独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

姉はインフルエンザが原因で膵臓が破壊され糖尿病を発症。食事を忘れインスリン注射し低血糖に

投稿日:2017年12月3日 更新日:

これからの話は、私の姉家族、長女43歳、次女27歳の三人の体現、体感を記します。姉は子供の頃より霊感がると公言しており、娘二人も同様です。

 

最初の体感は、姉が小学5年生の時私は2年生でした。当時の我が家は、私が小学校に上がる前に、父親の酒と暴力が原因だと思われるのですが、母親が家を出て行き、貧しくも寂しい裸電球一灯が灯る6畳がリビング兼寝室でした。

 

テレビも無く、時計も無く、水道も無くそんな貧乏一直線の生活の中での唯一の癒しが猫を飼うことで、寂しさを紛らわす事でした。当時は、チロと名付けていた猫に早く会いたい思いで姉が足早に帰ってくると、その時は季節が冬で堀コタツがあり、父親が焼酎を飲んでコタツで寝ていたそうです。

 

姉は猫の名前を呼んでも姿を見せないので、父親を起して聴いたところ、コタツの中とわかり、覗き込むと白めを剥いて動かず、ぐったりしたままの猫をコタツから出し、仏壇の前で猫を膝の上に乗せ必死の想いで祈ると動かない猫が、膝から飛び出したと言う事です。

 

当時のコタツは練炭で、一酸化中毒をよく引き起こす状態でした。姉が言うには、助けたい想いが強く祈りが通じたのが自分で感じられたと語っていましたね。

 

姉はインフルエンザが原因で膵臓が破壊され糖尿病を発症インスリン注射が欠かせ無い生活の中で、次女が生まれ、授乳や夜鳴きで睡眠不足も重なり、食事を取るのを忘れ、インスリンの注射をしてしまい低血糖を引き起こし、意識が薄れゆく、体の自由が利かないなかで、祈ったら膝で歩いて台所の砂糖の入れ物に頭を突っ込み、砂糖を舐めて意識が回復、そこに偶然友達が来て、散らばった砂糖の後処理と掃除をして貰った。

 

祈ったら膝立てで早歩き諸天善神に助けて頂いたと言うことです。また最近の話では、車の鍵を無くし探しても、見つからず、仏壇の前で一所懸命に祈り、用事を頼まれ何時も乗らない車の後部ドアを開けた時車の天井から鍵が落ちてきた、と驚いて話していました。

 

次女は小学校に上がる前に、車の中でダッシュボードの上を歩いて横切る体操複の、7センチぐらいの小さいおじさんと目が合い、開いていた窓から外に飛び出たと言うことです。

 

長女は今年8月頃、アルバイトのスナックのお客さんにあんた、時々男の顔になるね。と言われ本人も自分には2体ほど霊がついていると感じると答え。

 

その客が、薬学博士で除霊が出来る人を紹介するからと言われ、除霊して貰うことになり、除霊後の帰りは車の運転に十分気を付ける様にいわれたと、電話をもらい。

 

忘れていましたが、当日姉が止める様に言っても、強行し、終わって姉にこれから帰ると電話して間も無く救急車のサイレンで、胸騒ぎが的中。長女の長男から、一旦停止無視の車と正面衝突で車は廃車の状態と電話がありと驚愕。私も驚きましたね。長女は頚椎捻挫で苦しんでいます。

 

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.