独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

輪廻転生で生まれ変わっても前世のカルマの報い、因果応報の報いを受ける

投稿日:2017年12月3日 更新日:

まず、スピリチュアル。感性からの自然的ではないできごと。何かに導かれ、自分の感性のまま行動したらこんなできごとに遭遇したといった、自分が感じとった状況や空気、気持ちの動きで自然的ではなくその場所やできごとへと導かれること。

 

偶然的ではなく、前段階でそこへと導かれることが決まっていて、到達した瞬間にそのことに気づくといったこと。それがスピリチュアルなできごと。

 

法則を超えた自然的なこと、感性では説明のつかない神秘的な力や神の啓示や奇跡などから導かれること。霊。これは魂や人間の思い、脳の中の記憶が現世で息づいていること。

 

生き物の全ては脳が掌り、気持ちなどの感情も脳が司令しているが、その脳の機能が死んで失くなっても、その感情や思いは形を持たずにこの世界に止まっている。宗教的には生物が死ぬと、肉体は物体として残っても霊がただ離れたものと解釈されるので、霊は肉体を離れてもこの世に残ると言われている。

 

生まれ変わり。人が死んで、そのすぐ後に変わりで親近者が生まれてくること。死んだ人にとても似ている部分や特徴があり、その人の死んだ変わりに生まれてきたような人。死んだ人にもう一度会いたいという気持ちが強い方は非常に多いので、そういった気持ちからタイミング的に親近者で生まれてきた人を死んだ人の変わりで生まれてきたなどと強く感じる場合がある。

 

輪廻転生。この世に生きている動物は死ぬと、また形を変えて何度も生まれ変わって廻っていくこと。宗教的な言葉。人間が必ずしも人間に生まれ変わるとは限らないという宗教と人間は人間に、動物は動物に必ず生まれ変わるという宗教がある。よく前世とか言われている生まれる前の世界の自分はどんな動物だったのかどんな人間だったのかというのも、この輪廻転生の意味合いに含まれる。

 

カルマ。自分が行なった過去の行為は必ず後になって良いことも悪いことも全て自分へ返ってくるということ。過去に決めた約束事のように、自分へ必ず跳ね返ってくる結果に囚われていること。過去に過ちを犯した者は、その過ちに対していつか必ずしっぺ返しがくるという恐れ。また、過去に善行な行いをすれば、後先必ず良いことが起こるという希望。

 

善い行為も悪い行為も、強い力関係でで因果応報の報いを受けるということです。このカルマの報いは現世だけでなく後世へも続くため、輪廻転生で生まれ変わったが前世のカルマの報いを受けることがあると言われている。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.