくようです。

 

他人のものは口にせず、自分のものだけを調理して、自分のものだけ口にするらしいです。そこの村では自分の尿も飲む習慣があったようです。(これは日本でもやってる人はよくいるらしいです。)

 

村人が健康的に見えた事から、その先生は帰国後、自分でもチャレンジしたようです。う○こソーセージは大失敗に終わり、家は大惨事になったそうですが、飲尿の習慣は続けていると自慢げ話していたのをよく覚えています。

 

毎朝、自分で排出した尿を飲むと今日の体調など細かい事に気付くし、健康にもいいと自信満々に語っていました。確かに歳のわりにはすごく健康的だったのをよく覚えています。

 

その先生に影響され、私も中学ころに実は自分の尿を飲むのをやった事があります。味はそうでもないですが、汚い物という思い込みのせいで、とても飲めなかったです。この話が本当なのか、生徒をからかう目的だったのかは分かりません。ありがとうございました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.